KAGOYA CLOUD VPSとは?サービス内容や評判を紹介する

  • レンタルサーバー
KAGOYA CLOUD VPSってどんなサービス?目的が達成できるのか、自分に向いているのか判断できません...。誰か詳しく教えて下さい!
KAGOYA CLOUD VPSは料金プランが柔軟なビジネス向けのVPSサービスです。目的にあったVPSなのか、一緒に確認してゆきましょう!

今回はVPSサービス『KAGOYA CLOUD VPS』のスペックや料金プラン、このほか気になる評判について、詳しく紹介してゆきます。あらかじめKAGOYA CLOUD VPSの概要をまとめると以下の様になります。



▼参考予算

初期費用 無料
月額費用 550~28,160円(税込)
最低利用期間 1日


▼スペック

CPU 1コア~12コア
メモリ 1GB~32GB
ディスク種類 SSD
ディスク容量 25~1,600GB



▼こんな方向き

  • ビジネス用途向きのVPSを探している
  • スペックや機能性を重視してVPSを選びたい
  • 料金プランが柔軟で、コスパ良く使えるVPSを探している



▼KAGOYA CLOUD VPSの評判

○良い評判
・国内VPSの中でもスペックの割にコスパがよい
・日額課金なので気軽に使うことができる
・ドメイン取得など他のサービスもまとめて管理できる
✕悪い評判
・動作がめちゃくちゃ不安定な時がある
・通信速度で早いときと遅いときの差がすごい
・コンソールの使い勝手が悪かった



▼公式サイト

KAGOYA CLOUD VPS



当記事では引き続き、KAGOYA CLOUD VPSのサービス内容や、Twitter上での評価・コメントを紹介してゆきます。

他のVPSサービスと比べながら料金や機能を検討したいという方は「国内VPSを徹底比較!!目的別のおススメも紹介する」の記事からご覧ください。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

KAGOYA CLOUD VPSのサービス紹介

KAGOYA CLOUD VPS(カゴヤクラウドブイピーエス)
KAGOYA CLOUD VPS

今回紹介する『KAGOYA CLOUD VPS(カゴヤクラウドブイピーエス)』は、カゴヤ・ジャパン株式会社が運営している日本のVPSサービスです。



KAGOYA CLOUD VPSでは、サーバー利用における各種機能が充実しているのはもちろん。必要性に合わせてコスパよく使えるよう設計された柔軟な料金プランが大きく魅力的なVPSです。

そんなKAGOYA CLOUD VPSは2011年のサービス開始以降、主には事業目的を背景とした【法人向き】のVPSとして広い層から支持されています。

VPSの利用でKAGOYA CLOUD VPSを検討するためにも、まずはサーバーのスペックや料金プランといった、基本的な情報から確認してゆきましょう。

サービス基本情報

▼概要情報

サービス名

KAGOYA CLOUD VPS

運営会社

カゴヤ・ジャパン株式会社

開始時期 2011年


▼参考予算

初期費用 無料
月額費用 550~28,160円(税込)
最低利用期間 1日


▼スペック

CPU 1コア~12コア
メモリ 1GB~32GB
ディスク種類 SSD
ディスク容量 25~1,600GB
仮想化方式 KVM
RAID RAID10


▼基本仕様

リージョン 京都
回線速度 100Mbps

SLA(サービス品質保証)

なし

標準機能

IPアドレス(※1個) / テンプレート / スペック変更(スケールアップ) / ローカルネットワーク / セキュリティグループ / ping監視 / DNS設定

OS CentOS Stream 8 / CentOS 8(64bit) / CentOS 7(64bit) / AlmaLinux 8 / Rocky Linux 8 / Ubuntu 20.04 / Ubuntu 18.04 / kusanagi
有料オプション スナップショット / 定期スナップショット保存 / ロードバランサー / IPアドレス追加 / 独自ドメイン取得 / SSL証明書 / SSL設置代行サービス
サポート体制 メール(※24時間受付) / 電話(※10:00~17:00) / 専任の技術者が24時間365日常駐 / 専用サポートサイトあり
上記はいずれもLinux版の情報になります。このほか詳しいサービス内容についてはKAGOYA CLOUD VPSの公式サイトからご確認ください。

