【FTPソフト】FileZillaの使い方を初心者向けに解説する

みやしも WEB制作
FTPソフトの『FileZilla』の使い方を教えて下さい!
お任せください。この記事を読めばFileZillaの使い方が分かりますよ!画像付きで詳しく解説してゆきます。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

FTPソフト『FileZilla』について

FTPソフトのイメージ.png

今回の内容をスムーズに理解してもらうためにも、はじめに『FileZilla』がどの様なソフトであるかについて簡単に解説してゆきます。

FileZilla(ファイルジラ)とは?

今回紹介する『FileZilla(ファイルジラ)』とは、サーバーに対するファイルの送受信(ダウンロード・アップロード)のために使用するFTPソフトのことです。

▼FTPとは
FTPは『File Transfer Protocol』の頭文字を取った言葉で、サーバー・パソコン間でファイルを送受信するために使う通信規格(プロトコル)のこと。通常のFTPのほか、暗号化され、より安全に利用できるFTPS・SFTPなどの派生型もあります。

上記のFTPを扱うことができるソフト全般を指して「FTPソフト(ファイル転送ソフト)」と呼びます。この上でFTPソフトの一つである『FileZilla』には、次のような特徴があります。



▼FileZillaの特徴

  • フリーソフトなので「無料」で利用できる
  • FTP・SFTP・FTPSいずれの通信規格にも対応している
  • Windows・Mac両方のパソコンで利用できる
  • 日本語にも対応している



上記のような特徴から『FileZilla』は人気のFTPソフトとなっており、現在では個人から企業まで、幅広い目的のために使われています。



このほかサーバー・ファイルの関係、WEBサイト全般の仕組みが気になる方には、次の記事もおすすめです。

レンタルサーバーでもサポートされています

人気ソフトである『File Zilla』は、多くのレンタルサーバーでも利用がサポートされている状況です。



XSERVER

公式サイト:『XSERVER(エックスサーバー)

運営会社:エックスサーバー株式会社


サポートページを開く
ConoHa WING

サービス:『ConoHa WING(コノハウィング)

運営会社:GMOインターネット株式会社


サポートページを開く

ロリポップ

サービス:『ロリポップ!レンタルサーバー

運営会社:GMOペパボ株式会社


サポートページを開く

今回の作業を進めるためには「WEBサーバー」が必要になります。サーバーをお持ちでない方は、まずは上記レンタルサーバーを使った準備から進めてゆきましょう。
すこし長くなってしまいましたが、前置きは以上になります!

FTPソフト『FileZilla』のインストール方法

インストールのイメージ_1

それではここから、FTPソフト『FileZilla』の使い方について解説してゆきます。まずはFilleZillaのインストール作業から始めましょう。

1.FileZillaをダウンロードする

FileZillaをインストールをするためにも、まずは公式サイトからFileZillaのインストーラーをダウンロードしてゆきます。



▼FileZilla公式サイト

ダウンロードページを開く



ダウンロードページを開いたら、「Download FileZilla Client」と書かれた所から自分のPCに合ったバージョンをダウンロードします。

FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_1.png
自分のPCに合ったバージョンを選択しましょう

また、Windowsの場合は32bit版・64bit版の違いがあるため、ダウンロードの際には注意が必要です。Windows10では次のようにすれば32bit版・64bit版の違いが確認できます。



▼32bit版・64bit版の違いを確認する方法(Windows10)

  1. デスクトップ画面の左下にある Windowsアイコンを『右クリック』する
  2. 『システム』の項目を左クリックする
  3. 『システム情報』の項目を左クリックする
PCに対応するバージョンを確認したら『FileZilla』をダウンロードしましょう!
ダウンロードが完了すると、ブラウザの下の方にファイルが表示されます。続けてクリックすると『FileZilla』のインストーラーが開きます。
FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_2.png
WEBブラウザにダウンロードしたファイルが表示されます

2.FileZillaをPCにインストールする

ダウンロードしたファイルをクリックすると、今度はFileZillaのインストーラーが起動するため、そのままインストール作業を進めてゆきましょう。

インストールの基本設定を行う

まずはライセンスに同意するなどの基本的な設定から行います。

とくに難しい作業はないので安心して進めましょう!
FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_5.png
『I Agree』をクリックして次に進みます
FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_6.png
『Next』をクリックして次に進みます
FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_7.png
『Next』をクリックして次に進みます

インストールする場所を選択する

『Choose Install Location』という項目ではFileZillaをインストールするフォルダが選択できますが、基本的にはデフォルトのままでOKです。とくに必要が無い限り『Next』をクリックして次に進みましょう

FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_8.png
『Next』をクリックして次に進みましょう

