マイクラサーバーのおすすめサービス3つを紹介する【初心者向け】

  • PR
  • マインクラフト
マイクラサーバーのおすすめサービス3つを紹介する【初心者向け】
マイクラのサーバーを立てたいと思っているけど何のサービスを使うのがおすすめ?誰か詳しく教えて下さい!!
お任せください!!マイクラのサーバーを構築できるサービスをまるごと紹介します!!

世界中で人気のゲーム『Minecraft(マインクラフト)』では、専用のマルチサーバーを使ったマルチプレイが魅力的です。



とはいえ実際にサーバーを立てるうえでは「一体どうやったらできるの?」「具体的に何を使えばいいの?」とお悩みの方も多いと思います。



そこで今回はマイクラのサーバーが構築できるおすすめのサービス3つを紹介。記事の後半ではサーバーの構築や運用で役立つサーバー活用のポイントも合わせて解説します。

この記事を読めばマイクラサーバーの最適な構築方法が見つかり、快適なマルチプレイ環境が整えられますよ。サーバーの立て方を検討中の方は、この機会にぜひチェックしてくださいね。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_blog)がマインクラフトで遊んでいきます。Webサイト制作やブログ運営をしながらのんびり生活中。

マイクラサーバーのおすすめサービス3つ

それでは早速マイクラのサーバーが構築できるサービスを順番に紹介していきます。今回紹介するサービスは次の3つです。



▼おすすめサービス

ConoHa for GAME

マイクラサーバー構築の定番サービス。独自の「ゲームテンプレート」や「MinecraftManager」があるおかげでサーバーの構築や管理もかんたんです。

Xserver VPS

レンタルサーバーで有名なエックスサーバーのVPS。サーバーの自動構築や管理にも対応しています。マイクラでは後発ですがサービス品質には期待ができます。

Minecraft Realms

マイクラの個人サーバーが入手できるマイクラ公式サービス。細かなカスタマイズはできないので手軽にマルチプレイで遊びたい人向け。

おすすめ①:『ConoHa for GAME』

ConoHa for GAME

1つめの「ConoHa for GAME」はGMOインターネット株式会社が運営している日本のVPSです。



ConoHa for GAMEではPCゲームサーバーに特化したサービスであり、独自の『ゲームテンプレート』を使うだけで自動的にマイクラサーバーが構築できます。またゲームテンプレートも種類が豊富で、マイクラを含めた様々なPCゲームのサーバー構築に対応できます。



例)PCゲームタイトル

  • Minecraft(Java版・統合版)
  • Ark: Survival Evolved
  • Rust
  • 7 Days to Die
  • テラリア



また独自の『MinecraftManager』を使えば、マイクラサーバーの各種管理もWebブラウザから簡単に行うことができます。

ConoHa「MinecraftManager」

このためConoHa for GAMEを利用すれば、サーバー知識がなくてもマイクラサーバーの構築から管理まで誰でも簡単に行うことできます。本来必要なコマンド操作が無くてもサーバーを管理できることから、初心者向けのサービスとしておすすめできます。

実際にConoHa for GAMEを利用すれば約10分でサーバーを構築してマルチプレイの環境が用意できます。初めてマイクラサーバーを構築する方にはぜひ試してほしいサービスです。

▼ConoHa for GAMEの特徴

  • 「ゲームテンプレート」でマイクラサーバーが自動構築できる
  • 「MinecraftManager」を使ってサーバーの管理もかんたん
  • マイクラ以外のPCゲームタイトルにも多数対応
    例)Ark、Rust、7 Days to Dieなど



▼参考料金

①メモリ:2GB 846円(税込)/月額
②メモリ:4GB 1,701円(税込)/月額
③メモリ:8GB 3,412円(税込)/月額

※上記はいずれも12か月契約の場合の料金です、詳細は公式サイトからご確認ください。



▼公式サイト

ConoHa for GAME



このほかConoHa for GAMEを使ったマイクラサーバーの構築方法については、マイクラサーバーの立て方の記事から詳しく確認できます。

おすすめ②:『Xserver VPS』

Xserver VPS

2つめの「Xserver VPS」はエックスサーバー株式会社が運営しているVPSです。



Xserver VPSでは1つめのConoHa for GAMEと同様にマイクラサーバーの自動構築に対応しています。また「マインクラフトマネージャー」を使ったサーバー管理もできます。



