XSERVER(エックスサーバー)でデータベースを作成する方法

みやしも レンタルサーバー

今回は、XSERVER(エックスサーバー)でデータベースを作成する方法について解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

XSERVERでデータベースを作成する方法を解説する

xserver
レンタルサーバーのXSERVER(エックスサーバー)

今回は人気レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』で、データベースを作成する手順について詳しく解説してゆきます。

データベースとは情報を蓄積するためソフトウェアやシステムのことを言います。XSERVERでは『MySQL』というソフトウェアを利用する事ができます。

また、レンタルサーバーであるXSERVERでは、主に次のような用途でデータベースが必要となります。



▼XSERVERでデータベースが必要になる場面

  • Wordpressを使用したWEBサイト制作
  • Wordpressを使用したブログの制作
  • PHPを使用したWEBサービス開発
上記のとおり、XSERVERを利用する多くの作業で使われていることが分かります。

そこで今回は、XSERVERの利用において重要な役割をもつ、データベースの作成方法について詳しく解説してゆきます。アカウントをお持ちでない方は、次のページから作成することも出来ます。



▼公式サイトはこちら

XSERVER(エックスサーバー)

※クリックすると別ウィンドウで開きます

画像付きで分かりやすく解説してゆきますので、初心者でも安心して作業を進めることが出来ますよ!

データベースの作成手順

_1

XSERVER(エックスサーバー)でデータベースを作成するには、次の手順で作業を行う必要があります。



▼データベースの作成手順

  1. MySQLユーザの作成
  2. MySQLデータベースの作成
  3. ユーザーにアクセス権限を追加する



また、今回の作業はXSERVERの『サーバーパネル』で行います。作業するにあたっては、あらかじめログインしておく様にしましょう。



▼サーバーパネルはこちら

XSERVER-サーバーパネル※クリックすると別ウィンドウで開きます

Wordpressをインストールする方法_データベースの作成②.png
XSERVER(エックスサーバー)のサーバーパネル

MySQLユーザの作成

まずは『MySQL用のユーザ』の作成から作業を行います。



サーバーパネルのトップページから『MySQL設定⇒MySQLユーザ追加』の順にメニューを選択して、MySQLのユーザの作成画面を開きます。



つづけて開いた画面では『MySQLユーザID』と『パスワード』を入力のうえ、『確認画面へ進む』ボタンを押して次に進みます。

Wordpressをインストールする方法_データベースの作成①.png
XSERVER(エックスサーバー)のMySQLユーザ追加画面

最後に確認画面で『追加する』ボタンを押すと、MySQLのユーザーの追加が完了します。

MySQLデータベースの追加

続けて『MySQLデータベース』の追加作業を行います。



サーバーパネルのトップページから『MySQL設定->MySQL追加』の順にメニューを選択して、データベースの追加画面を開きます。



開いた画面では『MySQLデータベース名』を入力のうえ、『確認画面へ進む』ボタンを押して次に進みます。

この際に選択ができる文字コードは、基本的にはデフォルトの『UTF-8』のままで問題ありません。
Wordpressをインストールする方法_データベースの作成③.png
XSERVER(エックスサーバー)のMySQL追加画面

確認画面で『追加する』ボタンを押すとMySQLのユーザーの追加が完了します。

ユーザーにアクセス権限を追加する

MySQLユーザとデータベースの作成が出来たら、最後にユーザーにアクセス権限を追加します。

以前までの作業で作成した『ユーザーがデータベースを使える様にする』といった意味の作業内容となります。

『MySQL一覧』の画面を開くと作成したデータベースが一覧に並んでいると思いますが、ここで作成したデータベースの『アクセス権未所有ユーザ』の欄で、同じく作成したユーザーを選択して、そのまま『追加』ボタンを押します。

Wordpressをインストールする方法_データベースの作成④.png
XSERVER(エックスサーバー)のMySQL一覧画面

すると選択したユーザーがそのデータベースの『アクセス権所有ユーザ』の欄に追加され、以降はそのユーザーがデータベースにアクセスできる様になります。



以上でユーザーにアクセス権限を追加する作業は終わりです。

データベースを作成する作業は以上で完了となりますが、このうえ作成したデータベースの情報を控えておくと、後の作業をスムーズに進める事ができます。

データベースの情報を控えておく

本来のデータベース作成の目的でもあるWordpressやPHPのプログラムでは、そのデータベースを利用するための情報が必要となります。



このためにも、作成したデータベースの情報を控えておくと、続く作業をスムーズに進める事ができます。

MySQLデータベースの利用に必要な情報

MySQLデータベースの利用に必要な情報はつぎの通りです。



▼データベースの情報

MySQLホスト名

データベースのホスト名

例)〇〇〇〇〇.xserver.jp

MySQLデータベース名

データベースの名前

例)〇〇〇〇〇_wp

MySQLユーザーID

データベースのユーザー名

例)〇〇〇〇〇_wp

パスワード

**********
※MySQLユーザ作成時に入力した内容

上記はいずれもXSERVER(エックスサーバー)のサーバーパネルから確認出来ますので、データベースの作成をしたら忘れずに控えておく様にしましょう。
メモ帳などに保存しておくと、後で利用したり、人に伝えるなどの管理もしやすいと思います。

XSERVERのおすすめ情報

今回はデータベース作成方法を解説しましたが、この他にもXSEVER(エックスサーバー)には、さまざまな機能や利用方法があります。

ブログの開設方法

XSERVERを使用したブログの開設方法について次の記事が参考になります。

メールアドレスの作り方

XSERVERでメールアドレスを作成する際には次の記事が参考になります。

FTPソフトの使用方法

ファイルをアップロードする際に役立つ『FTPソフト』の使用方法や、XSERVERの接続情報の調べ方について次の記事が参考になります。

SSH接続をする方法

クライアントソフトを使用してXSERVERにSSH接続する方法について解説しています。

Wordpressをインストールする方法

XSERVERにWordpressをインストールする方法について解説しています。

Laravelをインストールする方法

PHPフレームワークのLaravelをインストールする方法について解説しています。

いずれも画像付きでくわしく解説しています。エックスサーバー利用者ならブックマーク推奨の内容です!

この記事のまとめ

今回は、XSERVERでデータベースを作成する方法について解説を行いました。



▼データベースの作成手順

  1. MySQLユーザの作成
  2. MySQLデータベースの作成
  3. ユーザーにアクセス権限を追加する



このうえでは、作成したデータベースの情報は控えておくと、続く作業をスムーズに進めることが出来ることも伝えさせて頂きました。

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事