WordPressが使えるレンタルサーバーは?おススメ5社を紹介する【初心者向き】

  • レンタルサーバー
WordPressでWebサイトブログを作りたいんだけど、レンタルサーバーには一体何を選べばいいの?誰かくわしく教えて下さい!
WordPressの利用に適したレンタルサーバー5つを厳選しました!ぜひ参考にしていって下さいね!

WordPress(ワードプレス)』はWebサイトやブログが作れる無料ソフトですが、作成したサイトをインターネットに公開するには『レンタルサーバー』を利用する必要があります。



今回はそんなレンタルサーバー選びのポイントや、WordPressの利用に適したレンタルサーバー厳選5社を、初心者向けの解説を交えつつ紹介してゆきます。



▼この記事はこんな方向け

  • WordPressの利用に適したレンタルサーバーを探している
  • WordPressを使ってWebサイト副業ブログの運営がしたい
  • 失敗しないサーバー選びのポイントがあれば知りたい
この記事を読めばレンタルサーバーの選び方が分かり、目的に合ったサービスが見つかりますよ。これからレンタルサーバーの利用を考えている方には、ぜひチェックして欲しい内容です。
Web制作者&ブロガーのみやしもが解説します。初めての方でも、安心して選んでいって下さいね!

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

初心者向きレンタルサーバー選び3つのポイント

まずはレンタルサーバーの選びのポイント3つを簡単に解説します。WordPressを目的にレンタルサーバーを探す上でも、ぜひ押さえて欲しい内容です。

ポイント①:分かりやすさを重視しよう

ポイント①分かりやすさを重視しよう

初めてレンタルサーバーを利用する方は、とにかく『分かりやすさ』重視で選びましょう。分かりやすいレンタルサーバーとは、例えば以下の条件に基づき選ぶことができます。



▼レンタルサーバーの分かりやすさ

  • サービスの利用者が多く、Web上の情報が充実している
    →何か問題が起きても自分で調べて解決できる
  • コントロールパネル(管理画面)が見やすく、操作しやすい
    →目的とする操作を迷わずスムーズに行える
  • 1つのサービスでドメイン・サーバーの管理をまとめて行える
    →必要以上の操作を求めらず、支払いの管理もしやすい



WordPressを使った「Webサイト」や「ブログ」の構築作業は、原則としてサーバー・ドメイン・データベースなどの要素を組み合わせながら行う必要があります。



最近では『クイックスタート』などの構築作業を省略できる仕組みも登場しており、初心者へのハードルは年々下がっているものの、とはいえ本来は高度なスキルが求められる作業です。

このため選んだサービスによっては、多くのマニュアル操作が求められてしまい、結果として作業に対するハードルが上がってしまうことがあります。

以上のことから、初心者が多くの作業をスムーズに進めるためには『分かりやすい』レンタルサーバーを選ぶのがポイントです。このうえで初心者向けのレンタルサーバーには次のサービスが挙げられます。



▼初心者向け①

XSERVER(エックスサーバー)


▼初心者向け②

ConoHa WING(コノハウィング)



上記はいずれもユーザー数が多く、初心者はこの2つから選んでおけばまず間違いないと言えるほど"超定番"のレンタルサーバーです。初めてレンタルサーバーを選ぶ方は、上記2つを念頭に検討を進めてゆきましょう。

記事の後半では各レンタルサーバーごとの『コントロールパネル』の画像や、実際の『WordPressサイトの構築方法』も掲載しています。あわせて参考にしてみて下さいね。
レンタルサーバーは「分かりやすさ」が超大事です。実際に作業でつまづく人は多いので...、決して無視はできませんよ!

ポイント②:ランニングコストは約1,000円を目安に

ポイント②ランニングコストは約1,000円を目安に

レンタルサーバーのランニングコストは、およそ次の「料金プラン」「契約期間」を前提にしつつ約1,000円を目安にしましょう。



▼料金プラン・契約期間

①料金プラン 「個人向け」のプランを選択する
例1) XSERVER:「スタンダード」
例2) ConoHa WING:「ベーシック」
②契約期間

「12ヶ月」以上を選択する

例1)XSERVER:1,100円/月額

例2)ConoHa WING:901円/月額



「Webサイト」や「ブログ」をはじめ、WordPressを利用する多く目的において、サーバーは長期利用が大前提になります。何故ならレンタルサーバーは、WordPressサイトを運用する限り、継続して必要になるものだからです。