インストールを開始する

最後に『Install』をクリックするとFileZillaのインストールが始まります。

FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_9.png
『Install』をクリックするとFileZillaのインストールが始まります
インストールには少しだけ時間がかかりますので、そのまま待機しましょう。

ソフトを起動する

インストールが完了すると次のようなポップアップが表示されます。この状態で『Start FileZilla now(今すぐFileZillaを起動する)』にチェックを入れて『Finish』をクリックしましょう。

FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_10.png
『Start FileZilla now』にチェックを入れて『Finish』をクリックしましょう。
するとインストーラーが終了して、最後に『FileZilla』のソフトが起動します。
FTPソフト『FileZilla』のインストール方法_11.png
起動したFileZillaの画面
以上でFTPソフト『FileZilla』のインストールは完了!ひとまずお疲れ様です!

FTPソフト『FileZilla』の使い方

FTPソフト『FileZilla』の使い方

ここからは、FTPソフト『FileZilla』の使い方について解説してゆきます。

FileZillaのソフトの見方

冒頭でも少し触れましたが、FileZillaは自分のPCとサーバーを接続してファイルの送受信(ダウンロード・アップロード)を行うソフトです。



このためFileZillaも、自分のPCサーバーの状態が確認できる画面の作りになっています。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_1.png
左側のパネル『自分のPC』で、右側のパネル『サーバー』を表しています

基本的にはこの2つのパネルを使い、自分のPCとサーバー間でファイルの送受信を行います。

常に左右のパネルの状態に注目しながら作業を行いましょう!

PC上のフォルダを表示したり移動する

左右のパネルは上下に分かれており、それぞれ①フォルダの一覧②フォルダの中身を表しています。また、左側のパネルで フォルダ名などをクリックすれば、PC上のフォルダ間を移動することが出来ます。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_2.png

ためしに左側のパネルの方で適当なフォルダの中身を表示してみましょう、それが自分のパソコンのデータである事が分かると思います。

いくつかフォルダを表示してみるなどして、試してみましょう!

その他のパネルについて

その他にも上下に色々なパネルがくっついていますが、これらはログを表示したりアップロード・ダウンロードの進捗を表示するために利用するパネルです。

特に操作を必要とするものではありません。

FileZillaでサーバーに接続する方法

FileZillaを使ってサーバーに接続するには、まずはサーバーの『接続情報』をFileZillaに登録する必要があります。

サイトマネージャーを開く

接続情報を作るために、まずは左上のアイコンを押して『サイトマネージャー』を開きます。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_3.png
サイトマネージャーはこのアイコンです

アイコンを押すとサイトマネージャーが開きます。

FileZillaのサイトマネージャー

サイトマネージャーでは、ブラウザのブックマーク機能のような感じで、接続情報を保存したり、複数の接続情報を扱うことが出来るようになっています

FileZillaでは必ず使う機能なので、覚えておきましょう!

サーバーの接続情報を登録する

サイトマネージャーを使った接続情報の登録手順は次のようになります。



▼接続情報の登録の流れ

  1. 『新しいサイト』を押す

  2. サーバーの情報を入力する

  3. 『接続』を押す

FTPソフト『FileZilla』の使い方_4.png
①~③の順番に操作を行うとサーバーの接続情報が登録できます

おおまかな流れはこんな感じです。



②サーバーの情報を入力するの部分では、実際に接続するサーバーの情報を入力する必要があり、具体的に次のような内容になります。



▼サーバー接続に必要な情報

①プロトコル
『FTP-ファイル転送プロトコル』を選びます
②ホスト

サーバーごとに設定内容が異なります

※ホストの確認方法について後述します

③暗号化
『使用可能なら明示的なFTP over TLSが必要』を選びます
④ログオンタイプ
『通常』を選びます
⑤ユーザー

サーバーごとに設定内容が異なります

※ユーザーの確認方法について後述します

⑥パスワード

サーバーごとに設定内容が異なります

※パスワードの確認方法について後述します



基本的にはこれだけの情報があればサーバーに接続をすることが出来ます。



またホスト・ユーザー・パスワードは、自分が契約しているレンタルサーバーなど、接続したいサーバーごとに確認する必要があります。

サーバーの接続情報の調べ方

サーバーの接続情報の調べ方について、つぎの記事が参考になります。

FileZillaでサーバーに接続してみよう

ここから実際に、FileZillaを使ってサーバー接続する方法について解説してゆきます。



先ほどの復習にもなりますが、サーバーの接続情報を確認する事ができたら、再び『サイトマネージャー』を開き、サーバーの接続情報の登録を行います。



サイトマネージャーを開いたら、次の流れでサーバーの接続情報を登録してゆきます。



▼サーバー接続情報の登録の流れ

  1. 「新しいサイト」 をクリックする

  2. 名前を付ける

  3. ホストを入力する

  4. ユーザー・パスワード入力する

  5. 設定を入力し終えたら「接続」を押す

FTPソフト『FileZilla』の使い方_5.png
枠外の部分については基本的には変えなくてOKです

一通り入力を終えたら最後に『接続』ボタンを押してサーバーに接続してみましょう。設定が通ると無事サーバーに接続する事が出来ますよ。

接続が完了する前に『不明な証明書』というポップアップが表示される事がありますが、この場合は『今後は常にこの証明書を信用する』にチェックを入れて『OK』をクリックすれば大丈夫です。

