XSERVER(エックスサーバー)にSSH接続する方法を解説する

みやしも レンタルサーバー

今回はXSERVERのサーバーにSSH接続をする方法について解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

XSERVERでSSH接続する方法について解説します

xserver

ブログやWEBサイトの運営で多くの方に利用されている、人気レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』ですが、エックスサーバーでコマンドラインを利用するためには、サーバーSSH接続するための設定が必要です。



そこで今回は、XSERVERのサーバーにSSH接続する方法について解説してゆきます。



▼今回解説する内容

  • XSERVER側でのSSHの設定
  • PC側でのクライアントソフトの設定
画像付きで分かりやすく解説してゆきます!

XSERVER側のSSH設定

まずはXSERVER側でSSHに関する設定を行います。

サーバーパネルにログインする

XSERVERでSSHに関する作業を行うには『サーバーパネル』にログインする必要があります。

XSERVERのサーバーパネル

サーバーパネルの画面を開きサーバーID・パスワードを入力して『ログイン』ボタンを押すと、サーバーパネルにログインできます。

以降はXSERVERのサーバーパネルの作業内容について解説してゆきます。

SSHの設定を有効にする

XSEVERでSSHを利用するために、まずはSSHの設定を有効化します。



サーバーパネルにログインしたら、『SSH設定』のメニューを選択して画面を移動します。

XSERVER_SSH設定①
サーバーパネルの『SSH設定』のメニューをクリックします

つづけて開いた画面では、SSH設定の『ONにする』にチェックを入れた状態で『設定する』ボタンを押して次に進みます。

XSERVER_SSH設定②
XSERVERのSSH設定の有効化①

するとSSH設定の有効化が行われて、次の画面が表示されます。

XSERVER_SSH設定③
XSERVERのSSH設定の有効化②

XSERVERでSSHの設定を有効にする作業は以上で完了です。

公開鍵認証用鍵ペアの生成

続けて『公開鍵認証用鍵ペアの生成』という作業を行ってゆきます。



タブを選択して画面を開き、パスフレーズを入力したら『確認画面へ進む』をクリックして次に進みます。

パスフレーズは後ほど行うPC側のクライアントソフトでも使用するため、忘れずに控えておきます。
XSERVER_公開鍵認証用鍵ペアの生成①
XSERVERの公開鍵認証用鍵ペアの生成①

確認画面が表示されますので、続けて『生成する』のボタンを押して次に進みます。

XSERVER_公開鍵認証用鍵ペアの生成②
XSERVERの公開鍵認証用鍵ペアの生成②

作業が完了すると、最後につぎの様な画面が表示されます。

XSERVER_公開鍵認証用鍵ペアの生成③
XSERVERの公開鍵認証用鍵ペアの生成③
上記の画面が表示されるのと同時に、秘密鍵のダウンロードが始まりますので注意して確認しましょう。

秘密鍵をダウンロードする

先ほどの公開鍵認証用鍵ペアの生成の作業が完了すると、同時に『〇〇〇〇〇.key』といったファイル名のダウンロードが始まるのでPCに保存します。

XSERVER_公開鍵認証用鍵ペアの生成④
XSERVERで秘密鍵をダウンロードする
ダウンロードした秘密鍵は後ほど行うPC側のクライアントソフトでも使用するため、忘れずに保管しておきます。

以上でエックスサーバー側の作業はすべて完了です。

クライアントソフトの設定

sshのイメージ

PC側からサーバー接続を行える様にするために、クライアントソフトの設定を行います。

WindowsのSSH設定(TeraTerm)

Windowsの場合は『TeraTerm』というソフトを使用して作業を行います。

Windowsには標準で含まれていませんので、別途インストールする必要があります。

ホスト・TCPポートを入力する

TeraTermを起動すると『新しい接続』というウィンドウが開きますので、ここではホスト・TCPポートを入力します。



▼ホスト・TCPポート

  • ホスト:『sv〇〇〇.xserver.jp』といった形式で、〇〇〇にはサーバー番号が入ります
    ※XSERVERではサーバーパネルのサーバー情報画面で確認できます
  • TCPポート:XSERVERで使用している『10022』番を使用します



情報を入力し終えたら『OK』をクリックして次に進みましょう。

TeraTermでSSH接続する方法①
ホスト・TCPポートを入力する

セキュリティ警告の表示

すると次のような警告のウィンドウが表示されますが、ここは『続行』をクリックして先に進みます。

TeraTermでSSH接続する方法②
セキュリティ警告の表示

ユーザ情報の入力と秘密鍵の選択

続けてユーザ名・パスフレーズの入力と、秘密鍵のファイル選択を行います。



▼ユーザ名・パスフレーズ・秘密鍵

  • ユーザ名:XSERVERのサーバーIDを入力します
    ※サーバーパネルにログインする情報と同じです
  • パスフレーズ:パスフレーズを入力します
    ※XSERVERで作業した際に設定した内容と同じです
  • 秘密鍵:秘密鍵のファイル『〇〇〇〇〇.key』を選択します
    ※XSERVERで作業した際にダウンロードしたファイルです
TeraTermでSSH接続する方法③
ユーザ情報の入力と秘密鍵の選択

秘密鍵『〇〇〇〇.key』を見つける方法

また秘密鍵のファイルを選択する際には、ウィンドウ右下の『すべてのファイル』に表示を切り替えると、ファイルを見つける事ができます。

秘密鍵『〇〇〇〇.key』を見つける方法

情報を入力し終えたら『OK』をクリックして次に進みましょう。

サーバーの接続を確認する

以上の操作がうまくいくと、SSHを通してサーバーに接続することができます。

TeraTermでSSH接続する方法④
サーバーの接続を確認する

以上でTeraTermでサーバーに接続する方法の解説は終わりです。

XSERVERのサーバー上でコマンドラインを使用した各種作業が可能となります。
ここまでの作業、お疲れ様でした!

XSERVER(エックスサーバー)関連情報

xserver

今回は『SSH接続』する方法について解説しましたが、この他にもXSEVERには、さまざまな機能や利用方法があります。

ブログの開設方法

XSERVERを使用したブログの開設方法について次の記事が参考になります。

メールアドレスの作り方

XSERVERでメールアドレスを作成する際には次の記事が参考になります。

データベースの作成方法

XSERVERでデータベースを作成する際には次の記事が参考になります。

FTPソフトの使用方法

ファイルをアップロードする際に役立つ『FTPソフト』の使用方法や、XSERVERの接続情報の調べ方について次の記事が参考になります。

Wordpressをインストールする方法

XSERVERにWordpressをインストールする方法について解説しています。

Laravelをインストールする方法

PHPフレームワークのLaravelをインストールする方法について解説しています。

いずれも画像付きでくわしく解説しています。エックスサーバー利用者ならブックマーク推奨の内容です!

この記事のまとめ

今回はXSERVERのサーバーにSSH接続をする方法について解説を行いました。



▼この記事で解説した内容

  • XSERVER側でのSSHの設定
  • PC側でのクライアントソフトの設定
XSERVERにSSH接続をする際には、ぜひ参考にしてみて下さいね!

関連記事

最新記事