プログラミングで人生を豊かに楽しく

Adobe XDを使おう!無料・有料プランの違いも解説【初心者向き】

みやしも WEB制作
WEB制作やアプリ開発には『Adobe XD』が便利だと聞いたけど、実際はどんなことが出来るの?使うには購入が必要ですか?詳しく教えて下さい!
Adobe XDはデザイン作業全般に役立ち、かつ無料から使えるとっても優秀なツールですよ!本記事で詳しく解説してゆきます。

▼この記事を書いた人

Twitter|miyashimo_eng

フリーランスエンジニアのみやしもです。システム開発・WEB制作などの経験を活かして、初心者に役立つIT知識を発信してゆきます。

Adobe XDを使おう!無料・有料プランの違いも解説します

今回は、Adobe社が開発した人気のデザインツールの『Adobe XD』について解説してゆきます。



▼今回のポイント

  • デザイン・レイアウト作業に適したツール
  • 操作性が簡単なので初心者にも扱いやすい
  • WEB制作やアプリ開発の作業に向いている
  • AdobeIDを登録すれば無料で使い始められる



▼公式サイトはこちら

AdobeXDを今すぐ使う

※クリックすると別タブで開きます

Adobe XDは比較的最近登場したツールなので、聞いたことあるけど実際何が出来るの?って気になる方も多いはず。ぜひチェックしていって下さいね。

Adobe XDの機能や特徴について

初めに、Adobe XDがどの様なツールであるか?という事について、くわしく解説してゆきます。

Adobe XDとは?

Adobe XD

Adobe(アドビ)社はPhotoshopやIllustratorなど、イラストやデザインの制作を目的としたソフトウェアを多く開発しており、多くのクリエーターから支持を得ている人気の企業です。



そんなAdobeが開発した『Adobe XD(エックスディー)』 の説明について、公式サイトには次の様にあります。

Adobe XDとは
Adobe XDは、WEBサイトや、モバイルアプリなどのデザインに適した、オールインワンのUX/UIソリューションです。デザイン、プロトタイプ、共有、すべてをXDでおこなえます。
Adobe公式サイト より

WEBサイト・モバイルアプリとは、PCやスマホなどで使われるサービス全般のこと。また、デザイン・UX/UI・プロトタイプは、これらサービスを作るための作業を指す言葉として用いられます。

UI・UXをかみ砕いて説明すると「見やすい・使いやすい」といったユーザー観点で開発すること。また、デザインは「美しい見た目」を作る作業のことを言います。

この上で『Adobe XD』は、WEBサイト・アプリの制作全般に適した総合的なデザインツールという風に表現できます。そしてそんな『Adobe XD』は、次のような目的や作業に向いているツールだと言えます。

▼XDが向いている目的・作業
目的:WEB制作・アプリ開発
作業:デザイン・レイアウト・UI/UX・プロトタイプ

これだけではまだ『Adobe XD』の利用に対してイメージを掴みづらい方も多いと思いますので、引き続き、Adboe XDの機能や特徴Adobe社の他の製品との違いなど、掘り下げて解説をしてゆきます。

Adobe XDの機能について

Adobe XD 公式サイト

先にもふれた通り、WEBサイトやアプリのレイアウトやデザインを作るための機能が、Adobe XDの主な機能となっています。



▼Adobe XDの主な機能

  • レイアウト・デザイン作成
  • プロトタイプ作成
  • 共有&共同編集
  • コメント機能



レイアウト・デザインの作業に関しては「Photoshop」や「Illustrator」などの他のAdobe製品でも可能ですが、『Adobe XD』には、実際のWEBブラウザ上での動きが再現できる『プロトタイプ作成』という、この製品ならではの機能があります。



また、作成したプロトタイプをURLで共有したり、同時に編集する事ができる共有&共同編集』や作成したものにコメントを残せる『コメント機能』も、プロジェクトやチームなど複数人が参加する場では効果的に働きます。

WEB制作やアプリ開発では、制作物ついて複数人で議論を重ねることも多いのですが、そのような場面にこそ『Adobe XD』の利用は最適ですね!

Adobe XDの特徴について

Adobe XDには主に次の様な特徴があります。



▼Adobe XDの主な特徴

  • 操作方法がシンプルかつ直感的
  • 非デザイナーや初心者にも使いやすい
  • 無料で利用出来る(Adobe IDが必要)



Adobe XDの操作性はとてもシンプルで直感的です。



例えば、単純な図形を描くだけなら難しい操作は必要とせず、パワーポイントの様な感覚で作業が出来ます。このためにもAdobe XDは、非デザイナーや初心者にもおすすめ出来る入門向きのデザインツールである、といった事が言えます。

また、何と言っても、『Adobe XD』は無料から利用ができるという点も、見逃すことは出来ません。

利用にはAdobeIDの作成が必要になりますが、とはいえ「Photoshop」や「Illustrator」など、他に並ぶAdobe製デザインツールの中でも無料から利用できるのはAdobe XDのみとなっています。

