XSERVER(エックスサーバー)にワードプレスをインストールする方法

みやしも レンタルサーバー

今回は、XSERVER(エックスサーバー)にWordpressをインストールする方法について解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

XSERVER(エックスサーバー)にワードプレスをインストールする方法

xserver
レンタルサーバーのXSERVER(エックスサーバー)

今回は人気レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』で、Wordpressを手動でインストールする方法について詳しく解説してゆきます。



XSERVERを始めとする各レンタルサーバーでは『Wordpress簡単インストール』といった初心者向きの機能も提供されていますが、今回はあくまで手動でインストールする方法の解説をおこないます。

このためにも今回は、FTPソフトでファイルをアップロードしたり、MySQLのデータベースを作成したりといった少しだけ難易度の高い作業が発生します。

よって初めてレンタルサーバーを利用する、かんたんにWordpressを利用したい、といった方には、次の記事で紹介する方法がおすすめです。

一方で今回のWordpressのインストール作業をおこなえば、例えば次のような、WEB全般で役立つ知識&スキルを身に付けることが出来ます。



▼身に付く知識やスキル

  • マニュアルでWordpressをインストールする方法
  • FTPソフトなどのツールの使い方
  • プログラミングに役立つ初歩的なWEB知識
今回紹介する方法には難しい作業もありますが、WEB全般について知識やスキルが身に付く、スキルアップできるという学習へのメリットがあります。
WEBに関して知識を深めたいと思う方は、ぜひ今回の方法をトライしてみて下さいね!

前置きが少し長くなってしまいましたが、それでは本題に入ります。

Wordpressのインストールに必要なもの

Wordpressのインストールの準備

今回紹介するWordpressのインストール方法では、あらかじめ次のものを用意する必要があります。



▼Wordpressのインストールに必要なもの

  • レンタルサーバー・ドメイン

  • Wordpressのファイル・データベース

  • FTPソフト・FTP接続情報



それぞれの必要性や準備の方法について、簡単に解説してゆきます。

ざっと見て把握できた方は、この章は読み飛ばしてしまってもOKです!

レンタルサーバー・ドメイン

今回の作業をすすめる上では、レンタルサーバーである『XSERVER(エックスサーバー)』のアカウントと、Wordpressを設置するための『ドメイン』が必要になります。



アカウントをお持ちでない方は、次のページから作成することが出来ます。



▼公式サイトはこちら

XSERVER(エックスサーバー)

※クリックすると別ウィンドウで開きます

Wordpress・データベース

XSERVER(エックスサーバー)でWordpressのインストール作業を進めるには『Wordpress』本体となるファイルと、MySQLで作成した『データベース』が必要になります。



これらはいずれも、次のような役割をもったWordpressの構成要素となります。



  1. Wordpress:WEBサイトや管理画面を含んでいるWordpressの本体
  2. データベース:Wordpressで作成した記事の情報を保存するデータベース
これらはWordpressのサイトからダウンロードしたり、XSERVERのサイトで作業をするなどの方法で準備してゆきます。またこの上では購入したり追加費用がかかるといった事もありません。

FTPソフト・FTP接続情報

パソコンからレンタルサーバーにファイルをアップロードするために『FTPソフト』というソフトウェアを使用します。



今回は『FileZilla』というソフトを例に作業をすすめてゆきます。FileZillaのインストール方法や基本的な使用方法については、次の記事が参考になります。

このほか作業をすすめるには、XSERVERに接続するための『FTP接続情報』も必要です。FTP接続情報の調べ方については次の記事が参考になります。

今回の作業を進めるためには、FTPソフトのインストールが済んでおり、かつ所有するエックスサーバーに接続できる状態が必要となります。FTPソフトの導入が済んでいない方は、まずは上記を参考にFTPソフトの準備から進めてゆきましょう。

Wordpressをインストールするために必要なものの解説は、以上となります。

次の章からは、実際にWordpressのインストール作業について解説してゆきます。

STEP1. Wordpressのファイルを取得する

Wordpress(ワードプレス)
Worpress(ワードプレス)

XSERVERにWordpressをインストールするために、まずは『Wordpress(ワードプレス)』本体ファイルの入手からおこないます。

Wordpressの日本語版をダウンロードする

以下のサイトから『Wordpress日本語版』のファイルをダウンロードしてゆきます。



▼Wordpress日本語サイト

Wordpress日本語版のサイトを開く※クリックすると別ウィンドウで開きます

Wordpressをインストールする方法_日本語版ファイル①.png
Wordpress(ワードプレス)の日本語サイト

上記サイトを開いたら、トップページにある『Wordpressをダウンロード』のボタンを押して、Wordpressのファイルをダウンロードしましょう。



WordpressのファイルはZip形式で取得出来ますので、ダウンロードしたらそのまま展開しましょう。すると、次のようなWordpressのファイル一式が取得できます。

Wordpressをインストールする方法_日本語版ファイル②.png
Wordpress(ワードプレス)のファイル一式
展開したファイルの一式はいずれもWordpressを構成するものであり、『PHP』と呼ばれるプログラミング言語で作成されています。Wordpressを利用するだけなならファイルの内容は詳しく理解する必要はありません。またこれらは後ほどサーバーにまとめてアップロードします。
ひとまずWordpressのファイルの準備は完了です。続けてデータベースの用意をしてゆきましょう!