レンタルサーバーの存在は、例えば「アパート」や「駐車場」と同じようにイメージする事ができます。レンタルサーバーにかかる費用は、Webサイト運用における実質上のランニングコストだと言えます。

一方でレンタルサーバー側の料金プランも、基本的には長期契約で割引される仕組みです。また独自ドメインが永久無料になるお得な特典も、ほとんどが12ヶ月以上の利用が条件として組み込まれています。

このためWordPress用にレンタルサーバーを借りるのであれば、少なくとも1年以上を目安にプランを選択すると、結果としてコスパよく利用できます。また、このための参考予算が上記の『約1,000円』にもなります。
「料金プランの選択肢が多すぎて選びづらい...。」と感じる方は、ひとまず上記を参考に契約を進めればOKです!

ポイント③:細かなスペックの違いは気にしなくてOK

ポイント③細かなスペックの違いは気にしなくてOK

レンタルサーバー選びの基準の1つには「スペック(=性能)」があります。スペックには具体的につぎの要素があり、それぞれサーバー上に構築したWordPressサイトに対して影響してゆきます。



▼スペック

①Webサーバー Webページの表示速度に影響する。基本的には表示速度が早いほうが、ユーザーが快適にコンテンツを閲覧できます。またWebページの表示速度は、SEOにも影響します。
例)Apache、nginx、LiteSpeedなど
②CPU・メモリ

大量のページアクセスや、プログラムの処理といったサーバーの処理速度に影響する。基本的にはCPUやメモリが多いほうがより高性能です。

例)メモリ8GB、CPU6コア

③ストレージ サーバーにどれくらいのファイルをアップロードできるか?に関わる「容量」のこと。ストレージにはHDDとSSDの2種類が存在しますが、SSDの方が読み書きが早くより高性能です。
例)SSD 300GB



上記のスペックはレンタルサーバーの料金プランによって異なり、基本的には上位プランを選択するほど、利用できるサーバーのスペックは上がってゆきます。例えば「ConoHa WING(コノハウィング)」では、次のようにスペックが分かれています。

ConoHa WING(コノハウィング)_料金プラン
ConoHa WING:料金プラン

この様な料金とスペックの違いはあるものの、とはいえ「初めから上位プランが必要になる」という事はありません。



先述の約1,000円を目安にプランを選んでゆけば、多くの目的を問わず、WordPressサイトの運営に必要充分なスペックのサーバーが入手できますよ。



とくに最近のレンタルサーバーは基本スペックが高いので、実際ほとんど困ることなく利用できると思います。

ちなみに現在ぼくが運営しているWebサイトでは、月間30万以上のアクセスが発生していますが、同等のプランでも全く問題なく運営できている状況です。
最近のレンタルサーバーはどれも高性能、基本的に「1,000円/月」を目安にプランを選べば、スペック面で大きく外すことはありません。なので初心者は細かなスペック差は気にせず、あくまで『使いやすさ』を重視して選ぶのがおススメです。
レンタルサーバー選びの要点としては以上です。引き続き、おススメのレンタルサーバー5つを紹介してゆきます!

WordPressが使えるおススメのレンタルサーバー5つ

おススメレンタルサーバー5つ
おススメレンタルサーバー5つ

ここからは実際に、WordPressが利用できるおススメのレンタルサーバー5つを紹介します。今回紹介するレンタルサーバーは次の通りです。



▼おススメレンタルサーバー

  • おススメ①:ConoHa WING(コノハウィング)
  • おススメ②:XSERVER(エックスサーバー)
  • おススメ③:ロリポップ!レンタルサーバー
  • おススメ④:mixhost(ミックスホスト)
  • おススメ⑤:ColorfulBox(カラフルボックス)



上記で挙げたレンタルサーバーの詳細について、それぞれ順番に確認してゆきましょう。

1.「XSERVER(エックスサーバー)」

XSERVER(エックスサーバー)
XSERVER(エックスサーバー)

1つ目の『XSERVER(エックスサーバー)』は、エックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。



▼レンタルサーバーの特徴

  • サーバーの安定性・処理速度に定評がある
  • 申込みと同時にWordPressサイトを自動構築できる
  • 全プランを対象に独自ドメインが永久無料になる
  • 利用者が多いことからWeb上の情報が充実している
  • 初心者向きで使いやすいコントロールパネルが用意されている
  • サーバーやドメインの管理が1つのサービス内で完結して行える
XSERVER(エックスサーバー)_コントロールパネル
XSERVERのコントロールパネル

