マイクラの『パンダ』とは?捕まえ方や繁殖方法を解説する

  • マインクラフト
マイクラの『パンダ』とは?捕まえ方や繁殖方法を解説する

人気ゲームMinecraft(マインクラフト)『パンダ』の特徴や育て方・繁殖方法について徹底解説します。



▼この記事がおススメな人

  • マイクラの『パンダ』のことが知りたい
  • パンダの捕まえ方繁殖方法について確認したい
  • マイクラの攻略情報が気になっている



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)がマインクラフトで遊んでゆきます。WEB制作・ブログ運営をしながらのんびり生活中。

マイクラの『パンダ』とは?

マイクラの『パンダ』とは?

マイクラの『パンダ』はプレイヤーに友好的なモブのひとつです。パンダはジャングルの竹林で見つけることができます。



▼基本情報

  • 生息地:竹林(ジャングル)
  • ドロップ:竹(1~2)、経験値(1~3)
  • 餌:竹、ケーキ

パンダの生息地

竹林(ジャングル)で見つけたパンダ

パンダはジャングルの「竹林」にある土ブロックの上にスポーンします。ただしパンダはジャングルで発生する他の動物に比べてスポーン確率が低いレア種です。



パンダを探す場合は、まずはジャングルの周辺で見られる「竹」を目印に竹林から探していくと見つけやすいです。

竹林(ジャングル)
竹林(ジャングル)
ジャングルや竹林が見つからない場合は、周辺探索を優先して進めていきましょう。

パンダの種類|6つの個性

パンダには6つの個性があり、それぞれの個性に応じて外見が決まっています。

【マイクラ攻略】パンダの性格6つ

▼パンダ6つの個性

①通常 しかめた顔をしている。特別な行動をしない通常のパンダ。
②怠け 笑った顔をしている。他のパンダより動きが遅く仰向けに寝ることがある。
③臆病 頼りない顔をしている。モンスターやプレイヤーを避ける、雷雨の際に顔を振ったり隠す、自分でアイテムを食べないなどの特徴を持つ。
④やんちゃ 舌を出した顔をしている。大人になっても転がったり飛び跳ねたりする。
⑤短気 怒った顔をしている。プレイヤーに中立的で攻撃すると敵対的になる。また他のパンダが攻撃された場合も敵対する。
⑥弱い 涙目で鼻水が出た顔をしている。他のパンダより弱く体力が10しかない。



このほか白黒の組み合わせとは異なる茶色のパンダも存在します。茶色のパンダは通常のパンダと同じ行動を取ります。

茶色のパンダ
茶色のパンダ
上記の通りパンダは茶色を除いて体色に違いがありません。パンダの種類を見分ける際には"顔つき""動作"に注目してみましょう。

名札を使って名前を付ける

このほかパンダには他の動物と同じように『名札』を装備して、自由な名前を付けることも出来ます。

パンダに名前を付ける
パンダに名前を付ける
お気に入りのパンダが見つかったら、上記のように『名札』を使って名前を付けてあげましょう。

パンダの餌になるアイテム

パンダの餌になるアイテム

パンダには餌として「竹」「ケーキ」を与えることができます。



竹はパンダに向かって使うことで与えられますが、一方ではアイテムを地面に落とした状態(ドロップ)でも与える事ができます。

地面に落とした竹
地面に落とした竹
ただしパンダは竹を与えただけでは繁殖できません。パンダを繁殖させるには半径5ブロック内に8個の竹がある状態を作る必要もあります。

またケーキは地面に設置したりパンダに向かって使うのではなくアイテムとしてドロップした場合にのみ与えられます。ちなみにパンダは拾ったアイテムを隠し持ち、時間経過によって後ほど食べる場合もあります。

ケーキを食べるパンダ
ケーキを食べるパンダ

このほかプレイヤーが「竹」を手に持てば、他の動物と同じようにパンダを誘導することも可能です。

引き続き「竹」を使ったパンダの捕まえ方や繁殖方法について解説を進めていきます。

パンダの育て方・繁殖方法を解説

パンダの育て方・繁殖方法を解説

ここからは実際のパンダ探しから繁殖するまでを例に、パンダの捕まえ方・繁殖方法について解説します。

手順①:パンダ小屋を建築する

パンダを捕まえたり繁殖させる前に行いたいのがパンダ小屋の建築です。

パンダは動きは遅いですが自由に動くため、閉じ込めておく空間を用意しないと逃げてしまいます。このためまずは、パンダを囲っておける「パンダ小屋」から建築する必要があります。