STEP2. データベースを作成する

続けてWordpressで使用するためのデータベースを準備してゆきます。

データベースには『MySQL』を使用します

データベースとは情報を蓄積するためソフトウェアやシステムの事をいいますが、Wordpressでは『MySQL』という種類のデータベースを、ブログ記事などの文章をデータとして保存するために使用してゆきます。

MySQLのデータベースは、XSERVERの『サーバーパネル』上で作成することができます。作業を進めるためにも、先ずはサーバーパネルにログインしておきましょう。

▼サーバーパネルはこちら

XSERVER-サーバーパネル※クリックすると別ウィンドウで開きます

Wordpressをインストールする方法_データベースの作成②.png
XSERVER(エックスサーバー)のサーバーパネル

サーバーパネルの作業手順について

XSERVERのサーバーパネルでは、次の順番で作業をすすめてゆきます。



▼データベースの作成手順

  1. MySQLユーザの作成
  2. MySQLデータベースの作成
  3. ユーザーにアクセス権限を追加する



サーバーパネルにおける作業については、次の記事を参考にして進めてゆきましょう。

実際に『サーバーパネル』で作業を行うと、最終的には次のようなデータベースの情報が取得出来ると思います。



▼データベースの情報

MySQLホスト名

データベースのホスト名

例)〇〇〇〇〇.xserver.jp

MySQLデータベース名

データベースの名前

例)〇〇〇〇〇_wp

MySQLユーザーID

データベースのユーザー名

例)〇〇〇〇〇_wp

パスワード

**********
※MySQLユーザ作成時に入力した内容

後に続くWordpressのインストール作業では上記のデータベースの情報が必要となりますので、サーバーパネルで確認のうえ、忘れずに控えておく様にしましょう。

以上でデータベースの準備は終わりになります。

STEP3. Wordpressのファイルをアップロードする

Wordpressのファイルをアップロードする

ここからは、先にも準備した『Wordpressのファイル』と『MySQLのデータベース』を組み合わせつつ、Wordpressインストールの作業を進めてゆきます。



そのためにも、まずは『Wordpressのファイル』をサーバーにアップロードします。

FTPソフトでサーバーに接続する

Wordpressのファイルをアップロードするためには、冒頭にも登場した『FileZilla』というFTPソフトを使用します。

Wordpressをインストールする方法_インストール手順3.png
XSERVER(エックスサーバー)にFTP接続をする
このためにも先ずは、FTPソフト『FileZilla』でXSERVERのサーバーに対してFTP接続をしておく必要があります。

FTPソフトの使用方法やレンタルサーバーへの接続方法については、以下の記事が参考になります。



▼FileZillaの使い方

▼FTP接続情報の調べ方

ドキュメントルートへ移動する

FileZillaでサーバーに接続したら、Wordpressをインストールするための『ドキュメントルート』まで移動します。



ドキュメントルートとはインターネット上に公開されるサーバー上のディレクトリ(フォルダ)のことを言います。サーバーでは基本的に、ドキュメントルートにアップロードしたファイルをインターネット上に公開できる様になっています。



またXSERVERでは、ドキュメントルートとして定められているディレクトリがあらかじめ次のように決まってもいます。

▼XSERVERのドキュメントルート
/{ドメイン名}/public_html/

『{ドメイン名}』の部分はWordpressを設置するドメイン名に置き変えてください。例えば独自ドメインが『example.com』なら、そのドメインのドキュメントルートは『example.com/public_html』といった様になります。



FTPソフトで接続したXSERVERのディレクトリには、自分が取得したドメイン名と同じディレクトリがあると思いますので、あとは上記の通りたどっていくと、そのドメインのドキュメントルートに移動する事ができると思います。

初期ページのファイルを削除する

エックスサーバーの場合はドキュメントルートに初期ページのファイルが置かれています。これらのファイルはいずれも不要ですので、削除してから作業を進める様にします。

Wordpressをインストールする方法_インストール手順1.png
XSERVER(エックスサーバー)の初期ページのファイル

▼初期ページのファイル

  • default_page.png
  • index.html

Wordpressのファイルをアップロードする

FTPソフトでXSERVERに接続して、ドキュメントルートまで移動・初期ページのファイル削除の作業を終えたら、いよいよWordpressのファイルをアップロードします。



