PC初心者に覚えて欲しい基本的なショートカットキー8個を解説する

  • パソコン
パソコンを使った作業を効率化しいな!初心者におススメのショートカットキーがあれば教えて下さい!
お任せ下さい!初心者向きのショートカットキーをまとめました!この記事で詳しく解説してゆきます。

上記の通り今回は、PC初心者にまっさきに覚えて欲しい基本的なショートカットキー8個を解説してゆきます。



▼この記事の解説内容

  • PC操作の基本的なショートカットキー8個
  • 基本的なショートカットキーの使い方
ショートカットキーは意識して使うほど、手に馴染むように覚えることが出来ます。当記事は実際にPCを開きながら読み進めるのがおススメです。
パソコン初心者の方やPC作業を効率化したいという方は、ぜひチェックして行って下さいね!

ショートカットキー全体の情報を確認したいという方は「ショートカットキーまとめ」の記事からご覧ください。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

基本的なショートカットキー8個

基本的なショートカットキー8個

それでは早速解説をスタートします。今回紹介する基本的なショートカットキーは以下の通りです。



▼基本的なショートカットキー

Windows macOS
コピー Ctrl + C Command + C
切り取り Ctrl + X Command + X
貼り付け Ctrl + V Command + V
複数選択 Shift + 矢印キー Command + 矢印キー
全選択 Ctrl + A Command + A
元に戻す Ctrl + Z Command + Z
やり直し Ctrl + Y Command + Shift + Z
保存 Ctrl + S Command + S

ショートカットキーが使える場面は?

上記のショートカットキーは以下のような場面で使うことが出来ます。



▼ショートカットキーが使える場面

  • ファイルやフォルダの整理
  • 「メモ帳」や「Word」を使った文章の作成
  • 「Excel」を使った表計算データの作成
パソコンを使った作業では「Word」や「Excel」などの多くのアプリを使うと思います。この上でも上記の8個は、どのアプリでも共通して使えるもっとも使用頻度の高いショートカットキーとなっています。
作業効率を上げるためにも出番の多いショートカットキーから優先して覚えてゆきましょう。引き続き、各ショートカットキーの使い方を順番に解説してゆきます!

基本①:コピー・切り取り・貼り付け

まずはコピー・切り取り・貼り付けのショートカットキーを覚えてゆきましょう。



ショートカットキーを覚えるコツは、一つずつ覚えるのではなくショートカットキーを組み合わせた一連の操作として覚えることです。コピー・切り取り・貼り付けのショートカットキーなら、それぞれ以下の様に組み合わせて使うことができます。



▼ショートカットキー

  • コピー&ペースト・・・「Ctrl+C」でコピーして、別の場所に「Ctrl+V」で貼り付ける。
  • カット&ペースト・・・「Ctrl+X」でコピーして、別の場所に「Ctrl+V」で貼り付ける。



上記のショートカットキーはいずれもコピーや移動などの操作をするために利用する事ができます。例えばあるフォルダ内のファイルを別のファイルにコピーしようと思ったら次の様に操作します。

ショートカットキーの使い方_コピー・切り取り・貼り付け_1
例:コピー&ペースト

同じ様にフォルダ内のファイルを移動させようと思ったら次の様に操作します。

ショートカットキーの使い方_コピー・切り取り・貼り付け_2
例:カット&ペースト
上記の一連の操作は「コピー&ペースト」や「カット&ペースト」という名前でも呼ばれ、特にコピー&ペーストは略して【コピペ】とも呼ばれるほど代表的な操作方法となっています。
いずれも使用頻度の高いショートカットキーです。実際にくり返し使いながら覚えてゆきましょう!

基本②:複数選択・全選択

続けて複数選択・全選択のショートカットキーを覚えてゆきましょう。複数選択・全選択の操作は、それぞれ次のショートカットキーで行うことが出来ます。



▼ショートカットキー

  • 複数選択・・・Shift + 矢印キー
  • 全選択・・・Ctrl + A



複数選択や全選択はいずれもPC操作をまとめて行うために利用することが出来ます。例えば、2つのファイルを選択して別のフォルダにコピーしようと思ったら次の様に操作します。

ショートカットキーの使い方_複数選択・全選択_1
例:複数選択してコピー

同じ様に、フォルダ内のファイルを全てコピーしようと思ったら次の様に操作します。

ショートカットキーの使い方_複数選択・全選択_2
例:全選択してコピー
上記の通り【複数選択】【全選択】のショートカットキーを使えば、ファイルや文章の操作をまとめて行うことが出来る様になります。
初めに登場した「コピー&ペースト」や「カット&ペースト」と組み合わせて使ってみよう!

基本③:元に戻す・やり直し

元に戻す・やり直しの操作は、主には「Word」や「Excel」などのアプリを使った編集作業で役立つショートカットキーです。



▼ショートカットキー

  • 元に戻す・・・Ctrl + Z
  • やり直し・・・Ctrl + Y



いずれも利用すると、アプリの編集状態を戻したり、戻した作業を再び進めたり、といった操作ができる様になります。例えば「Word」で消してしまった文章を元に戻そうと思ったら次の様に操作します。



まずはWord上で文章を削除した状態を作ります。

ショートカットキーの使い方_元に戻す・やり直し_1
例:元に戻す・やり直し①
ショートカットキーの使い方_元に戻す・やり直し_2
例:元に戻す・やり直し②

上記の状態からショートカットキー【Ctrl+Z】を押すと一つ前の状態に戻すことができます。

ショートカットキーの使い方_元に戻す・やり直し_3
例:元に戻す・やり直し③

上記の【Ctrl+Z】で一つ前に戻した状態から【Ctrl+Y】を押すと、再び文章が削除された状態に戻すことができます。

ショートカットキーの使い方_元に戻す・やり直し_4
例:元に戻す・やり直し④
上記の通り【元に戻す】【やり直し】のショートカットキーを使えば、アプリにおける編集状態の前後を操作できる様になります。
少しだけややこしいとも思いますので、実際にアプリ上で試しながら覚えてゆきましょう!

基本④:保存する

最後に保存のショートカットキーを紹介します。PCにおける保存の操作は次のショートカットキーで行うことが出来ます。



▼ショートカットキー

  • 保存・・・Ctrl+S



例えばWordの編集状態を保存しようと思ったら次のように操作することができます。

ショートカットキーの使い方_保存
例:Wordの編集状態を保存する
実際に【Ctrl+S】で保存できたかを確認する意味でも、アプリを開き直してファイルの状態を確認してみる事をおススメします。
もちろん他のアプリでも【Ctrl+S】を使って保存することが出来ますよ。コピペと同じくらい使用頻度の高いショートカットキーです!

まとめ:PC作業を効率的にしよう

この記事ではPC初心者にまっさきに覚えて欲しい基本的なショートカットキー8個を解説してゆきました。



▼この記事の解説内容

  • PC操作の基本的なショートカットキー8個
  • 基本的なショートカットキーの使い方



今回紹介した内容を含むショートカットキを一覧で確認したいという方には、次の記事もオススメです。

ショートカットキーを覚えてPC作業を効率化させたい、作業で役立つ便利なショートカットキーが知りたい、という方には、ぜひご活用頂きたい情報です。



このほか当ブログではパソコン作業で役立つ情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す

パソコン関連の記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事