エックスサーバーでメールアドレスを作成する方法【初心者向き】

みやしも レンタルサーバー
エックスサーバーでメールアドレスを作成する方法について教えてください!
お任せください!この記事を読めば、誰でもかんたんにメールアドレスを作成することが出来ますよ!

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

エックスサーバーでメールアドレスを作成する方法について解説します

メールアドレスのイメージ

今回は人気のレンタルサーバー『エックスサーバー』で、メールアドレスを作成する方法について解説してゆきます。

メールアドレスの作成に必要なものは?

メールアドレスはレンタルサーバー独自ドメインを持っていれば、誰でも作成する事が出来ます。

例えば『example.com』という独自ドメインを取得していれば、『info@example.com』といった様なオリジナルのメールアドレスを作る事が可能です。

このうえで今回は、エックスサーバーを使用してゆきます。レンタルサーバーや独自ドメインをお持ちでない方は、まずは『エックスサーバー』に登録しましょう。

キャンペーンを利用すれば無料で独自ドメインを取得することもできます!

メールアドレスを作成する手順解説

エックスサーバーでメールアドレスを作成するには以下の3つのステップで行います。



▼メールアドレス作成のステップ

  • STEP1.サーバーパネルにログインする
  • STEP2.独自ドメインを選択する
  • STEP3.メールアドレスの発行
5分ほどあれば作業が完了出来ますよ!

STEP1.サーバーパネルにログインする

メールアドレスを作成するために、まずはエックスサーバーの『サーバーパネル』にログインします。



▼サーバーパネルはこちら

エックスサーバーのサーバーパネルを開く



上記からログインすると、エックスサーバーの『サーバーパネル』が開きますので、以降はこの画面を通して作業を行います。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法2
エックスサーバーの『サーバーパネル』

STEP2.独自ドメインを選択する

サーバーパネルにログイン出来たら、メールアドレスを発行する独自ドメインを選択しましょう。まずは『メールアカウント設定』のメニューをクリックします。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法3

続けて、メールアドレスを作成するドメインを選択してゆきます。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法4

ドメインを選択したら、『メールアカウント追加』メニューを選択しましょう。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法5

STEP3.メールアドレスの発行

このステップでメールアドレス作成の作業を行います。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法6
メールアカウントの設定画面

ここで入力する内容はつぎの通りです。



▼メールアカウントに設定する内容

メールアカウント メールアドレスの文字列を設定します。
パスワード

メールアカウントのパスワードを入力します。

※メールソフトなどを使う際に必要になるので控えておきます

容量 メールアカウントの容量(1~5000MB)を設定します。
コメント メールアドレスの用途など、メモを残す事ができます。
メールアカウントは作り直しが可能です。パスワード・容量を後から変更することも出来ます。

入力が終わったら『確認画面へ進む』ボタンを押して次に進みましょう。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法7

入力内容を確認して『追加する』ボタンを押すと、登録が完了してメールアドレスが発行されます。



以上でエックスサーバーでメールアドレスを作成する作業は終わりです。

この作業をくり返せば、複数のメールアドレスを作成することも出来ます。
作成したメールアドレスを使う方法について、続けて解説を行います!

作成したメールアドレスを使う方法は?

エックスサーバーで作成したメールアドレスは、次のような方法で使うことが出来ます。



▼メールアドレスを使う方法3つ

  • メールソフトで利用する
  • Gmailと連携させる
  • WEBメールを利用する

方法1.メールソフトで利用する

PCやスマホの『メールソフト』を使用した方法です。メールソフトを使うにはレンタルサーバーの次の情報が必要となります。



▼メールソフトの設定に必要な情報

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 受信サーバー(POP/IMAP)
  • 送信サーバー(SMTP)



エックスサーバーの場合はサーバーパネルの『メールソフト設定』メニューから、これらの情報が確認できます。

XSERVERでメールアドレスを発行する方法8
メールアドレスを作成したら、これらの情報も控えておく様にしましょう!

メールソフトは初心者にも操作がしやすく、複数のメールアドレスが管理できる『サンダーバード』の利用がおススメです。

方法2.Gmailと連携させる

Gmailと連携する

作成したメールアドレスを『Gmail』に設定すれば、Gmailでメールの受信ができる様になります。



Gmailでメールの受信設定をするには、次のWEBページが参考になります。



▼Google公式サイト

【Gmail】他のアカウントのメールを確認する

この方法では、作成したメールアドレスに対するメール受信のみ行えます。
普段からWEBブラウザでGmailを使っている方にとっては、この方法が扱いやすと思います!

方法3.WEBメールを利用する

XSERVERのWEBメール

エックスサーバーの『WEBメール』というサービスを使えば、発行したメールアドレスをWEBブラウザから利用できる様になります。



▼エックスサーバー公式サイト

WEBメールを今すぐ利用する

作成したメールアドレスとパスワードがあればすぐに利用できるため、今回紹介する方法の中でもっともお手軽に利用できる方法です。

ただし、メールを受信した際にスマホやパソコンに通知される仕組みがないため、重要なメールの見逃しをしないためにも、定期的にWEBメールを開いて確認をするなどの注意が必要です。

XSERVER(エックスサーバー)関連情報

xserver

今回はメールアドレスの作成方法を解説しましたが、この他にもXSEVERには、さまざまな機能や利用方法があります。

ブログの開設方法

XSERVERを使用したブログの開設方法について次の記事が参考になります。

データベースの作成方法

XSERVERでデータベースを作成する際には次の記事が参考になります。

FTPソフトの使用方法

ファイルをアップロードする際に役立つ『FTPソフト』の使用方法や、XSERVERの接続情報の調べ方について次の記事が参考になります。

SSH接続をする方法

クライアントソフトを使用してXSERVERにSSH接続する方法について解説しています。

Wordpressをインストールする方法

XSERVERにWordpressをインストールする方法について解説しています。

Laravelをインストールする方法

PHPフレームワークのLaravelをインストールする方法について解説しています。

いずれも画像付きでくわしく解説しています。エックスサーバー利用者ならブックマーク推奨の内容です!

この記事のまとめ

今回は人気のレンタルサーバー『エックスサーバー 』で、メールアドレスを作成する方法、そして、作成したメールアドスを利用する方法を解説してゆきました。

エックスサーバーならメールアドレスの作成がとても簡単にできます!

▼公式サイト

XSERVER(エックスサーバー)



WEBサイトやブログの開設で必要な独自ドメインですが、メールアドレスも作成しておくと多くの場面で役立ちます。



▼メールアドレスの用途

  • WEBサービスのアカウント開設
  • 個人やフリーランスの名刺への記載
  • お問い合わせフォームのメール受信
レンタルサーバーを有効活用して、インターネット上の活動に役立ててゆきましょう!

関連記事

最新記事