Xserverはレンタルサーバー業界では非常に人気があるサービスです。マイクラ向けとしては後発ですが、サーバーの性能やサービスの品質には期待ができます。



▼おすすめポイント

  • 「マルチサーバーテンプレート」でサーバーが自動構築できる
  • 「マインクラフトマネージャー」を使えばサーバー管理もできる
  • 実績あるレンタルサーバーが運営しているVPS



▼参考料金

①メモリ:2GB 900円(税込)/月額
②メモリ:4GB 1,800円(税込)/月額
③メモリ:8GB 3,600円(税込)/月額

※上記はいずれも12か月契約の場合の料金です、詳細は公式サイトからご確認ください。



▼公式サイト

Xserver VPS


おすすめ③:『Minecraft Realms』

MinecraftRealms

3つめの「Minecraft Realms」はMicrosoftが運営するマイクラ公式のサービスです。



Realmsはこれまでに登場したVPSとは異なるマイクラ専用のサービスであり、ゲーム画面からサブスクに加入するだけですぐに個人向けのマイクラサーバーが利用できます。

MinecraftRealms_購入画面

手軽な使いやすさがRealmsの良い所ですが、一方ではプレイヤー数には上限がある、Modを使ったカスタマイズができないなど、サーバーの仕様にはいくつかの制限があります。



このためRealmsは、他のサービスと比べても比較的ライトゲーマー向けだと言えます。

例えば「少人数でマイクラを遊べればOK」「カスタマイズしなくてもOK」という方は利用を検討してみましょう。

▼Realmsの特徴

  • マイクラ公式サービスなので安心して使える
  • プレイヤー数には制限がある(※最大11人まで)
  • Modを使ったカスタマイズには非対応



▼参考料金

①REALMS(Java版)

エディション:Java版

月額:930円

プレイヤー数:最大11人

②REALMS(統合版)

エディション:統合版

月額:470円

プレイヤー数:最大3人

③REALMS PLUS

エディション:統合版

月額:930円

プレイヤー数:最大11人



▼公式サイト

Minecraft Realms



このほかRealmsの詳しいサービス内容や使い方については次の記事が参考になります。

マイクラサーバー選びのポイント5つ

ここからはマイクラサーバー選びで役立つ活用のポイントを順番に解説していきます。



▼マイクラサーバー活用のポイント

ポイント①:マルチサーバーの仕組み

今回紹介したサービスはいずれもマイクラのマルチサーバーが構築できるサービスです。マルチサーバーの利用イメージとしては次の通りです。

「マルチサーバー」のイメージ

マルチサーバーはプレイヤーからは独立した存在であり、マイクラのセーブデータである"ワールド"もサーバー上に設置されています。またサーバーは常に稼働しており、サーバーに接続したプレイヤーには、ワールドの状態が常にリアルタイムで共有されます。



▼マルチサーバーの特徴

  • プレイヤーとは独立して稼働するゲーム専用サーバー
  • セーブデータ(ワールド)はサーバー上に保存されている
  • プレイヤーにはワールドの状態がリアルタイムで共有される



このためマイクラのゲームプレイに上記の"マルチサーバー"を利用していくことで、いつでも誰でも同じワールドで遊べるマルチプレイ環境が実現できます。

実際に自分でマイクラサーバーを構築したり運用する上でも、およそのイメージだけでも掴んでおくと良いでしょう。

上記のマルチサーバーを含め、マイクラ全体のマルチプレイの方法については次の記事でも詳しく確認できます。

ポイント②:サーバーの利用条件2つ

上記でも解説したマイクラサーバーの利用にあたっては、あらかじめプレイヤー側で2つの利用条件を満たしていく必要があります。



▼マイクラサーバーの利用条件

  • 条件①:マイクラの"エディション"が同じであること
    例)Java版、統合版など
  • 条件②:マイクラの"バージョン"が同じであること
    例)Ver1.19.3



