WebARENA Indigoとは?サービス内容や評判を紹介する

  • レンタルサーバー
『WebARENA Indigo』ってどんなサービス?使うことで目的が達成できるのか、自分に向いているのか判断できません...。誰か詳しく教えて下さい!
『WebARENA Indigo』はシンプルに使える個人向けのVPSサービスです。目的にあったVPSなのか、一緒に確認してゆきましょう!

今回はVPSサービス『WebARENA Indigo』のスペックや料金プラン、このほか気になる評判について、詳しく紹介してゆきます。また今回の内容をあらかじめお伝えすると以下の様になります。



▼参考予算

初期費用 無料
月額費用 349~11,193円(税込)
最低利用期間 なし


▼スペック

CPU 1コア~8コア
メモリ 1GB~32GB
ディスク種類 SSD
ディスク容量 20GB~640GB


▼こんな方向き

  • 個人向けでシンプルに使えるVPSを探している
  • 価格重視で長期的にコスパよく使えるVPSを探している
  • 回線速度のパフォーマンスが高いVPSを探している


▼WebARENA Indigoの評判まとめ

○良い評判
・料金プランのコスパが最強すぎる
・ただでさえ安いのに料金値下げでさらに安くなってる
・NTT回線を使用しているので通信速度が安定している
✕悪い評判
・ローカルネットワークが構築できない
・関連サービスごとにアカウントを作る必要がある
・初期設定UIが使いづらい


▼公式サイト

WebARENA Indigo



当記事では引き続き『WebARENA Indigo』のサービスの詳細や、このほかTwitter上での評価・コメントについて順番に紹介してゆきます。

他のVPSサービスと比べながら料金や機能を検討したいという方は「国内VPSを徹底比較!!目的別のおススメも紹介する」の記事からご覧ください。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WebARENA Indigoのサービス紹介

WebARENA Indigo
WebARENA Indigo

今回紹介する『WebARENA Indigo』は、NTTPCコミュニケーションズが運営している日本のVPSサービスです。



WebARENA Indigoの大きな強みの1つが、高速・安定のネットワーク回線を利用できること。



NTTPCコミュニケーションズは大手通信事業者の「NTT」グループに属しており、同社データセンターのブランドである"WebARENA(ウェブアリーナ)"では、NTTの自社回線を背景に高速かつ安定した通信環境を提供しています。

WebARENA Indigo_料金プラン
WebARENA Indigo:料金プラン
このため『WebARENA Indigo』のVPSを利用するだけでも、通信速度に対する高いパフォーマンスが期待できます。実際に料金プランにおける最大1Mbpsという選択肢は、他社VPSの比較における大きなスペック差にもなっています。

また、WebARENA Indigoは最安で349円(月額)から利用できるリーズナブルな価格設定が魅力的なVPSです。

WebARENA Indigo_リーズナブル
WebARENA Indigo:リーズナブル

いずれの料金プランも国内最安クラスの価格設定となっており、通信設備とともにコスパ面でも両立しているのは大手企業ならではの強みだと言えます。

2019年に開始された比較的新しいサービスではあるものの、通信速度とコスパの両面から評価され、一時期は在庫切れを起こしたほど人気のVPSとなりました。

上記の『WebARENA Indigo』の利用を検討するためにも、まずはサーバーのスペックや料金プランといった、基本的な情報から確認してゆきましょう。

サービス基本情報

▼概要情報

サービス名

WebARENA Indigo

運営会社

NTTPCコミュニケーションズ

開始時期 2019年


▼参考予算

初期費用 無料
月額費用 349~11,193円(税込)
最低利用期間 なし


▼スペック

CPU 1コア~8コア
メモリ 1GB~32GB
ディスク種類 SSD
ディスク容量 20GB~640GB
仮想化方式 KVM
RAID RAID6相当


▼基本仕様

リージョン 東京
回線速度 100Mbps~1Gbps

SLA(サービス品質保証)