パンダ小屋といっても難しいことはありません。はじめは板材から作成できる「フェンス」と「フェンスゲート」の組み合わせでも十分です。



ただしパンダが繁殖するには近くに8個以上の竹がある必要があります。小屋の建築にあたっては「竹」も用意しておきましょう。

拠点に建築したパンダ小屋
拠点に建築したパンダ小屋

またパンダはフェンスは超えられないので、建築するパンダ小屋に"壁""屋根"は無くても問題ありません。



ただしフェンスの内側に隣接してブロックが置かれていると、ブロックを伝いフェンスを超えることがあります。パンダ小屋を建築する際には注意しましょう。

フェンスの隣にブロックが置かれた状態
フェンスの隣にブロックが置かれた状態
捕まえたパンダが逃げ出さないためにも、建築するパンダ小屋の内側は平坦にしておくのがオススメです。

手順②:パンダを探しにいく

パンダを探しにいく

パンダ小屋が建築できたら、今度はパンダを探しに行きましょう。これまでの解説の通りパンダは、ジャングルの「竹林」で見つける事ができます。

パンダが生息する竹林は「竹」を目印に探すと見つけやすいです。竹林が見つからない場合は、周辺探索を優先して進めていきましょう。

手順③:パンダを誘導する

パンダを見つけることができたら、パンダ小屋までパンダを誘導しましょう。解説にもある通り、パンダは『竹』を使えば誘導できます。

パンダを誘導する様子①
パンダを誘導する様子①

またパンダは他の動物と同じようにリードを使うことができません。このため長距離に渡ってパンダを運ぶ場合は「トロッコ」「ボート」を組み合わせると比較的かんたんです。

パンダを誘導する様子②
パンダを誘導する様子②
パンダを誘導する様子③
パンダを誘導する様子③

無事に小屋までパンダを運べたら、最後に扉を閉めてパンダが小屋から逃げ出さない様にしましょう。

パンダを誘導する様子④
パンダを誘導する様子④

また後述するパンダの繁殖では計2頭が必要です。できれば同時に2匹以上のパンダを捕まえておくと繁殖がスムーズに進みます。

以上の様な形でパンダを捕まえることができれば繁殖の準備はすべてOKです。

手順④:パンダを繁殖させる

最後にパンダを繁殖させます。まずは捕まえた2頭のパンダに対して「竹を与えます。

パンダを繁殖させる様子①
パンダを繁殖させる様子①

すると竹を与えられたパンダが「求愛モード」になり、求愛モードになった2頭のパンダが近づくことで子供のパンダがスポーンします。

パンダを繁殖させる様子②
パンダを繁殖させる様子②
パンダを繁殖させる様子③
パンダを繁殖させる様子③

子どものパンダが大人になるには20分待つ必要がありますが、餌を与えるごとに成長時間を10%短縮できます。また繁殖を行ったパンダにはクールタイムが発生しますが、5分待てば再び繁殖可能になります。



以上のようにパンダは時間をおいて繰り返し繁殖することで、その個体数を増やすことができます。

パンダを繁殖させる様子④
パンダを繁殖させる様子④
パンダを成長させ数を増やすにはそれなりに時間がかかります。個体数を早く増やしたい場合は、あらかじめ多数のパンダを捕まえておくと良いでしょう。

この記事のまとめ

この記事では人気ゲームMinecraft(マインクラフト)『パンダ』の特徴や捕まえ方・繁殖方法について詳しく解説していきました。



▼基本情報

  • 生息地域:竹林(ジャングル)
  • ドロップ:竹(1~2)、経験値(1~3)
  • 餌:竹、ケーキ



▼繁殖方法

  1. パンダを繁殖するための「パンダ小屋」を建築する
  2. 「竹」を使ってパンダを小屋まで誘導する
  3. 2頭のパンダに「竹」を与えてパンダを繁殖させる



いずれもマイクラのゲーム攻略でご活用いただきたい情報です。



このほか当ブログでは【マインクラフト】関連の情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す
マインクラフトの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事