レンタルサーバーの仕組みをイラスト付きで解説します【初心者向き】

みやしも レンタルサーバー
WEBサイトやブログを作るには『レンタルサーバー』が必要だと聞いたけど、具体的にどの様なことが出来るのでしょうか。。レンタルサーバーの仕組みについて詳しく教えてください!


今回は、こんな疑問に対してお応えしてゆきます。



▼今回のポイント

  • レンタルサーバーは『ドメイン』『サーバー』を貸してくれる
  • レンタルサーバーはおよそ月額で1,000円前後から利用ができる
  • はじめて利用する方は『共用サーバー』を選んでおけばOK



レンタルサーバーの仕組みをイラスト付きで徹底解説するとともに、記事の後半では、20分でWEBサイトやブログが開設できるおススメの利用方法も紹介してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WEBサイトを作るために必要なものは?

WEBサイトを作るために必要なものは?

今回の疑問にお応えするためにも、まずは、WEBサイトを作るために必要なものについて解説を行います。

WEBサイト・サーバー・ドメイン

WEBサイトを作るためには、主には次の3つが必要になります。また、それぞれの関係は『家を建てること』に例えてイメージすると分かりやすいと思います。



▼WEBサイトを作るために必要なもの

  • WEBサイト・・・インターネット上の『家』
  • サーバー・・・インターネット上の『土地』
  • ドメイン・・・インターネット上の『住所』
レンタルサーバー -WEBサイトを作るために必要なもの
WEBサイトを作るために必要なもの

『WEBサイト(=家)』は、主に『HTML&CSS』や『Wordpress(ワードプレス)』(※後述)といったもので作成されますが、いずれもその実態はただのファイルのため、通常パソコン上に保存しているだけでは他の誰からも見る事はできません。



WEBサイト(=家)をインターネット上に公開するには、実際の家を建てるのと同じように、置くための土地や、訪れるための住所といった存在が必要です。



そしてその役割は『サーバー(=土地)』『ドメイン(=住所)』といった存在が担っており、WEBサイトを公開するためには基本的に、上記の3つを全て揃える必要があります。

インターネット上に『WEBサイト』を公開するためには、実際の土地や住所といった存在にかわる『サーバー』『ドメイン』が必要になる。

レンタルサーバーとは?

今回の記事で解説する『レンタルサーバー』を一言で説明すると、次のようになります。

WEBサイトを作るために必要なサーバーやドメインの貸し出しを行ってくれるWEBサービス。ホスティングサービスとも呼ばれています。

上記のとおり、レンタルサーバーは『サーバー』『ドメイン』を用意するために利用できます。また先ほどにも登場した例を使用すると、レンタルサーバーの役割は次の様に表現できます。

レンタルサーバーの利用イメージ

  • WEBサイト・・・インターネット上の『家』【Wordpress等で作成する】
  • サーバー・・・インターネット上の『土地』 【レンタルサーバーに借りる】
  • ドメイン・・・インターネット上の『住所』 【レンタルサーバーに借りる】
レンタルサーバー - レンタルサーバーの利用イメージ
レンタルサーバーの利用イメージ
WEBサイトの公開方法をより具体的にイメージしてゆきましょう!

レンタルサーバーの必要性について

そもそもサーバーやドメインはなぜ借りる必要があるのか?と思われる方もいると思いますが、その答えは簡単で、サーバーやドメインは自分では用意することが難しいものだからです。

サーバーなどを用意するにはコンピュータ・ネットワーク・セキュリティなどの広い専門知識が必要です。また、維持するためには多くのコストが必要が必要になります。

このためにも『WEBサイト』を運営する場合はサーバー・ドメインをまとめて管理してくれる『レンタルサーバー』を利用するのが一般的な方法となっており、レンタルサーバーは個人から企業まで、幅広い用途のために利用されています。

レンタルサーバーは『ドメイン』『サーバー』を貸し出してくれるWEBサービス。WEBサイト運営の手段として、個人から企業まで広く利用されています。

人気のレンタルサーバー紹介

上記にも解説した『レンタルサーバー』には現在、以下のようなサービスが人気となっています。



XSERVER

サービス:『XSERVER(エックスサーバー)』

運営会社:エックスサーバー株式会社


公式サイトはこちら

ConoHa WING

サービス:『ConoHa WING(コノハウィング)』

運営会社:GMOインターネット株式会社


公式サイトはこちら
mixhost

サービス:『mixhost(ミックスホスト)』

運営会社:アズポケット株式会社


公式サイトはこちら
ColorfulBox

サービス:『ColorfulBox(カラフルボックス)』

運営会社:株式会社カラフルラボ


公式サイトはこちら
ロリポップ

サービス:『ロリポップ』

運営会社:GMOペパボ株式会社


公式サイトはこちら
上記サービスの利用時にも役立つ、レンタルサーバーの仕組みや料金について引き続き解説を行います!