マイクラでは上記の条件が一つでも合っていないと、マルチサーバーに接続して遊ぶことはできません。



とくにJava版・統合版の"エディション"の違いはマイクラの購入にも関係するため、あらかじめプレイヤー間で「どちらのエディションで遊ぶか?」を決めておくことが大切です。

マイクラサーバーを構築して友人や家族とマルチプレイをする際には、いずれの条件について注意しておきましょう。

ポイント③:Java版・統合版の違い

マイクラにはJava版・統合版というエディションの違いがあります。マイクラサーバーの利用にあたっては、Java版・統合版の違いも把握しておきましょう。



▼Java版と統合版の違い

Java版 統合版
名前 Java Edition Bedrock Edition
説明 マイクラのオリジナル版。プログラミング言語のJavaで開発されたことが名前の由来です。 移植版のマイクラを統合して、ひとまとめにしたエディション。
特徴 ・カスタマイズの幅が広い
・多くのスキンやテクスチャが配布されている
・PCのみで遊ぶことができる
・カスタマイズの幅がせまい
・ゲーム機など多くの機種に対応している
・クロスプレイに対応している
機種 ・PC(Windows/macOS/Linux) ・PC(Windows)
・スマホ(iOS/Androiod)
・ゲーム機(Switch/PlayStation/Xbox)
・その他(Fire Devices/Oculus)
おすすめ ・PCゲームで遊ぶのに慣れている方
・Modを使ったカスタマイズを楽しみたい方
・マイクラの動画投稿や配信がしたい方
・普段からゲーム機やスマホで遊んでいる方
・お手軽にマイクラを楽しみたい方
・ゲーム機同士でマルチプレイをしたい方



先述のマルチサーバーの利用条件2つにもある様に、マイクラのJava版・統合版にはマルチプレイの互換性が無いという点には注意しましょう。

またエディションごとの対応機種も確認しておくと、マルチプレイの導入がスムーズに進むと思います。

上記を含めたマイクラJava版・統合版の違いについては次の記事で詳しく確認できます。

ポイント④:サーバースペックの決め方

サーバーのスペックはマルチプレイに参加するプレイヤー数を目安に決定しましょう。



今回のマイクラサーバーの様に沢山のプレイヤーでゲームをする環境では多くのメモリを消費します。このためマイクラを目的に利用するサーバーでは、プレイヤー数に合わせてメモリを考えていくと適切なスペックが選択できます。



プレイヤー数とおよそ必要なメモリの目安としては以下の通りです。

マイクラサーバーのメモリの目安
サーバースペックの目安

また今回紹介したConoHa for GAMEXserver VPSなどの各VPSも、基本的にはサーバーが搭載するメモリを基準に料金プランを用意しています。

サーバーに必要なメモリの量は料金プランの検討材料にもなります。いずれも参考にしながら自分に費用なサーバーのスペックを考えてみましょう。

ポイント⑤:サーバーの管理方法

自分が構築するマイクラサーバーの管理方法を確認しておきましょう。マイクラサーバーで管理すべきことには以下の内容があります。



▼マイクラサーバーの管理

  • マイクラサーバーの起動・停止
  • マイクラのバージョンの確認や更新
  • ワールドデータのバックアップや復元
  • プレイヤーの権限の設定
  • ホワイトリストの設定



今回紹介した「ConoHa for GAME」や「Xserver VPS」では、いずれも独自のツールを使ってサーバーの管理ができます。

VPSを使ってマイクラサーバーを構築したら、あらかじめ上記の設定方法について確認しておくと良いでしょう。

ConoHa for GAMEが提供する「MinecraftManager」の使い方については次の記事から確認できます。

マイクラサーバー選びのポイントの解説としては以上です。

マイクラサーバー構築のよくある質問

このほかマイクラサーバー構築に関するよくある質問をまとめて紹介します。

サーバーのスペックはどうやって選べば良い?
マイクラサーバーのスペックはプレイヤー人数に合わせて必要なメモリを考えていくことで適切なスペックが選択できます。例えばConoHa for GAMEでは次の様に、メモリ量に合わせてプレイヤー人数が推奨されています。

