PC版ARKのサーバーの立て方を徹底解説【10分でマルチプレイ】

  • レンタルサーバー

この記事では、人気のPCゲーム『ARK: Survival Evolved』におけるマルチサーバーの立て方をくわしく解説します。



▼この記事で分かること

  • ARKのマルチサーバー3つの立て方
  • ConoHa VPSでサーバー構築する方法
  • ARKでマルチサーバーに接続する方法
この記事を読めば【約10分】でARKのマルチサーバーを立てることができ、すぐにマルチプレイで遊べる様になりますよ。
人気ゲームのARKをみんなで遊べる様にしたいという方は、この機会にぜひチェックして下さいね!

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

ARKのマルチサーバーを構築する方法は?

まずはPC版『ARK: Survival Evolved』でマルチサーバーを構築する3つの方法や、おススメのConoHa VPSの紹介を行います。

マルチサーバーの立て方3つ

ARKをはじめ、ゲーム用マルチサーバーの構築方法には大きく次の3通りあります。



▼マルチサーバーの立て方3つ

  • 方法①:ConoHa VPSを使う(難易度:★)
  • 方法②:VPSでサーバー構築する(難易度:★★)
  • 方法③:自宅にサーバー構築する(難易度:★★★)



上記の通りマルチサーバーの構築方法には様々な選択肢がありますが、オススメは"方法:①"ConoHa VPSを使った方法です。



何故ならConoHaには"ゲームテンプレート"というサーバー自動構築の仕組みがあり、利用すれば簡単にマルチサーバーが構築できるからです。

ConoHa VPS:ゲームの世界をもっと楽しく

ARKをはじめとするゲーム用マルチサーバーの構築は、本来はサーバーやPC全般の知識が求められる作業です。



具体的にはサーバーやネットワークの設定、各ゲームタイトルの専用プログラムの導入、といった作業を行います。またサーバーの構築作業には時間がかかりますし、構築したサーバーにも日頃の維持管理が必要となります。

このためゲーム用のマルチサーバーの構築は、一部のコアゲーマーやITスキルを持った方にしか行えないハードルの高い作業だと言えます。

一方でConoHa VPSの"ゲームテンプレート"を利用すれば、上記のような難しい作業を必要とせずサーバーを構築することができます。



基本的にはWeb上の画面から任意のゲームタイトルを選択するだけで、かんたんに作業を進めることが可能です。

もちろんPC版『ARK: Survival Evolved』もゲームテンプレートに対応しており、実際に利用すれば、最短では約10分でマルチプレイ環境が実現できます。

以上の点からARKのマルチサーバー構築ではConoHa VPSを利用するのがオススメです。この記事では引き続き、ConoHa VPSを使ったマルチサーバーの構築方法を扱ってゆきます。



このほかマルチサーバーに関する全体的な情報は「マルチサーバーとは?仕組みや対応ゲームを紹介」からご確認ください。

ConoHa VPSのメリット・デメリット

ARKのマルチサーバー構築でConoHa VPSを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。



▼ConoHaを利用するメリット・デメリット

  • テンプレート機能を使って知識不要でサーバー構築できる
  • 24時間いつでも遊べるマルチプレイ環境が実現できる
  • マルチサーバーの運営にはランニングコストが発生する



上記の通りConoHaVPSを使った方法には、サーバーの構築から実際のゲームプレイをするうえでの多くのメリットがあります。



とくに『ARK: Survival Evolved』の様なオープンワールド系のゲームでは、1つのワールドを複数人で共有しつつ、時間を選ばずに誰でもゲームに参加できるという2つの条件が揃えられると、実際のマルチプレイが快適になります。



一方でConoHaを使った方法ではランニングコストが発生する点が唯一のデメリットに挙がります。

ConoHa VPSでARKのマルチサーバーを構築するには、月額3,608円(税込)の『メモリ4GB』プランに契約する必要があります。

ランニングコストは発生しますが、先述の通りConoHa VPSを利用すればサーバーの構築や管理にかかる多くの手間を省略できます。

コスト以上にメリットが多いことから「よりゲームに集中してARKを楽しみたい!!」という方にこそ検討して欲しいサービスだと言えます。

ARKのサーバー構築手順を解説【4ステップ】

ここからは実際にConoHa VPS使ったARKのマルチサーバーの立て方を解説します。



▼マルチサーバーの立て方[4ステップ]