レンタルサーバーの仕組みについて

レンタルサーバーの仕組みについて

レンタルサーバーは『サーバー』や『ドメイン』が利用できるWEBサービスであることをお伝えさせて頂きましたが、ここからは更に掘り下げて、レンタルサーバーの仕組みについて詳しく解説してゆきます。

レンタルサーバーで出来ること

レンタルサーバーを利用すると、具体的には次のことが出来る様になります。



▼レンタルサーバーで出来ること

  • WEBサイト(ホームページ)の運営
  • Wordpressブログの運営
  • メールアドレスの運用

WEBサイト(ホームページ)の運営

レンタルサーバーで出来ること①_WEBサイト

レンタルサーバーを利用すれば『WEBサイト』の公開や運営ができます。



普段からPCやスマホで見る『WEBサイト』の多くは、個人や企業が契約しているレンタルサーバー上に置かれています。 (※ちなみに『ホームページ』という言葉もありますが意味合いとしてはWEBサイトと同じです)

多くのWEBサイトは『Wordpress(ワードプレス)』というソフトウェアを使って構築されており、レンタルサーバーにインストールすれば利用できます。元々は『ブログ』を構築するために開発されたソフトウェアですが、現在ではWEBサイトを構築するためのツールとしても広く利用されています。

Wordpressブログの運営

レンタルサーバーで出来ること②_ブログ

レンタルサーバーは、先にも登場したWordpressを使用した『ブログ』の運営にも利用されています。



Wrodpressで作成したブログは『A8.net』や『もしもアフィリエイト』を初めとするアフィリエイトサービスや、『Googleアドセンス』などの広告配信サービスを利用した収益化を前提にしたブログとして利用ができます。



以前はやや専門的なツールとしての色が強かったWordpressですが、現在では個人や企業・副業や専業などの目的を問わず、多くの方に利用されています。

とくに最近の副業ブームの後押しや、レンタルサーバーのサービスの充実もあり、『Wordpressブログ』の利用者は増加傾向にあります。

メールアドレスの運用

レンタルサーバーで出来ること③_メール

レンタルサーバーを利用すれば『ドメイン』を利用してオリジナルのメールアドレスを作成する、必要に応じて複数のメールアドレス作成する、といった『メールアドレスの運用』にも利用可能です。



レンタルサーバーで契約したドメインさえあれば、誰でもメールアドレスが作成できるため、先述の『WEBサイト』や『ブログ』と同様に、多くの方に利用されています。

基本的にはどの様な目的にも利用できますが、多くはプライベート・ビジネスなどの用途で分けるなど、GmailやYahooメールなどの『フリーメール』とは区別して使われています。

サーバー・ドメインの利用方法

レンタルサーバーでは、基本的に次のような考え方にしたがってサーバー・ドメインが利用できます。



▼基本的な考え方

  • サーバー・ドメインは個別に契約する
  • サーバー・ドメインは複数契約できる
  • サーバー・ドメインを組み合わせて利用する
レンタルサーバー - サービス構成
サーバー・ドメインの利用方法

サーバー・ドメインは個別に契約する

WEBサイトは基本的に『サーバー』と『ドメイン』が1つずつあれば作ることが出来ますが、レンタルサーバーでは基本的に、これらを個別に契約して用意してゆきます。

初めて利用する方は、まずはアカウントを作成してからその中でサーバー・ドメインをそれぞれ1つずつ契約する。といった風にイメージすると良いと思います。

サーバー・ドメインは複数契約できる

レンタルサーバーではサーバー・ドメインを複数契約するこも出来ます。このためにも例えば、1つのアカウントで複数のWEBサイトを運営するといったことも可能になります。

将来的に複数のWEBサイトを運営するような場合があっても、WEBサイトごとにアカウントを作り分ける、といった事をする必要はありません。

サーバー・ドメインを組み合わせて利用する

レンタルサーバーでは、サーバーとドメインを組み合わせて利用してゆきます。この作業はサーバーとドメインの紐づけ、といった風にも表現されており、レンタルサーバーのサービス内で作業することが出来ます。

上記の図にも表現されていますが、1つのサーバーで複数のWEBサイト(ドメイン)を運営することも可能です。

レンタルサーバーの利用料金について

レンタルサーバーを利用するにあたっては、およそ月額で1,000円前後の費用感をイメージしておくと良いと思います。



レンタルサーバーにもブランドが沢山あり、それぞれが用意している『プラン』によってその利用料金も異なりますが、多くは上記にもお伝えした通りの費用感から利用ができます。

料金イメージ(ConoHa WING)
ConoHa WING(※2021年2月時点)