なし

標準機能

IPアドレス(※1個) / コントロールパネル / データ転送量無制限 / セキュリティグループ / SSH(公開鍵認証) / Rest-API

OS CentOS Stream 8 / CentOS 8.1 / CentOS 7.5 / Ubuntu 22.04LTS / Ubuntu 18.04LTS / Rocky Linux 8.4 / Windows Server 2022 / Windows Server 2019 Datacenter Edition
有料オプション スナップショット / DNS / 契約譲渡
サポート体制 チャット・Webフォーム(※平日9:30~17:00)
上記はいずれもLinux版の情報になります。このほか詳しいサービス内容についてはWebARENA Indigoの公式サイトからご確認ください。

料金プラン一覧(OS別)

WebARENA Indigoで利用できる料金プランは、Linux・WindowsといったOS別に、それぞれ以下の様に分かれています。



▼料金プラン(Linux)

プラン 初期費用 月額費用 CPU メモリ ディスク
1GB 無料 349円(税込) 1コア 1GB SSD / 20GB
2GB 無料 699円(税込) 2コア 2GB SSD / 40GB
4GB 無料 1,399円(税込) 4コア 4GB SSD / 80GB
8GB 無料 2,798円(税込) 6コア 8GB SSD / 160GB
16GB 無料 5,596円(税込) 6コア 16GB SSD / 320GB
32GB 無料 11,193円(税込) 8コア 32GB SSD / 640GB


▼料金プラン(Windows)

プラン 初期費用 月額費用 CPU メモリ ディスク
1GB 無料 825円(税込) 2コア 1GB SSD / 50GB
2GB 無料 1,650円(税込) 3コア 2GB SSD / 100GB
4GB 無料 3,190円(税込) 4コア 4GB SSD / 200GB
8GB 無料 6,490円(税込) 6コア 8GB SSD / 400GB
16GB 無料 13,200円(税込) 8コア 16GB SSD / 800GB
32GB 無料 26,400円(税込) 10コア 32GB SSD / 1600GB
上記の初期費用や月額費用には、いずれも長期割引などを除いた通常料金1ヶ月分の金額を記載しています。詳しくは公式サイトからご確認ください。

▼公式サイト

WebARENA Indigo

WebARENA Indigoサービスの特徴

WebARENA Indigoのサービスの特徴をまとめると次の様になります。



▼サービスの特徴

  • コントロールパネルや各種機能がシンプルにできている
  • 最大で1Gbpsの回線速度、転送量無制限なので大量データの送受信にも対応できる
  • 業界最安クラスの価格設定なので、コスパ良くサーバーを運用できる
  • DNSの設定やスナップショットの作成は追加オプションとなっている
  • サーバーの複数台構成には対応していない小規模な用途向きのVPS
上記の通りWebARENA Indigoはシンプルにできているものの、回線速度と料金面でのコスパに優れたVPSです。

WebARENA Indigoはこんな方向き

以上をふまえ『WebARENA Indigo』は、次のような方におススメする事ができます。



▼こんな方向き

  • 個人向けでシンプルに使えるVPSを探している
  • 価格重視で長期的にコスパよく使えるVPSを探している
  • 回線速度のパフォーマンスが高いVPSを探している
これまでの通りWebARENA Indigoは、プライベートな目的に適した【個人向き】としての側面が強いVPSサービスです。上記にあてはまる方は前向きに利用を検討してみましょう。

▼公式サイト

WebARENA Indigo

引き続き『WebARENA Indigo』の気になる評判も確認してゆきましょう!

WebARENA Indigoの評判

WebARENA Indigoの評判
WebARENA Indigoの評判

ここからは実際の『WebARENA Indigo』の評判を紹介してゆきます。今回はTwitterから抜粋した良い評判、悪い評判を順番に掲載してゆきます。



▼WebARENA Indigoの評判まとめ

○良い評判
・料金プランのコスパが最強すぎる
・ただでさえ安いのに料金値下げでさらに安くなってる
・NTT回線を使用しているので通信速度が安定している
✕悪い評判
・ローカルネットワークが構築できない
・関連サービスごとにアカウントを作る必要がある
・初期設定UIが使いづらい

