XSERVERでドメインを設定する方法を解説する【初心者向き】

みやしも レンタルサーバー

今回は、レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』でドメインを設定する方法について、詳しく解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WEBサイトの公開に必要な作業について

xserver
レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』

レンタルサーバーを使ってWEBサイトを公開するには、その土台である『ドメイン』『サーバー』の準備が必要です。具体的には次のステップで作業を進めることで、インターネット上にWEBサイトが公開できます。



▼WEBサイトの公開に必要な作業

  1. WEBサイトの『ドメイン』を取得する
  2. 取得したドメインを『サーバー』に設定する ※この記事で解説します
  3. WEBサイトのファイルを設置(アップロード)する



ドメイン・サーバーはレンタルサーバーの管理画面で操作できる様になっていますが、とはいえ見慣れない管理画面や用語のために、初めて利用する方にとって戸惑うポイントも多いと思います。

そこで今回は、WEBサイト公開の起点ともいえる『ドメイン』の取得・設定に関する作業に焦点をあてて、『XSERVER(エックスサーバー)』における作業方法を解説してゆきます。
たくさんの画像を使用して詳しく解説してゆきます。初めての方も安心して作業をすすめてくださいね!

ドメインを取得する方法は?

今回の作業を進めるには、『XSERVER』のアカウントと、設定の対象となる『ドメイン』がある事が前提となります。ドメインは同じくXSERVERで取得できますので、お持ちでなければ、まずはドメインの取得から行いましょう。

ドメインを設定する方法

ドメインを設定する方法

XSERVERで取得したドメインをサーバーに設定する『ドメイン設定』の作業について解説してゆきます。

ドメインの設定画面を開く

取得したドメインをサーバーに設定するには、XSERVERの『サーバーパネル』にログインしてから作業を行います。



XSERVERの『サーバーパネル』は契約しているサーバーごとに分かれており、これらは『Xserverアカウント』のトップページから『サーバー管理』メニューをクリックすれば開けます。

XSERVER(エックスサーバー)でドメイン設定をする方法①
XSERVER(エックスサーバー)のサーバーパネルを開く方法
サーバーパネルを開いてから次に進みましょう!

ドメインの情報を設定する

サーバーパネルを開く事ができたら、続けてドメイン設定を行いましょう。作業を行うためにも、先ずはサーバーパネルの『ドメイン設定』メニューをクリックします。

XSERVER(エックスサーバー)でドメイン設定をする方法②
XSERVER(エックスサーバー)でドメイン設定を開く方法

『ドメイン設定』の画面を開いたら、設定するドメインの内容を入力してゆきます。

XSERVER(エックスサーバー)でドメイン設定をする方法③
XSERVER(エックスサーバー)のドメイン設定画面

ここでは基本的に、『ドメイン名』の所にサーバーに設定するドメインを入力すればOKです。また、次の2つチェックボックスはチェックされたままで問題ありません。



  • 無料独自SSLを利用する(推奨)
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)



入力が済んだら『確認画面へ進む』をクリックしましょう。また、続く画面で『追加する』をクリックすると、サーバーに対するドメインの設定が実行されます。ここは完了に少しだけ時間がかかりますので、次の画面が表示されるまで待機しましょう。



ドメインの設定が完了したら、つぎの様な画面が表示されます。

XSERVER(エックスサーバー)でドメイン設定をする方法⑤
XSERVER(エックスサーバー)のドメイン設定完了画面

ドメイン設定の作業は以上で完了ですが、この時点でサーバーに設定したドメインが『WEBブラウザからどの様に見えるのか?』という点について、引き続き補足をおこないます。

上記画像の『URL』のリンクをクリックして、ドメインに対してWEBブラウザからアクセスしてみましょう。

ドメインの状態をブラウザから確認する

サーバーに設定したドメインの状態を確認する

設定を行ったドメインが『WEBブラウザからどの様に見えるのか?』という点について、引き続き確認してゆきましょう。

状態①:『無効なURLです。』が表示される

まず、XSERVERでドメイン設定を行った直後の状態は次のようになります。

ドメインのWEBブラウザ確認①
ドメインを設定したサイトの状態:その1
『無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。』

こちらは、上記のメッセージ通りXSERVER側の処理が完了していない状態となります。たとえばXSERVERの管理画面で何かしら作業をするといった必要性もありません。



この状態は少しだけ待てば解消されますので、しばらく間をかけてから再度アクセスするなどしつつ、様子をうかがいましょう。

正常な状態なので安心してくださいね!

状態②:『このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません。』

しばらく間を空けると、アクセスの状態は次のように変化します。

ドメインのWEBブラウザ確認②
ドメインを設定したサイトの状態:その2
『このウェブスペースへは、まだホームページがアップロードされていません。早速、エックスサーバー上へファイルをアップロードしてみましょう。アップロードの方法などは、サポートマニュアルをご参照ください。』

上記のように書かれたページが表示されれば、XSERVER側の処理は完了しています。またこの状態はドメインを設定したサーバーに対して自由にWEBサイトが設置できることも意味しています。

あとはWEBサイトのファイルをサーバーに設置(アップロード)してゆけばWEBサイトが公開できます。
今回の解説内容は以上になります。ここまでの作業、お疲れ様でした!

ドメイン設定の次にすることは?

ドメイン設定の次にすることは?

ドメインの設定を済ませた次にすべきことは『WEBサイト』の設置(アップロード)であることは先にも解説した通りですが、ひとことに『WEBサイト』と言ってもその作り方も多種多様で、このための設置方法も手段ごとに変わってきます。

よってここからは、WEBサイトの設置方法ついて『手段別』に紹介してゆきます。

『Wordpress』を利用する場合

WEBサイトの構築にWordpress(ワードプレス)を利用する方には、次の記事が参考になります。

記事の内容にしたがって作業を進めれば、ドメインを設定したサーバーに対して『Wordpress』をインストールすることができます。

多くの目的に対応ができる、WEB制作の定番ともいえるべき手段ですよね!

『HTML&CSS』をアップロードする場合

HTML&CSSファイルをアップロードしたい。といった方には、次の記事が参考になります。

記事にしたがって作業をしてゆけば、『サーバー』や『FTPソフト』などの基本的な知識が身につくとともに、例えば、自分が作成したHTML&CSSをインターネット上に公開するといった事が可能になります。

WEBデザインやプログラミングを学習している方にはぜひトライしてほしい内容です!

この記事のまとめ

今回は、WEBサイトの公開に必要なつぎの作業について、人気レンタルサーバーの『XSERVER(エックスサーバー)』を例に紹介をしてゆきました。



▼WEBサイトの公開に必要な作業

  1. WEBサイトの『ドメイン』を取得する
  2. 取得したドメインを『サーバー』に設定する
  3. WEBサイトの本体を設置(アップロード)する
今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事