無料で利用ができて、操作もかんたん!この2点から入門用のデザインツールとしてもおすすめができます。

他のAdobe製品との違い

Adobe社の他のデザインツールとの違いを表すと、次の様になります。

<Adobe XD>
用途:WEB制作・アプリ開発
作業:デザイン・UI/UX設計・レイアウト
得意:素早い作業・複数人で作業
苦手:複雑なデザインや表現

⇒WEB制作の作業を効率的に行えるツール
<Photoshop>
用途:デザイン作成全般
作業:デザイン・イラスト・写真加工
得意:本格的なグラフィックの作成
苦手:素早い作業・複数人での作業

⇒デザイン(見た目)の作業に特化したツール
<Illustrator>
用途:名刺・ポスター・看板などの広告
作業:図形の作成・レイアウト
得意:本格的なロゴやアイコンの作成
苦手:素早い作業・複数人での作業

⇒幅広い制作物のデザインに特化したツール



いずれも基本的にはデザイン作業のためのツールではあるものの、それぞれが得意とする用途・作業が異なることが分かります。


効率よく・質の高いデザインを作るためにも、目的に合わせた適切なツール選びが重要になります!

Adobe XDが向いている作業は?

Adobe XDがどの様な作業に対して向いているのか、という事について解説を行います。



▼Adobe XDが向いている作業

  • WEBサイト・アプリ開発
  • 図形描画ツールとして使う


サイト制作・アプリ開発

-WEB制作

先ほどの紹介にもある通り、Adobe XDはWEBサイト制作・アプリ開発への用途に開発されたツールなので、これら用途への利用が最も適した使い方になります。



プロトタイプやレイアウトの機能を駆使すれば、画面のサイズに応じて異なるデザインを作成するレスポンシブデザインや、複数の画面を持つ&画面間での移動を伴うという、WEBサイト・アプリの性質をふまえたUI・UX設計などの作業が容易になります。 また、共有&共同編集・コメントなどの機能を活用すれば複数人での作業環境にも柔軟に対応することも可能です。



ツールが備えた機能をフル活用する事で作業効率を最大化する事ができるため、サイト制作・アプリ開発へのXDの利用はまさに最適と言えます。

多くのWEB制作会社・IT企業の作業現場でも使用されているのを耳にします。フリーランスである筆者も、もちろんXDを使用しています!

図形描画ツールとして使う

一方で、初心者でも扱いやすいシンプルな操作性から、Adobe XDの図形描画ツールとしての利用も可能です。例えば、ブログやSNSなど、WEB系のコンテンツの作成への用途も考えられます。



イメージ的にはパワーポイントなどで行う図の作成。Adobe XDはデザイン用のツールでもあるため、使いこなす事で、より質の高い図形を作成する事も可能です。

XDの利用イメージ
ちょっとした軽作業にも向いています
ちなみに、このブログのサムネイル画像の多くはAdobeXDで作成しています!

Adobe XDの無料・有料プランの違い

Adobe XDにおけるプランごとの違いはそれほど無く、共有数やストレージ容量などが異なるだけで、レイアウト・デザインのなど基本的な機能は全て無料版から利用できる様になっています。

Adobe XDのプラン内容

Adobe XDのプランごとの細かな違いは、公式サイトから確認することができます。



▼公式サイトはこちら

AdobeXD公式サイトを開く ※クリックすると別タブで開きます



全てのプランで基本機能が利用できるため、例えば有料のソフトにありがちな、ファイルの保存時に課金を要求されるといった事もありません。無料版のスタータープランでも、全てのデザイン作業を最後まで完了させることが可能です。



また、共有数やストレージ容量の制限は、複数人での作業時にこそ不便はありますが、学習やちょっとした軽作業など、1人での利用目的になら無料版でも差し支えなく利用できるという事がいえます。

数あるAdobe製品の中でも破格の待遇だと思います!一部のみとはいえフォントセットが利用できる点もウレシイ。

この記事のまとめ

今回は無料で使えて初心者にも利用しやすいAdobe XDについて紹介を行いました。



▼Adobe XDのまとめ

  • デザイン・レイアウト作業に適したツール
  • 操作性が簡単なので初心者にも扱いやすい
  • WEB制作やアプリ開発の作業に向いている
  • AdobeIDを登録すれば無料で使い始められる



▼公式サイトはこちら

AdobeXDを今すぐ使う

※クリックすると別タブで開きます



Adobe XDを使えば、WEBサイトやアプリのデザインが手軽に出来る様になります。



この他にも「プロトタイプ機能」や「共有・コメント機能」を活用してゆけば、複数人での作業でもスムーズかつ効率的に進める事も出来るため、WEB制作やアプリ開発では標準化しつつあります。

これからWEBデザイナーやエンジニアを目指す人には、ぜひ使って欲しいツールです!

関連記事

最新記事