料金プラン一覧

KAGOYA CLOUD VPSで利用できる料金プランは、Linux・Windowsでそれぞれ以下の様になっています。


▼料金プラン(Linux)

プラン 初期費用 月額費用 CPU メモリ ディスク
1GB 無料 550円(税込) 1コア 1GB SSD / 25GB
2GB 無料 880円(税込) 2コア 2GB SSD / 200GB
4GB 無料 1,540円(税込) 4コア 4GB SSD / 30GB
4GB 無料 3,520円(税込) 4コア 4GB SSD / 800GB
8GB 無料 7,040円(税込) 6コア 8GB SSD / 800GB
32GB 無料 28,160円(税込) 12コア 32GB SSD / 1600GB


▼料金プラン(Windows)

プラン 初期費用 月額費用 CPU メモリ ディスク
1GB 無料 770円(税込) 1コア 1GB SSD / 35GB
2GB 無料 1,045円(税込) 2コア 2GB SSD / 40GB
4GB 無料 3,960円(税込) 4コア 4GB SSD / 120GB
6GB 無料 6,380円(税込) 6コア 6GB SSD / 120GB
8GB 無料 12,100円(税込) 8コア 8GB SSD / 200GB
16GB 無料 22,495円(税込) 10コア 16GB SSD / 600GB
上記の初期費用や月額費用には、長期割引などを除いた通常料金1ヶ月分の金額を記載しています。このほかKAGOYA CLOUD VPSでは、ディスク容量に合わせて選べる幅広いプランも用意されています。詳しくは公式サイトからご確認ください。

▼公式サイト

KAGOYA CLOUD VPS

KAGOYA CLOUD VPSサービスの特徴

KAGOYA CLOUD VPSのサービスの特徴をまとめると次の様になります。



▼サービスの特徴

  • 全てのプランを初期費用0円で使い始めることができる
  • 直感的で使いやすい専用のコントロールパネルが用意されている
  • サーバーのスペック変更や追加がコントロールパネルから簡単にできる
  • CentOSやUbuntuなどのOSテンプレートが豊富に用意されている
  • SSDが搭載された、高速に動作するサーバーが利用できる
  • ローカルネットワークを使った複数台構成に対応できる
  • 自社データセンターの高速回線が利用できる
上記の通りKAGOYA CLOUD VPSは、料金プラン・機能性ともに充実したサービスです。個人でのプライベート目的はもちろん、ビジネスを背景とした法人などでの利用目的でも十分に活用する事ができますよ。

KAGOYA CLOUD VPSはこんな方向き

以上をふまえKAGOYA CLOUD VPSは、次のような方におススメする事ができます。



▼こんな方向き

  • ビジネス用途向きのVPSを探している
  • スペックや機能性を重視してVPSを選びたい
  • 料金プランが柔軟で、コスパ良く使えるVPSを探している
  • Webサービスやシステム開発に適したVPSを探している
  • サービス拡大に対応できる、冗長性に優れたVPSを探している
  • 設備やサポート体制に対して、信頼性のあるVPSを探している
これまでの通りKAGOYA CLOUD VPSは【ビジネス・法人向き】としての側面が強いVPSサービスです。上記にあてはまる方は前向きに利用を検討してみましょう。

▼公式サイト

KAGOYA CLOUD VPS

引き続き、KAGOYA CLOUD VPSの気になる評判も確認してゆきましょう!

