WinSCPとは?インストール方法や使い方を解説する【初心者向け】

  • WEB制作

この記事では、FTPソフト『WinSCP(ウィン・エスピーシー)』の使い方について詳しく解説してゆきます。



▼この記事で分かること

  • FTPソフト『WinSCP』の特徴やできること
  • WinSCPをインストールする方法
  • WinSCPの使い方・オススメ設定



WinSCPを使ってできることのイメージをあらかじめ伝えさせて頂くと、次のようになります。

WinSCPでできること

WinSCPを導入すれば上記のように、サーバーに対するファイルのアップロードやダウンロードなどの操作を【ドラッグ&ドロップ】だけで行えるようになります。

お使いのPCで上記の作業を出来るようにするためにも、今回はソフトの導入方法から使い方までを徹底的に解説してゆきます。
Webサイトの制作やプログラミングなどの作業目的でサーバーにファイルをアップロードしたい!という方にはぜひチェックしてほしい内容です。

Webサイトの制作で使用するツール・ソフトの全体的な情報が知りたいという方は「Web制作で使うツール・ソフトを徹底解説する」の記事からご覧ください。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WinSCPの特徴・できること

【FTPソフト】WinSCPの特徴・できること

まずはじめに、WinSCPのソフトの特徴や、WinSCPを使って出来ることについて順番に解説をしてゆきます。

WinSCPとは?

今回の記事で紹介する『WinSCP(ウィン・エスピーシー)』は、Windowsで利用することができる【FTPソフト】のひとつです。



▼公式サイト

WinSCP(ウィン・エスピーシー)



FTPソフトとは「FTP」などの通信規格を通した【ファイルの送受信】を行うためのソフト全般のことであり、利用すればサーバーに対するファイルのダウンロードやアップロードの作業が行える様になります。

▼FTPについて
FTPは「File Transfer Protocol」の頭文字からできた言葉で、サーバー・PC間でファイルを送受信するために使う通信規格(プロトコル)のことです。一般的な「FTP」のほか、暗号化されより安全に利用できる「FTPS」「SFTP」などの派生型もあります。

WinSCPの特徴

FTPソフトの一つである『WinSCP』には次のような特徴があります。



▼WinSCPの特徴

  • 通信プロトコルを利用したファイルの送受信に対応
    ※SFTP/SCP/FTP等に対応できます
  • ドラッグ&ドロップ操作でダウンロード・アップロードが簡単
  • 「VisualStudioCode」などの外部エディタと関連付けて利用できる
  • フリーソフトとして公開されてるので無料で利用できる
  • WindowsのPCでのみ利用することができる



上記の通りWinSCPは、一般的な「FTPソフト」としてPC~サーバー間における【ファイルの送受信】のために使うことができます。

このほか【ドラッグ&ドロップ】操作でかんたんにアップロード・ダウンロード作業が行えたり、VisualStudioCodeなどの【外部エディタ】と関連付けて利用できるなど、とても高機能なFTPソフトになっています。
Windowsユーザーには真っ先におススメしたいFTPソフトです。日本語にも対応しているので使いやすいですよ!

Windowsでのみ利用できます

上記の通りWinSCPは、【Windows】のPCでのみ利用できるソフトになりますのでご注意ください。一方でMacやLinuxなどのOSで使えるFTPソフトをお探しの方には『FileZilla(ファイルジラ)』がオススメです。



FTPソフト「FileZilla」のインストール方法や使い方については、つぎの記事が参考になります。

WinSCPのインストール方法

【FTPソフト】WinSCPのインストール方法

ここからは、WinSCPをPCに導入するための具体的な手順について解説をしてゆきます。

手順①:WinSCPをダウンロードする

WinSCPをPCに導入するためにも、まずはWinSCPのインストーラーを取得してゆきましょう。インストーラーは次のWinSCPの公式サイトからダウンロードできます。



▼公式サイト

WinSCP(ウィン・エスピーシー)

WinSCPのダウンロード①
WinSCPのダウンロード①

上記ページにある【DOWNLOAD WinSCP】をクリックすると、WinSCPのインストーラーがダウンロードできます。

WinSCPのダウンロード②

手順②:インストーラーを実行する

WinSCPのインストーラーが入手できたら、続けてPCにインストールしましょう。先ほどの手順でダウンロードしたインストーラーを実行するとWinSCPのインストールが始まります。



インストーラーが起動したら、まずは使用許諾の確認画面で「許諾」をクリックして次に進みます。

WinSCPのインストール①
WinSCPのインストール①

続けて表示させるセットアップ形式では、「標準的なインストール(推奨)」を選択した状態で「次へ」をクリックして次に進みます。

WinSCPのインストール②
WinSCPのインストール②

続けてユーザの初期設定を行います。ここでは「コマンダー」と「エクスプローラー」の2種類が選択できますが、おススメの設定は【エクスプローラー】です。

WinSCPのインストール③
WinSCPのインストール③

上記の「エクスプローラー」を選択すると、冒頭でも登場したイメージのように、WinSCPをWindowsのエクスプローラーと同じような感覚で使うことができるようになります。

本記事では引き続き「エクスプローラー」を選択した状態のWinSCPを前提に解説を行います。この設定はインストール後の【設定(歯車アイコン)→環境→外観】のメニューから変更することも出来ます。

ユーザの初期設定の選択ができたら「次へ」をクリックして次に進み、続く画面で「インストール」をクリックするとWinSCPのインストールが行われます。

WinSCPのインストール④
WinSCPのインストール④
最後につぎの画面が表示されれば、WinSCPのインストールは完了です。
WinSCPのインストール⑤
WinSCPのインストール⑤
以上でインストールに関する解説は終わりです。続けてWinSCPの使い方を解説してゆきます!