エックスサーバーはWebサイトの制作を行うデザイナーやエンジニア、副業を行うブロガーなどの幅広い層から、絶大に支持されているレンタルサーバーです。



Web上の情報も豊富にあることから「初心者向けのレンタルサーバー」として、まっさきにおススメする事ができます。

レンタルサーバーなら「エックサーバー一択でしょ..!!」とも言われる人気サービスです。みんな使っていて「安心して使えるレンタルサーバーがいいな」という方は前向きに検討してみましょう。

とはいえエックスサーバーには初期費用(3,300円)が設定されている事もあり、使いはじめの費用感としては少々高めです。「もう少しお安く使いたい」という方は、次で紹介する『ConoHa WING(コノハウィング)』と合わせて検討してみましょう。



▼おススメプラン
①プラン スタンダード
②契約期間 12ヶ月
③料金

13,200円+3,300円(※初期費用)



▼公式サイト

XSERVER(エックスサーバー)



このほか「エックスサーバーを使ったWordPressサイトの構築方法が知りたい!」という方には、次の記事も参考になりますよ。

2.「ConoHa WING(コノハウィング)」

ConoHa WING(コノハウィング)
ConoHa WING(コノハウィング)

2つ目のConoHa WING(コノハウィング)は、GMOインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーです。



▼レンタルサーバーの特徴

  • サーバーの安定性・処理速度に定評がある
  • 申込みと同時にWordPressサイトが自動構築できる
  • 「WINGパック」の利用で独自ドメインが最大2まで永久無料になる
  • 利用者が多いことからWeb上の情報が充実している
  • 初心者向きで使いやすいコントロールパネルが用意されている
  • サーバーやドメインの管理が1つのサービス内で完結して行える
ConoHa WING(コノハウィング)_コントロールパネル
ConoHa WINGのコントロールパネル
コノハウィングは2018年の登場以降、Webページを高速表示するサーバースペックを評価され、現在ではエックスサーバーと並ぶ人気レンタルサーバーへと成長しています。


もちろん冒頭でも挙げた条件を満たしていることから『初心者向けのレンタルサーバー』としてもオススメする事ができます。


特筆すべきは長期割引プランの「WINGパック」で、契約すればなんと独自ドメインが最大2つまで永久無料になるのです。

ConoHa WING(コノハウィング)_独自ドメインが最大2つまで永久無料
独自ドメインが最大2つまで永久無料

上記は1つのサーバーを契約するだけで、最大2サイトまで運営できる事を意味します。例えばWINGパックを12ヶ月契約をすれば月あたり901円まで割引され、結果として1サイトあたり約450円で運用できる計算です。



あくまで2サイト分で考えればですが、他のレンタルサーバーと比べても破格のコスパ感だと言えます。ドメインには色々な使い道があるので、1サイトあれば充分という人でも、貰っておいて決して損はない特典です。

上記の通りコノハウィングは、コスパ面でも優れたレンタルサーバーとなっています。「初心者向きのを探しているけど、少しでもお値段も安くしたい...!!」そんな方にはぜひ利用してほしいサービスです。

▼おススメプラン

①プラン ベーシック
②契約期間 WINGパック(12ヶ月)
③料金

10,810円(税込)



▼公式サイト



このほか「コノハウィングを使ったWordPressサイトの構築方法が知りたい!」という方には、次の記事も参考になりますよ。

3.「ロリポップ!レンタルサーバー」

ロリポップ!レンタルサーバー
ロリポップ!レンタルサーバー

3つめに紹介する『ロリポップ』は、GMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーです。



▼レンタルサーバーの特徴

  • 2001年から続いている老舗のレンタルサーバー
  • サービス内容やコントロールパネルが全体的にシンプルに出来ている
  • 格安プランが用意されているので、コスパよく利用がしやすい
  • 独自ドメイン利用するためには別サービスを使う必要がある
ロリポップ!レンタルサーバー_コントロールパネル
ロリポップ!レンタルサーバーのコントロールパネル

ロリポップはとにかく低価格プランが充実しているレンタルサーバーです。



スペックが低いことから趣味などの用途に限定されるものの、WordPressが利用できる『ライト』プランにおいて、最安では月額220円で利用することも出来ます。(※36ヶ月契約の場合)



価格設定で魅力的なロリポップですが、しかし一方では、独自ドメインを利用するためにムームードメインなどの別サービスと組み合わせる必要もあり、 初心者にとっての利用ハードルはやや高めです。