良い評価・肯定的なコメント

まずはWebARENA Indigoの良い評価・肯定的なコメントから確認してみましょう。

WebARENA Indigo (KVM) のWindowsインスタンス料金を値下げ。メモリ 1GB、vCPU x2、SSD 50GB だと月額748円に。NTTPCコミュニケーションズ、頑張っているなぁ。

引用:Twitter

8Core、32GB、SSD640GB、帯域幅1Gbpsのサーバーが1万円ちょっと/月でつかえるの、コスパ最強過ぎる。

引用:Twitter

さくらのVPSこの前解約しちゃったけど、なんだかんだで常時起動サーバー欲しいなぁ〜と思って安いVPS調べてたらNTT WebArena Indigoとかいうの見つけて、めちゃめちゃ安くてびっくらこいて早速登録してサーバー建ててみた。ちょっと重いけどそんなに悪くないし、月に350円で激安。

引用:Twitter

小さい声で言うけど、東京サーバーを持っているなら、VPSはWebARENA Indigo 一択ですよ。早い安い!ただ難点を言うとサポートが全くないので中級者以上仕様!

引用:Twitter

WebArenaのIndigoって、回線が速いんだ。乗り変えようかなあ・・。
引用:Twitter

主には料金プランのコスパの良さと、回線速度に対する肯定的なコメントを多く見ることができました。

悪い評価・否定的なコメント

一方ではWebARENA Indigoの悪い評価・否定的なコメントにも目を向けてみましょう。

WebARENA Indigo (Pro)を使用してて最大の不満はローカルネットワークひけないんだよなぁ

引用:Twitter

WebARENAの激安VPSの「Indigo」、結構障害があったりもするし、今現在100KB/s未満のDL速度だったりもするし、まさに安かろう悪かろうなんだけど、一番意味不明なのは、稼働時間課金なのに、インスタンスの停止では課金対象で、スナップショットをとってもそれで新規インスタンスの作成もできないという
引用:Twitter

WebARENA IndigoPro、Indigo/Wasabi用のアカウントと別扱いなのかな。Indigo用垢だとIndigoProの選択肢が無くて、新規垢作成でIndigo垢と同じクレカ番号入力したら「別のクレジットカードを入力してください。」と言われて進まない

引用:Twitter

NTT-PCのIndigo WEBArenaのVPSをいじり中・・・。初期設定UIがめちゃくちゃ使いづらいし、何が請求に紐づくかも分かりづらいし、外国人にとってはAWS Lightsailよりも難易度高いぞこれ。ある意味日本人には有利
引用:Twitter

WebArena Indigoでようやくインスタンス作成できるようになったと思ったら「OSインストールが失敗しました。削除の上、再度お試しください。」だそうで。Ubuntu / CentOSのどのバージョンを選択してもダメなのよね。1vCPUのインスタンスはこれらのOSはサポート外なのかしら。それともただの不具合?

引用:Twitter

好意的なコメントを見ることができた一方ではアカウントの作成やUIの使いづらさといった、サービス面での不評の声を見ることもできました。

以上のように、Twitterにおける良い評価・悪い評価を順番に紹介してゆきました。



どのようなサービスであっても利用する背景やこだわりなどの観点は人によって様々ですし、サービスに対して抱く感想もまた、人によって大きく変わってゆきます。

いずれの評価・コメントをふまえつつ『同じ使い方をしている人はいるか?』『共感できるポイント多いか?』など、利用目的に照らし合わせて検討を進めてゆくと、納得できる選び方ができると思います。この上では無料期間やキャンペーンを活かして、実際に使って試してみることもオススメです。

▼公式サイト

WebARENA Indigo



このほか他のVPSサービスと比較しながら検討を重ねたいという方には次の記事もオススメです。

この記事のまとめ

今回は『WebARENA Indigo』のサービス内容や、気になる評判をまとめて紹介してゆきました。いずれもWebARENA Indigoの検討や、VPS選びのためにご活用いただきたい情報です。



▼公式サイト

WebARENA Indigo



このほか当ブログでは【レンタルサーバー】に関連する情報を多数掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



▼関連記事を探す

レンタルサーバーの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事