  1. ConoHaの申込み画面に移動する
  2. ConoHaのアカウントを作成する
  3. 支払い方法を入力する
  4. サーバーを契約する



上記ステップに従って作業を行えば約10分でPC版ARKのマルチサーバーの構築が完了できます。また今回は、ConoHa VPSが推奨する以下の料金プランを前提に解説を進めてゆきます。

▼料金プラン
ARK:Survival Evolved/メモリ:4GB/価格:月額3,608円(税込)
前置きが少し長くなってしまいましたが、それでは解説をスタートします!

手順①:ConoHaの申込み画面に移動する

まずは以下の公式サイトから『今すぐお申し込み』をクリックして、ConoHaの申込画面に移動します。



▼公式サイト

ConoHa VPS

手順①_ConoHaのサーバー申込み画面に移動する

手順②:ConoHaのアカウントを作成する

サーバーの申込画面に進んだら、続けてConoHaで利用するアカウントの個人情報を入力します。(※既にアカウントをお持ちの方はログインして次に進みましょう)

手順②_ConoHaのアカウントを作成する

以上のように入力画面ではたくさんの項目が並んでいますが、他のWebサービスと同じ様に、次の項目に入力してゆきましょう。

▼必須項目
氏名・生年月日・国・郵便番号・都道府県・市区・町村番号・メールアドレス・パスワード

上記の入力が終わったら「次へ」をクリックします。するとConoHaのアカウントが発行されて、次の画面に進むことが出来ます。

手順③:支払い方法を入力する

続く画面では電話/SMS認証お支払い方法の2つを入力します。それぞれ順番に入力を進めてゆきましょう。

手順③_支払い方法を入力する_1

まずは1つめの「電話/SMS認証」から行います。電話/SMS認証とは、いわゆる電話番号を利用した"本人確認"のことです。



やり方はかんたんで、国コードと電話番号を入力した状態で[SMS認証]か[電話認証]のどちらかを選択するだけでOKです。それぞれ選択した方法にしたがって、本人確認を行うことができます。

手順③_支払い方法を入力する_2

▼電話/SMS認証

①SMS認証 電話番号に送られてきた4桁の番号をConoHaの画面に入力する
②電話認証 入力した電話番号に電話がかかってくるので、ConoHaの画面に表示される4桁の番号を電話機に入力する



電話/SMS認証を完了させると、続けて2つめの[お支払い方法]が入力できる様になります。

手順③_支払い方法を入力する_3

ConoHa VPSの支払い方法には、原則としてクレジットカードのみ利用できます。ただし『ConoHaチャージ』というプリペイド形式の支払い方法を選択すれば、クレジットカード以外も利用可能です。

ゲーム用のマルチサーバーは継続稼働させる必要があるため、基本的には支払いミスによるサーバー停止の恐れがない、クレジットカードの利用がオススメです。

以上2つの入力を終えて、最後に「次へ」をクリックすると次の画面に進むことができます。

手順④:サーバーを契約する

最後にARKのマルチサーバーとして利用するサーバーを契約します。

手順④_サーバーを契約する_1

ここでも色々な入力項目が並んでいますが、次の4つの入力項目を順番に入力すればOKです。



▼入力項目

  1. VPS割引きっぷ・・・サーバーの利用期間に合わせて選択する
  2. 料金プラン・・・ARK推奨の「4GB」プランを選択する
  3. イメージタイプ・・・「ARK: Survival Evolved」を選択する
  4. サーバーの管理情報・・・rootパスワード・ネームタグを入力します