サーバーに接続ができると、FileZillaのサーバー側のパネルにフォルダやファイルの一覧が表示される様になります。また、同時にログの部分には次のようなメッセージが表示されます。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_7.png
接続が成功した時に表示されるメッセージ

一方では、接続が失敗すると次のようなメッセージが表示されます。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_8.png
接続が失敗した時に表示されるメッセージ

もし接続が失敗してしまっても、サーバーや自分のパソコンに影響がある訳では無いのでご安心を。

サイトマネージャーを開き、設定内容などに誤りが無いかをもう一度確認してみましょう。

サーバーへの接続が上手くいくと、FileZillaは次の様な状態になります。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_9.png
サーバーに接続する方法の解説は以上となります!

ファイルのダウンロード・アップロードをする

サーバーへの接続が出来たら、実際にサーバーのファイルをダウンロードしたり、逆にパソコンのファイルをサーバーにアップロードする、といった事をしてみましょう。

ドラッグ&ドロップ操作で簡単にできますよ!

ファイルをダウンロードする方法

先ずはファイルをダウンロードする方法です。



ダウンロードは『右側のパネル』で選択したフォルダやファイルを『左側のパネル』にドラッグ&ドロップで移動すれば出来ます。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_ダウンロード.png
ダウンロードは『右側から左側にドラッグ&ドロップ』する

ファイルをアップロードする方法

今度は逆にファイルをアップロードする方法です。



アップロードは『左側のパネル』で選択したフォルダやファイルを『右側のパネル』にドラッグ&ドロップで移動すれば出来ます。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_アップロード.png
アップロードは『左側から右側にドラッグ&ドロップ』する

ファイルを編集する方法

ダウンロード/アップロードが出来たら今度はファイルを編集する方法です。



ファイルを編集する際は編集したいファイルを右クリックして『編集』メニューを選択します。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_ファイルの編集.png
ファイルを右クリックして『編集』メニューを選択します

するとテキストエディターが開きますので、内容を編集して保存しましょう。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_ファイルの編集(VSCode).png
テキストエディターが開かれるので自由に編集しましょう

テキストエディターで保存をすると今度はFileZillaでウィンドウが開き、そのファイルをアップロードをするかどうかを聞かれます。そのままファイルをアップロードする場合は『はい』を、その時点ではアップロードしないなら『いいえ』を選択しましょう。

FTPソフト『FileZilla』の使い方_ファイルの編集(保存).png
編集したファイルのアップロードのする・しないを選択できます

『はい』を選択するとその時点で編集したファイルのアップロードが行われます。

この様に『ファイルを編集⇒ファイルをアップロード』といった流れで作業すれば、WEBサイトなどのファイルを更新することが可能です。

この記事のまとめ

今回は、FTPソフトの『FileZilla(ファイルジラ)』の使い方について、画像つきで詳しく解説してゆきました。



WEBサイトの制作やプログラミングなどの目的で、ぜひ参考にして頂きたい情報です。

一人での学習に限界を感じたら...

ひとりで問題解決するのが難しい...!独学での作業に限界を感じてしまった...!、という方には、つぎのサービスがオススメです。

侍エンジニアプラス

月額2,980円のサブスク型だから、お手ごろで試しやすい。Q&A掲示板・マンツーマンレッスンを通して、プロのエンジニアにいつでも質問できます。『挫折しない環境で安心して学習を継続したい!』という方におススメです。


▼公式サイト

SAMURAI ENGINEER Plus+

デイトラ

『1日1題90日』の学習ステップが特徴的なオンラインスクール。業界最安級で利用しやすく、Twitterでの評判も好調です。『短期集中でゼロからしっかりスキルを身につけたい!』という方におススメです。


▼公式サイト

デイトラ|1日1題を90日で

WEB制作やプログラミングなどのITスキルは独学でも習得できますが、いずれも挫折しやすく、ハードルの高いやり方です。

学習サービスは必ずしも成功を保証してくれる訳ではありませんが、目標に向かって行動する自分のための、挫折リスクを避けるための自己投資という意味でおススメできます。いずれも良いサービスですので、効果的な学習のためにもご検討下さいませ。



このほか当ブログでは、WEB制作に関する多くの情報を掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す

WEB制作の記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事