そんなロリポップはとにかく価格優先で選びたい方におススメできるレンタルサーバーです。WordPressサイトの運営にあたって『ランニングコストを少しでも減らしたい!』と考えている方は、前向きに検討してみましょう。

▼おススメプラン

①プラン ハイスピードプラン
②契約期間 12ヶ月
③料金

9,900円(税込)



▼公式サイト

ロリポップ



このほか「ロリポップを使ったWordPressサイトの構築方法が知りたい!」という方には、次の記事も参考になりますよ。

4.「mixhost(ミックスホスト)」

mixhost(ミックスホスト)
mixhost(ミックスホスト)

4つ目に紹介する『mixhost(ミックスホスト)』は、アズポケット株式会社が運営するレンタルサーバーです。



▼レンタルサーバーの特徴

  • LiteSpeed搭載の高速サーバーが採用されている
  • 「プレミアム」プラン12ヶ月契約で独自ドメインが永久無料になる
  • サーバーやドメインの管理が1つのサービス内で完結して行える
  • コントロールパネルが「cPanel」で提供されており、使用感はやや上級者向けである
  • コンテンツの規制がゆるく、アダルトサイトの運用にも対応している
mixhost(ミックスホスト)_コントロールパネル
ミックスホスト:コントロールパネル

ミックスホストはサーバー性能・サービス面ともに充実している、WordPressの幅広い用途に対応できるレンタルサーバーです。



コントロールパネルは「cPanel」というソフトで構築されており、他社レンタルサーバーと同等か、それ以上に非常に多くのサーバー操作に対応する事ができます。



また、一部コンテンツに制限の多い他社レンタルサーバーに比べて、アダルトサイト運営に対応しているのも1つの特徴に挙げられます。



広い用途に対応できるレンタルサーバーではありますが、とはいえ「cPanel」は高機能がゆえに登場する専門用語も多いため、全体的にも中~上級者向けのレンタルサーバーだと言えます。

そんなミックスホストは、例えば「アダルトサイト対応のサーバーを探している」「コントロールパネルはcPanelで利用したい」など、一部のニーズがハッキリしている方にオススメできます。公式サイトを見ながら検討を進めてみましょう。

▼おススメプラン

①プラン スタンダード
②契約期間 12ヶ月
③料金

12,936円



▼公式サイト

mixhost(ミックスホスト)



ミックスホストを使ったWordPressサイトの構築方法については次の記事もオススメです。

5.「ColorfulBox(カラフルボックス)」

ColorfulBox(カラフルボックス)
カラフルボックス

5つ目に紹介する『ColorfulBox(カラフルボックス)』は、株式会社カラフルラボが運営するレンタルサーバーです。



▼レンタルサーバーの特徴

  • 料金プランの選択肢が豊富に用意されている
  • 「BOX2」プラン12ヶ月契約で独自ドメインが永久無料になる
  • サーバーやドメインの管理が1つのサービス内で完結して行える
  • コントロールパネルが「cPanel」で提供されており、使用感はやや上級者向けである
  • コンテンツの規制がゆるく、アダルトサイトの運用にも対応している
カラフルボックス_コントロールパネル(cPanel)
カラフルボックス:コントロールパネル

カラフルボックスには、料金プランの選択肢が豊富に用意されている。また東京or大阪のリージョンが選択できる、という他のサービスにはない特徴があります。



このため、運営するWebサイトの目的やサーバーに必要な性能がハッキリしていれば、必要以上にお金をかけずにコスパよく利用する事が可能です。最安では「月額528円/月」でWordPressサイトを運営する事もできますよ。



一方でコントロールパネルには「cPanel」が採用されている、アダルトサイトにも対応しているなど、先程にも登場した「mixhost(ミックスホスト)」との共通点も多くあります。



またプラン選びにあたっては必要スペックの判断には一定の知識が求められることから、同じく中~上級者向けのレンタルサーバーだと言えます。

そんなカラフルボックスは、例えば「Webサイトの要件が定まっており、プランの選択にも判断が利く方」にオススメできます。共通点の多いミックスホストと合わせて検討してみましょう。

▼おススメプラン

①プラン BOX2
②契約期間 12ヶ月
③料金

874円/月



▼公式サイト

ColorfulBox(カラフルボックス)



カラフルボックスを使ったWordPressサイトの構築方法については次の記事もオススメです。

レンタルサーバーに関するよくある質問

レンタルサーバーに関するよくある質問

このほかレンタルサーバーの気になるQAについてお答えします。

Q1:料金プランを変更することはできる?