Wordpressのファイルをアップロードするうえでも、『FileZilla』の状態が次のようになっていることを確認しておきましょう。



▼FileZillaの状態

  • 左側のパネル:PCにダウンロードしたWordpressのフォルダに移動している
  • 右側のパネル:XSERVERのWordpressをインストールするドメインのドキュメントルートに移動している(初期ページのファイルは削除されている)



状態を確認のうえ、準備が良さそうなら『FileZilla』を次のように操作してWordpressファイルをアップロードします。

左側のパネルでWordpressのファイルを全て選択した状態で、メニューから『アップロード』を選択する。
Wordpressをインストールする方法_インストール手順4.png
必ず全てのファイルを選択してアップロードする様にしましょう

アップロードを開始すると次のようにWordpressのファイルがXSERVERに対してアップロードされてゆきます。この際にはFileZilla下部のパネルにて進捗状況を確認してゆきます。

Wordpressをインストールする方法_インストール手順5.png
アップロードには少しだけ時間がかかります

FileZillaでのアップロードが完了したらWEBブラウザを開き、Wordpressをインストールするドメインに対してアクセスしてみましょう。アップロードが上手くいっていれば、次の様なWEBページを見る事が出来ます。

Wordpressをインストールする方法_インストール手順6.png
Wordpress(ワードプレス)のインストール画面

上記がWordpressのインストール画面になります。

Wordpressのインストール画面を見る事が出来たら、サーバーのドキュメントルートにWordpressのファイルをアップロードが出来たという事の確認にもなります。

以上でWordpressのファイルをアップロード作業は完了です。

STEP4. Wordpressのインストールを行う

最後にサーバーにアップロードしたWordpressのインストール作業を行います。まずはインストール画面にある『さあ、始めましょう!』と書かれたボタンを押します。

Wordpressをインストールする方法_セットアップ1.png
Wordpress(ワードプレス)のインストール画面

続く画面では、Wordpressで使うデータベースの情報を入力します。



ここで控えておいたデータベースの情報を使います。画面に対して『データベース名』『ユーザー名』『パスワード』『データベースのホスト名』の情報を入力してゆきましょう。(※テーブル接頭辞はデフォルトの”wp_”のままでOKです)

Wordpressをインストールする方法_セットアップ2.png

情報を入力し終えたら『送信』ボタンを押して先に進みます。



データベースの設定が正しく通ると次の画面に進みますので、そのまま『インストール実行』ボタンを押します。

Wordpressをインストールする方法_セットアップ3.png

続く画面では、Wordpressで使うサイト名や管理画面にログインするためのユーザーの情報を作成します。



順番に『サイトのタイトル』『ユーザー名』『パスワード』『メールアドレス』を入力してゆきましょう。(※後から変える事も出来るので仮の内容でもOKです)

この時に登録するユーザーの情報は管理画面にログインするために必要なので、必ず控えておくようにしましょう。
Wordpressをインストールする方法_セットアップ4.png

入力が終わったら、最後に『Wordpressをインストール』ボタンを押します。インストールが無事に終わったら次の画面に移動します。

Wordpressをインストールする方法_セットアップ5.png

最後に『ログイン』ボタンを押すとWordpressのログイン画面に移動できます。

Wordpressをインストールする方法_セットアップ6.png

ここがWordpress管理画面へのログインページになります。このページは普段から使う事になるので、ブックマークなどにURLを保存しておくのが推奨です。

ログインするには先ほどの手順で作成した『ユーザー名(メールアドレス)』と『パスワード』を使用します。

以上でXSERVERにおけるWordpressのインストール作業はすべて完了となります。

ここまでの作業、本当にお疲れ様でした!

XSERVER(エックスサーバー)関連情報

xserver

今回はWordpressのインストール方法を解説しましたが、この他にもXSEVERには、さまざまな機能や利用方法があります。

ブログの開設方法

XSERVERを使用したブログの開設方法について次の記事が参考になります。

メールアドレスの作り方

XSERVERでメールアドレスを作成する際には次の記事が参考になります。

データベースの作成方法

XSERVERでデータベースを作成する際には次の記事が参考になります。

FTPソフトの使用方法

ファイルをアップロードする際に役立つ『FTPソフト』の使用方法や、XSERVERの接続情報の調べ方について次の記事が参考になります。

SSH接続をする方法

クライアントソフトを使用してXSERVERにSSH接続する方法について解説しています。

Laravelをインストールする方法

PHPフレームワークのLaravelをインストールする方法について解説しています。

いずれも画像付きでくわしく解説しています。エックスサーバー利用者ならブックマーク推奨の内容です!

この記事のまとめ

今回は人気レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』で、Wordpressを手動でインストールする方法について詳しく解説してきました。



今回紹介したWordpressをインストールする方法は、基本的にどのレンタルサーバーでも通用する方法ですので、一度覚えれば役立つ場面はかなり多いと思います。



また、データベースを作成する作業や、FTPソフトを使ったアップロードなどの作業は、いずれも応用が利く場面が多いスキルでもあります。

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事