レンタルサーバーの『プラン』は基本的にサーバーの性能によって分かれています。



サーバーの性能には専用・共用サーバーの違いや容量などの違いがありますが、個人利用の多くの用途においては、基本的に『1,000円前後のプラン』を選んでおけばまず問題なく利用ができます。

実際に月数万以上のPVを集めているWEBサイトの多くも同様のプランで運営されています。後から必要に応じてプランを変える事も可能です。
ちなみに僕のブログも同じ価格帯のレンタルサーバーで運営されています。

また利用料金の内訳には、月々の『サーバー費用(+初期費用)』と年間の『ドメイン費用』の2つがありますが、いずれのブランドでも、月割りのランニングコスト(=WEBサイトの維持費用)は1,000円前後に収まる印象です。

レンタルサーバーの費用感にはおよそ月額1,000円前後を見ておけばOK。プランにも色々ありますが、個人利用における多くの目的にはこの価格帯で問題なく利用ができる。

このほか各レンタルサーバーでは、定期的に『ドメイン永久無料』『初期費用無料』といったキャンペーンも行っています。レンタルサーバーをお得に利用するためにも、これらキャンペーンは見逃さない様に注意しましょう。

サーバーの種類について

サーバーのイメージ_2

レンタルサーバーで借りることが出来るサーバーの種類には、大きく分けて『共用サーバー』『専用サーバー』の2つがあります。ここでは、これら2つの違いについて解説を行います。

共用サーバーについて

レンタルサーバーにおける『共用サーバー』とは、1台のサーバーを複数人で使用する形態のことを言います。今回の記事の例えにならうなら、一つの土地を複数人で分割して利用する、といった風にイメージできます。



▼共用サーバーのメリット・デメリット

  • 【メリット】サーバーが安く利用出来る(月額1,000円前後)
  • 【デメリット】他のサーバー利用者の影響を受ける可能性がある(例:アクセスが増大してサーバー速度が一時的に低下するなど)
個人がレンタルサーバーを利用する多くのケースでは『共用サーバー』が利用されています。本記事で紹介している『月額1,000円前後』の費用感も共用サーバーが前提となります。

専用サーバーについて

一方での『専用サーバー』は1台のサーバーを専有して利用することが出来る形態となっており、この場合には次のようなメリット・デメリットが発生します。



▼専用サーバーのメリット・デメリット

  • 【メリット】他の影響を受けずに安定してサーバーが利用できる
  • 【デメリット】サーバーの利用金額が高くなる(月額3,000円~数万円)
大量のアクセスが発生するWEBサイトの所有者や、サーバーに複雑な要件を必要とする組織・企業が『専用サーバー』を利用しています。

共用・専用はどちらを使えば良いのか?

レンタルサーバーの利用を検討中の方には共有・専用のどちらを使えばよいのか?と、疑問に思われる方もいると思いますが、基本的には『共有サーバー』を使用しておけば間違いないです。

その理由は何よりも『サーバーが安く利用出来る』からです。

レンタルサーバーを利用する背景には収益化を目的にしたビジネスでの利用が多いと思いますが、この上でも『月額1,000円前後』から利用できるコスト感はお財布にやさしいですし、例えば、ブログなどの副業でレンタルサーバーを利用したとしても十分に回収できる金額です。

ちなみに僕はこのブログを通して、約5カ月でサーバー費用の回収に成功しました。

デメリットの『他の利用者の影響を受ける可能性』という点を気にされる方も居ると思いますが、ぶっちゃけ最近のレンタルサーバーの性能はめちゃくちゃ優秀なので、初めての方がゼロからWEBサイトを立ち上げるようなケースにおいては、この影響はほとんど無いと思ってOKです。

初めてレンタルサーバーを利用するなら『共用サーバー』を選んでおけばOK。月々1,000円前後で利用できるのでランニングコストも回収しやすい。

共有サーバーを使うべきケース

そんな『共有サーバー』は、以下の様なケースで使うのが良いと言えます。



  • 初めてレンタルサーバーを利用する
  • コストを抑えてWEBサイトの運営がしたい
  • 副業でかんたんにWordpressブログを利用したい


▼XSERVER(エックスサーバー)

※クリックすると別タブで開きます

専用サーバーを使うべきケース

一方での『専用サーバー』は、以下の様なケースで使うのが良いと言えます。



  • 最初から大量のアクセスを伴うWEBサイトの運営が決まっている
  • 組織としてリスクが無い、常に安定して稼働するサーバーを利用したい
  • 共用サーバーでは実現できない専門的なWEBサイトの運用を伴う場合



▼XSERVER(エックスサーバー)

今すぐ『専用サーバー』を利用する

※クリックすると別タブで開きます

つづけて、初めての方に最適なレンタルサーバーのおススメ利用方法について紹介してゆきます!