各レンタルサーバーにおいて、一度契約したサーバーの料金プランは後から変更することが可能です。



ただし一部のレンタルサーバーでは上位プランから下位プランに変更することは出来ないので注意も必要です。ここで各レンタルサーバーの対応状況を確認してみましょう。



▼料金プランについて

①XSERVER

プランの変更|レンタルサーバーならエックスサーバー

→上位プラン下位プランともに変更可能

②ConoHa WING

プランを変更する|ConoHa WINGサポート

→上位プラン下位プランともに変更可能

③ロリポップ

本契約中(入金後)のプラン変更はどうしたらいいですか

→上位プランのみ変更できる(下位プランへの変更は出来ない)

④mixhost

ご契約プランの変更方法-mixhost ヘルプ&サポート

→上位プラン下位プランともに変更可能

⑤ColorfulBox

ご契約プランの変更方法(アップグレード/ダウングレード)

→上位プラン下位プランともに変更可能



上記の通りロリポップを除いたレンタルサーバーでは、上位プラン(アップグレート)、下位プラン(ダウングレート)への変更ができます。

基本的には今回紹介したプランで契約を行い、スペックなどの必要性に合わせて、後から料金プランの変更を検討するのがおススメです。

Q2:WordPressサイトを移設することはできる?

一度構築したWordPressサイトでも、別で契約した他のレンタルサーバーに移設(引っ越し)する事ができます。



具体的には次のような形で、レンタルサーバー各社が用意している「移行ツール」やWordPressの「プラグイン」を使いながら、独自ドメインやWebサイト、メールなどの情報を順次移設する形で進めてゆきます。

ConoHa WINGお乗換えガイド
ConoHa WING:お乗換えガイド

▼参考ページ

ConoHa WINGお乗換えガイド



また移設方法はレンタルサーバーの組み合わせによっても変わるため、「今何のレンタルサーバーを使っていて、どのレンタルサーバーに移設するのか?」という作業条件に合わせて調べる必要もあります。

以上のことから上級者向きの作業や運用が必要にもなりますが、いずれにしてもWordPressサイトの移設は可能であることを覚えておきましょう。

一方で「サイト引越し屋さん」などのサービスを利用すれば、WordPressサイトの移設作業を、まるごとプロに任せることも出来ます。

サイト引越し屋さん
サイト引越し屋さん

▼公式サイト

サイト引越し屋さん

移設にあたっては「Webサイトが停止したり、データが消えるのが怖い...」「SEOなどの評価が下がったら嫌だな...」という方も多いと思います。自身での作業にリスクを感じる方は、上記のような移設代行サービスの利用も検討してみましょう。

Q2:KUSANAGIって何ですか?

KUSANAGI」とはプライムストラテジー社が開発しているWordPressの実行環境のことで、導入すれば一般的なサイト環境に比べて、はるかに高いパフォーマンス(高速+安定)のWordPressサイトが構築できます。

KUSANAGI
KUSANAGI

本来は専用のサーバー環境が必要になる、運用にも高い知識が求められる上級者向けのツールでしたが、最近では「XSERVER(エックスサーバー)」がプライムストラテジー社と提携を行い、KUSANAGIの技術を導入しています。

KUSANAGIの高速化技術の恩恵に授かり、少しでも高スペックなレンタルサーバーを利用したいと考えている方は『エックスサーバー』の利用を検討してみましょう。

このほか『ConoHa VPS』を利用すれば、テンプレート機能を使って自分でもかんたんにKUSANAGI環境を用意することが出来ます。ご自身で判断が利く方に限りますが、いずれの手段も検討してみましょう。

この記事のまとめ

この記事では、レンタルサーバー選びのポイントや、オススメのレンタルサーバー5つを紹介してゆきました。



▼レンタルサーバー選びのポイント

  • ポイント①:分かりやすさを重視しよう
  • ポイント②:ランニングコストは約1,000円を目安に
  • ポイント③:細かなスペックの違いは気にしなくてOK



▼初心者向け①

XSERVER(エックスサーバー)


▼初心者向け②

ConoHa WING(コノハウィング)



いずれもWordPressが使えるレンタルサーバー選びで、ご活用いただきたい情報です。



このほか当ブログでは【レンタルサーバー】に関連する情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す

レンタルサーバーの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事