①:VPS割引きっぷ

ConoHa VPSの『VPS割引きっぷ』は数ヶ月分のサーバー料金を事前に支払うことで、基本料金を割引できるサービスです。

手順④_サーバーを契約する_2

割引率はVPS割引きっぷの「有効期間」に合わせて設定されているので、基本的にはサーバーの利用期間に合わせて選択すると、よりお得にサーバーが利用できます。

例えば「少なくとも数ヶ月はARKで遊ぶ予定...!!」という方は、およその利用期間に合わせて『VPS割引きっぷ』を選択するとよりお得に利用できます。

②:料金プランについて

ConoHa VPSの料金プランはサーバーの"スペック(=性能)"に応じて変わる仕組みですが、ここではARKの利用条件に合わせて「4GB」を選択します。

手順④_サーバーを契約する_4
ConoHa VPSでARKのマルチサーバーを構築するには最低でも4GB以上の料金プランを選択する必要があります。4GB以下を選択した状態では、作業を進めることが出来ませんのでご注意下さい。

またゲーム専用のマルチサーバーでは参加プレイヤーが多いほどスペックが必要ですが、とはいえ初めから高スペックなプランを選択する必要はありません。

ConoHa VPSでは後からスペックを変える事もできますので、はじめは『4GB』プランを選んでおくのが適切です。

③:イメージタイプについて

イメージタイプは今回の目的にあわせて「ARK: Survival Evolved」を選択しましょう。

手順④_サーバーを契約する_5

④:サーバーの管理情報

「rootパスワード」や「ネームタグ」は、いずれもConoHa VPSで契約したサーバーを管理するために用いる情報です。

手順④_サーバーを契約する_6

▼サーバーの管理情報

①rootパスワード 契約したサーバーにログインするための情報。ConoHa VPSで構築したARKのマルチサーバーを管理するために必要になります。
②ネームタグ 契約したサーバーを識別するための情報。基本的には自由な名前をつけることが出来ます。
上記の通り『rootパスワード』はマルチサーバーのログインで必要になる情報です。後々のサーバー運営で困らない様にするためにも忘れずに控えておきましょう。

以上の入力を行い、最後に画面右側にある『次へ』ボタンを押すとサーバーの申込みが行われます。

手順④_サーバーを契約する_7

また申し込みが完了すると『サーバーリスト』の画面に移動し、同時にARKのマルチサーバーの構築が始まります。



サーバーリストを見ると自分が契約したサーバーが並んでいますが、ステータスが『構築中』になっている間はConoHa VPS側でのサーバー構築が行われいる状態です。完了には少しだけ時間がかかりますので、しばらく待機しましょう。

手順④_サーバーを契約する_8
上記のステータスが『起動中』に変わったら、ARKのマルチサーバーの構築は完了です。
手順④_サーバーを契約する_9
以上でConoHa VPSを使ったARKのマルチサーバーの構築作業はすべて完了です。また以降はARKのゲーム画面からサーバーに接続してマルチプレイで遊べる様になります。
ここまでの作業ひとまずお疲れ様です。引き続きARKのマルチサーバーに接続する方法を確認してゆきましょう!

ARKのマルチサーバーに接続する方法

ここからは、ConoHa VPSで構築したARKのマルチサーバーに接続して、マルチプレイに参加するまでの手順を解説します。

手順①:マルチサーバーの情報を調べる

まずはConoHa VPSで作成したARKのマルチサーバーの情報を調べてゆきます。

具体的にはマルチサーバーの"IPアドレス""ログインパスワード"といった情報を調べます。いずれも実際のARKのゲーム画面からサーバー接続する際に必要になる情報です。

ARKのマルチサーバーの情報を調べるには、ConoHa VPSで次のように操作します。



▼マルチサーバーの情報の調べ方

  1. ConoHaのサーバーリストの画面で[ネームタグ]をクリック
    (※サーバーリストの画面は[VPS->サーバー]から開く事ができます)
  2. サーバー管理画面で[コンソール]をクリック
  3. コンソール画面で"ユーザー名""パスワード"を入力してログインする
  4. コンソール画面に表示されたARKのマルチサーバーの情報を控える