メモリ2GB:推奨プレイヤー数4人以下
メモリ4GB:推奨プレイヤー数5~10人
メモリ8GB:推奨プレイヤー数11人以上

参考情報:ConoHa for GAME
PC上のワールドデータをサーバーに移すことはできる?
自分のPC上にある「ワールドデータ」でも構築したサーバーに移すことができます。ただし移設にあたってはいくつかの作業が必要です。ワールドデータの移行方法については次の記事が参考になります。

参考情報:ConoHa VPSでワールドデータを移行する方法
自分のサーバーに他のプレイヤーを招待する方法は?
自分が構築したサーバーに他のプレイヤーを招待するには、招待するプレイヤーにサーバーの"IPアドレス"を教えてあげればOKです。基本的にIPアドレスを知っているプレイヤーであれば、誰でもマイクラサーバーに接続できます。
サーバーに接続するプレイヤーを制限する方法は?
マイクラでは『ホワイトリスト』を設定することでサーバーに接続できるプレイヤーに制限をかける事ができます。またConoHa for GAMEでは専用の「Minecraftマネージャー」を通じてホワイトリストの設定が可能です。

参考情報:ConoHa『Minecraft Manager』の使い方

マイクラの関連情報まとめ

マイクラの攻略やマルチプレイで役立つ関連情報をまとめて紹介します。

マイクラ導入ガイド

マイクラの買い方や導入方法などゲームの準備に関する情報は次の記事から確認できます。



▼おすすめ記事



マイクラには「Java版」「統合版」の2つのエディションが存在し、いずれのエディションによって遊べる機種やマルチプレイの方法が異なります。

マイクラの購入方法やマルチプレイの方法を調べる際にはJava版・統合版のエディションの違いに注意しましょう。

マイクラJava版・統合版の違いについては次の記事から詳しく確認できます。

マイクラの初め方・遊び方

これから初めてマイクラで遊ぶという方には次の記事がおすすめできます。



▼おすすめ記事



マイクラは自由なゲーム性が魅力的ですが、とはいえマイクラの"できること"やゲーム開始後に"やること"を知らないままだと戸惑ってしまうと思います。

マイクラを今より100倍楽しむためにも、初心者はまず基本的なゲームの遊びから覚えていくのがおすすめです。

マルチプレイ・サーバーの立て方

マイクラのマルチプレイやサーバー構築に関する情報は、次の記事から詳しく確認できます。



▼おすすめ記事



マルチプレイの全体的な情報から確認したいという方は次の記事からご覧ください。

この記事のまとめ

今回はマイクラサーバーが構築できるおすすめのサービス3つを紹介していきました。



▼おすすめサービス

ConoHa for GAME

マイクラサーバー構築の定番サービス。ConoHa独自の「ゲームテンプレート」や「MinecraftManager」のおかげでサーバーの構築や管理もかんたんです。

Xserver VPS

レンタルサーバーで有名なエックスサーバーのVPS。マイクラサーバーの自動構築や管理にも対応しています。マイクラでは後発ですがサービス品質には期待ができます。

Minecraft Realms

マイクラの個人サーバーが入手できるマイクラ公式サービス。細かなカスタマイズはできないので手軽にマルチプレイで遊びたい人向けです。



また記事の後半ではマイクラサーバー活用のポイントも合わせて解説しました。



▼マイクラサーバー活用のポイント



いずれもマイクラサーバーを構築するサーバー選びでご活用いただきたい情報です。



このほか当ブログではマインクラフト関連の情報を多数掲載しています。あわせてご活用ください。



▼関連記事を探す
マインクラフトの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事