初心者におススメの利用方法【20分でOK

初心者におススメの利用方法

ここからは、初めての方に最適なレンタルサーバーのおススメ利用方法について紹介を行います。

クイックスタートを利用しよう

初めての方におススメしたいのが『クイックスタート』の仕組みを利用してレンタルサーバーに契約するという方法。



クイックスタートとは『WEBサイトの開設に必要なすべての作業を一度に済ませてしまえる』という、レンタルサーバーのサービスのことで、クイックスタートを利用すれば、WEBサイトの開設に必要な次の作業がショートカットできます。



▼WEBサイトの公開に必要な作業

  1. サーバー・ドメインの契約
  2. サーバー~ドメインの紐づけ
  3. 無料SSL(https化)の設定
  4. Wordpressのインストール・テーマ導入
レンタルサーバー -クイックスタートの利用イメージ
クイックスタートの利用イメージ

クイックスタートを利用する一番のメリットは、初めての方にとってハードルが高い作業をレンタルサーバー側が補うことで、WEBサイト公開への時間を大幅に短縮できるという点にあります。

クイックスタートを利用すればアカウントの作成からWEBサイトの公開まで約20分で完了できます。

たとえば完全初心者の方がゼロからWEBサイトを作ろうと思った場合、旧来の手順でレンタルサーバーを使用して作業をすると、学習や作業のために、おそらく数時間~数日を必要とします。(僕も初めての時には結構な時間がかかり、大変でした。。)



レンタルサーバーの利用目的にはWEBサイトを公開して目標を達成することにあると思いますので、公開までに多くの時間を浪費するより、時短をしていちはやくWEBサイトを公開した方が目標達成への近道と言えます。

このためにも当ブログでは、WEBサイトの公開を優先して行える『クイックスタート』の利用を推奨しています。

良く分からないまま使い始めるのちょっと怖い!と不安に思われる方もいるかもですが、レンタルサーバーは実際に使いながら覚えた方が早いという点も、同じく理由として挙がります。

ぶっちゃけ使わない機能も多い…!レンタルサーバーは、使いながら効率よく覚えてしまうくらいでちょうど良いと思っています。
当ブログにはレンタルサーバーの関連記事をはじめ、その他ツールの利用方法も充実していますので、WEBサイトの運用でも引き続きご利用いただけます。

今回は、僕のおススメする2つのレンタルサーバーで『クイックスタート』を利用する方法について紹介してゆきます。



▼おすすめレンタルサーバー2つ

  • XSERVER(エックスサーバー)
  • ConoHa WING(コノハウィング)



また、今回の開設内容にもある通り、初めての方に最適なつぎの条件を満たしてレンタルサーバーが利用できます。



▼初めての方に最適な利用条件

  • 費用感:月額1,000円前後
  • サーバーの種類:共有サーバー
  • WEBサイト:Wordpress(ワードプレス)

XSERVER(エックスサーバー)

エックスサーバーの場合は、トップページからサーバーの申し込み画面に進み、次のようにすれば『クイックスタート』が利用できます。

XSERVER(エックスサーバー)でクイックスタートを利用する方法
XSERVER(エックスサーバー)でクイックスタートを利用する方法

\WEBサイト・ブログの開設まで約20分/

XSERVERで今すぐ開設する ※クリックすると別タブで開きます

ConoHa WING(コノハウィング)

コノハウィングの場合は、トップページからサーバーの申し込み画面に進み、次のようにすれば『クイックスタート』が利用できます。

ConoHa WING(コノハウィング)でクイックスタートを利用する方法
ConoHa WING(コノハウィング)でクイックスタートを利用する方法

\WEBサイト・ブログの開設まで約20分/

ConoHa WINGで今すぐ開設する

※クリックすると別タブで開きます



ConoHa WINGの詳しい作業方法が知りたい方は、次の記事もご参考ください。

この記事のまとめ

今回はレンタルサーバーの仕組みについて詳しく解説してゆきました。



  • レンタルサーバーは『ドメイン』『サーバー』を貸してくれるWEBサービス
  • レンタルサーバーはおよそ月額で1,000円前後から利用ができる
  • はじめて利用する方は『共用サーバー』を選んでおけばOK



また、レンタルサーバーにはたくさんのブランドやプランがありますが、初めての方には月額1,000円前後から利用ができて、ハードルが高い初期設定を一括して行って貰える『クイックスタート』を利用した方法がおすすめです。



▼XSERVER(エックスサーバー)

XSERVERでクイックスタートを利用する


▼ConoHa WING(コノハウィング)

ConoHa WINGでクイックスタートを利用する

当ブログにはレンタルサーバーの関連記事も用意しています。レンタルサーバーの利用開始後も、引き続きご利用いただけますと嬉しく思います。
今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事