まずは先ほどのConoHaのサーバーリストの画面から、マルチサーバーの[ネームタグ]をクリックします。

ARKサーバーの情報を確認する_ネームタグ

すると次のようなサーバー管理画面が開きますので、続けて[コンソール]をクリックします。

ARKサーバーの情報を確認する_①

今度は次のようなコンソール画面が開くので、ここで"①ユーザー名""②パスワード"を入力してサーバーにログインします。

ARKサーバーの情報を確認する_②

▼ログイン情報

①ユーザー名 ConoHaのサーバーに接続するユーザー名を入力します。ここでは『root』という文字列をそのまま入力すればOKです。
②パスワード rootユーザーのパスワードを入力します。サーバーの申込時に設定した『rootパスワード』を入力しましょう。
上記2つのログイン情報をそれぞれ順番に入力して"Enter"キーを押すと、ConoHaのサーバーにログインできます。

無事にログインできると、コンソール画面にはARKのマルチサーバーの情報がまとめて表示されます。目当ての情報は次の赤枠内に記載されていますので、順番に控えてゆきましょう。

ARKサーバーの情報を確認する_サーバー情報

▼サーバー情報

①IPアドレス コンソールで表示された"Server IP Address"の情報。ARKのゲーム画面からマルチサーバーに接続するために必要です。
②ログインパスワード コンソールで表示された"ARK Login password"の情報。IPアドレスと同じく、マルチサーバーに接続に使用します。
③管理者パスワード コンソールで表示された"ARK Admin password"の情報。ARKのゲーム画面から、管理者用コマンドを実行するために使用します。



上記3つのサーバー情報は、いずれもARKのゲーム画面からマルチサーバーに接続したり、マルチサーバーの管理をするために必要になる情報です。

今後のマルチサーバー運用で困らないためにも、例えば『メモ帳』などのアプリを使って忘れずに控えてゆきましょう。

以上でサーバー情報の確認作業は終わりです。

手順②:Steamにサーバー登録する

ARKのマルチサーバーの情報が確認できたら、今度はSteamの画面からマルチサーバーの情報を登録します。



▼Steamにサーバー登録する方法

  1. Steamのメニュー[表示->サーバー]を選択する
  2. ポップアップの[お気に入り]タブを選択して[サーバーを追加]をクリック
  3. サーバーのIPアドレスを入力する



まずはSteamの画面を開いてから、メニュー[表示->サーバー]を選択します。

Steamにサーバーを登録する_①

続けて開いたポップアップで[お気に入り]タブを選択してから[サーバーを追加]をクリックします。

Steamにサーバーを登録する_②

すると次の形で"IPアドレス"の入力が求められますので、事前に調べたARKのマルチサーバーのIPアドレスを入力して[このアドレスをお気に入りに追加]ボタンをします。

Steamにサーバーを登録する_③

すると元の画面に戻るとともに、Steamに対するARKのマルチサーバーの登録が完了します。

Steamにサーバーを登録する_④

作業③:ゲーム画面からサーバー接続する

ここまで出来たら、いよいよARKのゲーム画面からマルチサーバーに接続します。



まずはARKのゲーム画面で[サーバー検索]をクリックし、続く画面左下の"セッションフィルター"[お気に入りに]を選択します。

マルチサーバーに接続する_①
マルチサーバーに接続する_②

すると事前にSteamで登録したサーバーが一覧に表示されるので、サーバーを選択した状態で[開始]をクリックします。

マルチサーバーに接続する_③

ConoHaで作成したマルチサーバーに対する接続が行われ、上手くゆくとゲームが始まります。

マルチサーバーに接続する_④
マルチサーバーに接続する_⑤
マルチサーバーに接続する_⑥
マルチサーバーに接続する方法の解説は以上です。以降は接続したサーバー内でARKのマルチプレイを楽しむことができます。

この記事のまとめ

今回は人気のPCゲーム『ARK: Survival Evolved』におけるマルチサーバーの立て方をくわしく解説しました。



▼マルチサーバーの立て方[4ステップ]

  1. ConoHaの申込み画面に移動する
  2. ConoHaのアカウントを作成する
  3. 支払い方法を入力する
  4. サーバーを契約する


いずれもARKのマルチプレイを実現する、ARKのマルチサーバーを構築するうえで参考にして頂きたい情報です。



このほか当ブログでは【マインクラフト】関連の情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す
マインクラフトの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事