WinSCP使い方

ここからはサーバーに接続する方法や、ダウンロード・アップロードの方法など、WinSCPの基本的な使い方に関する解説を行います。

使い方①:サーバーに接続する方法

まずはWinSCPでサーバーに接続する方法から確認してゆきましょう。



WinSCPでは、ソフトの起動持に開かれる【ログイン】のポップアップから、次のよう操作するとサーバーに接続できます。



▼サーバー接続の流れ

  1. 「新しいサイト」を選択する
  2. 【転送プロトコル】を選択する
    ※SFTP/SCP/FTP/WebDAV/Amazon S3
  3. 接続先サーバーの【ホスト名・ポート番号】を入力する
  4. 接続先サーバーの【ユーザー名・パスワード】を入力する
  5. 「ログイン」ボタンをクリックする
WinSCPのサーバー接続の流れ
WinSCPのサーバー接続の流れ
上記の操作を行いサーバーへの接続が成功すると、WinSCPの画面上に接続先サーバーのフォルダが表示されます。
WinSCPでサーバー接続した状態
WinSCPでサーバー接続した状態

また、サーバー接続に必要になる情報は、いずれも接続先サーバーの管理画面などから調べることができます。例えばレンタルサーバーの「XSERVER」では、サーバーパネルの【FTPソフト設定】の画面から確認できます。

【XSERVER】FTPソフト設定
【XSERVER】FTPソフト設定

このほか主要レンタルサーバーの接続情報の調べ方が知りたい方には、次の記事もオススメです。

使い方②:フォルダの表示形式を変更する

WinSCPのデフォルトではフォルダがアイコン形式で表示されていますが、この様なフォルダの表示形式は【表示】メニューから変更することができます。

WinSCPのフォルダの表示形式を変更する方法
フォルダの表示形式を変更する方法

▼フォルダの表示形式

  • 大きいアイコン(デフォルト値)
  • 小さいアイコン
  • 一覧
  • 詳細
おススメはファイルのサイズや更新日時、パーミッション(権限)、所有者の情報などが一目して把握できる『詳細』の設定です。設定を『詳細』に変えるとWinSCPの表示状態は次のように変化します。
フォルダの表示形式を【詳細】にした状態
フォルダの表示形式を【詳細】にした状態

サーバー上では目的を問わずさまざまなファイルを管理するため、上記の様にすると各フォルダ・ファイルの状態をより把握しやすくすできます。

慣れると効率的に作業できるので、表示形式には『詳細』を設定するのがおススメです!

使い方③:フォルダの移動方法

WinSCPでは、次の3つの方法を使って任意のフォルダまで移動することが出来ます。



▼フォルダの移動方法

  1. フォルダをダブルクリックする
  2. 左側のツリーからフォルダを選択する
  3. 上部のアドレスバーにパスを入力する
WinSCPのフォルダの移動方法①
WinSCPのフォルダの移動方法①

基本的にはWindowsのPCと同じ要領でサーバー内のフォルダを移動できます。また【戻る】【進む】【一つ上へ】といったその他の操作は、いずれも画面上部のアイコンか、ショートカットキーから行うことができます。

WinSCPのフォルダの移動方法②
WinSCPのフォルダの移動方法②

▼その他の移動方法

  1. 戻る・進む・・・Alt+Leftキー、Alt+Rightキー
  2. 上へ・・・Alt+Upキー
  3. 一番上へ・・・Ctr+\
  4. ホームへ・・・Ctr+H
戻る・進む・上へのショートカットキーが効率化できておススメです。いろいろ試して使い方を覚えてゆきましょう!

使い方④:ファイルをアップロードする方法

WinSCPでファイルのアップロードする方法はかんたんです。



具体的にはデスクトップやエクスプローラー上のファイルを、WinSCPで開いたサーバーの上のフォルダに対して【ドラッグ&ドロップ】操作をするだけで行うことができます。アップロード作業のイメージとしては次のようになります。

WinSCP:ファイルのアップロード方法
WinSCP:ファイルのアップロード方法
続けてダウンロードの方法も確認してゆきましょう!

使い方⑤:ファイルをダウンロードする方法

WinSCPでダウンロードをする方法もかんたんで、WinSCPからエクスプローラー(もしくはデスクトップ)に対する【ドラッグ&ドロップ】操作のみで行うことができます。



ダウンロード作業のイメージとしては次のようになります。

WinSCP:ファイルのダウンロード方法
WinSCP:ファイルのダウンロード方法
WinSCPなら感覚的にアップロード・ダウンロードの作業を行うことができます!
以上でWinSCPの使い方の解説はすべて終わりです。

この記事のまとめ

この記事では、FTPソフト『WinSCP(ウィン・エスピーシー)』のインストール方法や使い方を詳しく解説してゆきました。



WinSCPで出来ることについて知りたい、インストール方法や使い方が詳しく知りたいという方には、ぜひ参考にして頂きたい情報です。



このほか当ブログでは【Web制作】で役立つ情報を掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す

Web制作の記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事