マイクラの『豚(ぶた)』とは?捕まえ方や繁殖方法を解説する

  • マインクラフト

人気ゲームMinecraft(マインクラフト)における『豚(ぶた)』の捕まえ方、繁殖方法について詳しく解説します。



▼この記事がおススメな人

  • マイクラの『豚』の事が知りたい
  • 豚の捕まえ方や繁殖方法が知りたい
  • マイクラの攻略情報が気になっている



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)がマインクラフトで遊んでゆきます。WEB制作・ブログ運営をしながらのんびり生活中。

マイクラの『豚』とは?生息地域やドロップについて

マイクラの「豚」とは?

マイクラの『豚(ぶた)』はプレイヤーに友好的なモブのひとつです。豚は草ブロックが存在する平原などの地形で多く見ることができます。



豚は攻撃すると数秒間逃げ回りますが、倒せば「生の豚肉をドロップします。また「鞍(くら)」を装備させた豚には乗ることもできます。



▼基本情報

  • 生息地域:平原・森など
  • ドロップ:生の豚肉

生息地域:平原や森など

生息地域平原や森など

マイクラの豚は通常世界の明るさがある地上で、かつ草ブロックの上に自然発生します。このため草ブロックが存在する地形に行くことで多く見ることができます。


▼豚が発生する場所
草ブロックがある地形全般
▼豚が発生しない場所
雪のツンドラ・木の生えた荒地高原

アイテム:生の豚肉

豚のドロップアイテム

豚は倒すと1~3個の「生の豚肉」をドロップします。



豚肉のドロップ量はドロップ増加のエンチャントによって増やすことも可能です。ただし子豚を倒しても上記のアイテムは落としませんのでご注意ください。

豚は生肉以外の副産物をドロップしませんが、ゲーム序盤では食料調達の手段として活用しやすい存在です。記事の後半では捕まえ方・繁殖方法も解説しますので、あわせて確認してみましょう。

豚に乗る方法・操作方法

豚に乗る方法・操作方法

ここからは豚に乗る方法や、乗った状態での操作方法について解説します。

操作①:「鞍」を装備させる

マイクラでは豚に対して「鞍(くら)」を装備させると乗ることができます。まず鞍を手に持った状態で、豚に向かって「使う(右クリック)」操作をします。

豚に「鞍」を装備させる_1

すると鞍が装備されて、豚に乗るための準備が整います。

豚に「鞍」を装備させる_2

操作②:豚に乗る|ニンジン付きの棒

鞍を装備した豚には「使う(右クリック)」操作をすれば乗ることができます。一方、豚から降りるには「スニーク(左Shift)」操作をすればOKです。

豚に乗っている状態
豚に乗っている状態
豚に乗った状態では「ニンジン付きの棒」を手に持つことで操作できる様になります。単純にただ乗っただけでは操作はできないのでご注意ください。

ニンジン付きの棒は「釣竿」「ニンジン」の組み合わせからクラフトできます。

ニンジン付きの棒のレシピ
ニンジン付きの棒のレシピ

豚の乗り始めはスピードが遅いですが、乗り続けることで徐々に加速していきます。また乗っている間に「ニンジン付きの棒」を使うと、ブーストをかけてより速く走らせることができます。

豚を操作している様子
豚を操作している様子
ただし「ニンジン付きの棒」は使うたびに耐久値が減っていきますので、ブーストのかけすぎにも注意しましょう。

豚の捕まえ方・繁殖方法

豚の捕まえ方・繁殖方法

ここではマイクラの「豚」の捕まえ方や、捕まえた豚の繁殖方法について詳しく解説していきます。

手順①:豚小屋を作る|フェンスでOK

豚を捕まえたり繁殖させる前に行いたいのが豚小屋の建築です。

豚はプレイヤーに懐かないモブのため、閉じ込めておく空間を用意しないとすぐに逃げてしまいます。このためまずは、豚を囲っておける「豚小屋」から建築する必要があります。

豚小屋といっても難しいことはありません。はじめは板材から作成できる「フェンス」「フェンスゲート」を組み合わせたものが用意できれば十分です。

「豚小屋」を建築する
フェンスで作った豚小屋

また、豚は基本的にフェンスは超えられないので、建築する豚小屋に"壁""屋根"は無くても問題ありません。



ただしフェンスの内側に隣接してブロックが置かれている状態では、ブロックを伝いフェンスを超えることがあります。豚小屋を建築する際には注意しましょう。

捕獲した豚が逃げ出さないためにも、豚小屋の内側はなるべく平坦にしておくのがオススメです。

手順②:豚を小屋まで誘導する

豚小屋ができたら今度は豚を小屋まで誘導しましょう。豚は「ニンジン」「ジャガイモ」「ビートルート」のいずれかを手に持った状態でおびき寄せることができます。

豚を誘導する様子
豚を誘導する様子①
豚を誘導する様子②
豚を誘導する様子②

また豚を繁殖するには2頭の豚が必要です。このため豚を捕まえる際には、できれば同時に2匹以上の豚を誘導しておくと後々がスムーズです。

無事に誘導できたら忘れずにフェンスを閉めて、豚が逃げ出さない様にしましょう。ここまで出来れば繁殖の準備は万端です。

手順③:豚を繁殖させる

豚小屋に2頭以上の豚が収容できたら、いよいよ繁殖を行います。まずは2頭の豚に対して「ニンジン」「ジャガイモ」「ビートルート」のいずれかを与えます。



するとアイテムを与えた豚が「求愛モード」となり、求愛モードの豚同士が近づくことで最終的に「子豚(こぶた)」がスポーンします。

豚を繁殖させる様子
豚を繁殖させる様子

産まれた子豚が大人になるには20分待つ必要がありますが、餌になるアイテムを与えれば成長時間を10%短縮できます。また繁殖を行った豚には5分間のクールタイムが発生しますが、5分待てば再び繁殖可能になります。



以上のように豚は、時間をおいて繰り替えし繁殖を行うことで、その個体数を増やすことができます。

豚を繁殖した様子
2頭から豚を増やすにはそれなりに時間もかかります。個体数を早く増やしたい場合は、より多くのブタを捕まえておくと良いでしょう。

以上で豚の捕まえ方・繁殖方法の解説は終わりです。

この記事のまとめ

この記事では、人気ゲームMinecraft(マインクラフト)における『豚(ぶた)』の捕まえ方、繁殖方法について詳しく解説していきました。



▼基本情報

  • 生息地域:平原・森など
  • ドロップ:生の豚肉



▼捕まえ方・繁殖方法

  1. フェンス・フェンスゲートを使い「豚小屋」を建築する
  2. 餌になるアイテム(ニンジン・ジャガイモ・ビートルート)を使い小屋まで誘導する
  3. 小屋に収容した2頭の豚にアイテムを与えて繁殖させる



いずれもマイクラのゲーム攻略でご活用いただきたい情報です。



このほか当ブログでは【マインクラフト】関連の情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す
マインクラフトの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事