KAGOYA CLOUD VPSの評判

KAGOYA CLOUD VPSの評判
KAGOYA CLOUD VPSの評判

ここからは実際のKAGOYA CLOUD VPSの評判を紹介してゆきます。今回はTwitterから抜粋した良い評判、悪い評判を順番に掲載してゆきます。



▼KAGOYA CLOUD VPSの評判まとめ

○良い評判
・国内VPSの中でもスペックの割にコスパがよい
・日額課金なので気軽に使うことができる
・ドメイン取得など他のサービスもまとめて管理できる
✕悪い評判
・動作がめちゃくちゃ不安定な時がある
・通信速度で早いときと遅いときの差がすごい
・コンソールの使い勝手が悪かった

良い評価・コメント

まずはKAGOYA CLOUD VPSの良い評価・コメントから確認してみましょう。

kagoya cloud vps凄いね、cpu 1コア、ram 1GB、SSD 25GBで1日20円か。DNSはAWSに任せてドメインはお名前とかに任せて…安いテスト環境作れるぞ…!

引用:Twitter

KAGOYA CLOUD VPS 全面リニューアルとな。月額660円で 2 core / 2GB RAM / 25GB SSD。これは国内VPS低価格帯の中でもWebARENA Indigoの強力なライバルになりそう。

引用:Twitter

Dockerを実際にVPS環境で動かしてみようと思い、カゴヤVPSを契約してみました。日額課金なので気軽に仮想環境を立てられるのが良いですね。カゴヤの公式記事を参考にWordPress + MySQLコンテナを立ち上げてみたけど、すぐに環境が出来上がる事に軽く感動しています。

引用:Twitter

クラウド(Azure,AWS)が正義!それ以外は認めん!みたいな最近の風潮ができてしまっているけど、料金面を見ると既存のKagoyaなどのサーバのほうがいいかなと思ってしまう。

引用:Twitter

カゴヤってvpsもwordpress用のレンタルサーバーもやってるんか。しかも安いね、ドメイン取得もできる。1つのサービスで全部管理したい気持ちもあるし乗り換えようかなぁ
引用:Twitter

悪い評価・コメント

一方ではKAGOYA CLOUD VPSの悪い評価・コメントにも目を向けてみましょう。

kagoya Cloudで障害が発生している気がします。なんだかめちゃくちゃ不安定なのは気のせい?

引用:Twitter

カゴヤVPS、コマンド叩いても返ってくるのめっちゃ遅いねんけどなんなのこれ…リソース足りない感じじゃないんだけど。早いときと遅いときの差がすごい激しい。
引用:Twitter

VPS (KAGOYA CLOUD)に巨大ファイルを送ってるんですけど、40Mbpsぐらいしか出ません。Netflixのサーバには上りで280Mbpsぐらい出るのに。
引用:Twitter

カゴヤのvpsとflexcloudを並行して触ってると、明らかにflexcloudのが接続安定してるのが今更ながらわかる。高いだけはある
引用:Twitter

なんでカゴヤVPSのコンソールは本家Ubuntuみたいに遡れない上にコピペもできひんねん。サポートに言葉が通じずともグラフィカルUIでわかりやすい海外他社の方が圧倒的に良くない?

引用:Twitter

以上のように、Twitterにおける良い評価・悪い評価を順番に紹介してゆきました。



どのようなサービスでも利用する背景や、こだわりなどの観点は人によって様々です。この上では良い意見や悪い意見といった、サービスに対して抱く感想もまた、人によって大きく変わってゆきます。

いずれの評価・コメントをふまえて『同じ使い方をしている人はいるか?』『共感できるポイント多いか?』という風に検討すると、自分にとって納得できる選び方ができると思います。

最終的にサービスの良し悪しを決めるのは自分自身ですので、無料期間やキャンペーンを活かして実際に使って試してみるのもオススメですよ。



▼公式サイト

KAGOYA CLOUD VPS



このほか他のVPSサービスと比較しながら検討を重ねたいという方には次の記事もオススメです。

この記事のまとめ

今回はKAGOYA CLOUD VPSのサービス内容や、気になる評判をまとめて紹介してゆきました。いずれもKAGOYA CLOUD VPSの検討や、VPS選びのためにご活用ください。



▼公式サイト

KAGOYA CLOUD VPS



このほか当ブログでは【レンタルサーバー】に関連する情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す

レンタルサーバーの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事