BASEに会員登録する方法を画像付きで解説する【初心者向け】

みやしも ブログ運営

今回は、TVCMでもおなじみ、誰でも手軽にネットショップが開設できる『BASE(ベイス)』の登録方法について、解説してゆきます。



▼BASEでネットショップを開くための3ステップ

  1. BASEに会員登録する
  2. 運営に関する情報を入力する
  3. お支払方法を選択する
画像付きで分かりやすくまとめました。手順通りに進めれば初心者の方でも30分程でネットショップのオーナーになれますよ!

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

Step.1:BASEに会員登録する

まずは『BASE(ベイス)』の会員登録から行いましょう。会員登録するためにも、まずはBASEのトップページにアクセスします。



▼公式サイト

『BASE(ベイス)』のトップページを開く

BASEに登録する方法_会員登録1

BASEに会員登録するためには、メールアドレス・パスワード・ショップURLの3つの入力が必要です。



▼BASEの会員登録に必要な入力3つ

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ショップURL



メールアドレス・パスワードはBASEにログインする為に必要な情報ですが、ショップURLは利用者がアクセスするお店のURLとなるため、登録にあたっては慎重に決めましょう。


ショップURLについて

ショップURLは、BASEで作成した自分のネットショップにアクセスするためのURLです。例えばメールアドレスと同じ様に、アルファベットや数字を使った自由な文字列を使って作成できます。

ショップURL.jpg

BASEで作成したネットショップには、例えば次の様な形式のURLでアクセスする事となります。

https://〇〇〇〇〇〇.thebase.in

ショップURLはネットショップの運営でずっと使う物なので、最初に良く考えてから設定しましょう。

URLを決めるポイントは、お店の内容がある程度イメージできる様な文字にすること。
作成するショップの名前が決まっているなら、そのままお店の名前を使うのが良いと思います。

また『thebase.in』となっている所は以下の10種類から選ぶ事ができます。こちらも同様に作成するショップの目的やイメージに合わせて選ぶのがおススメです。



▼ネットショップの開設時に選べるドメイン

  • thebase.in
  • base.shop
  • shopselect.net
  • base.ec
  • theshop.jp
  • handcrafted.jp
  • fashionstore.jp
  • buyshop.jp
  • supersale.jp
  • official.ec
  • kawaiishop.jp
例えば、ハンドメイド品のお店を開くなら『handcrafted.jp』を、ファッション関係のお店を開くなら『fashionstore.jp』を選ぶ、といった感じですね!

それぞれ3つの項目に入力をしたら『無料でネットショップを開く』のボタンを押して会員登録を完了させましょう。

BASEの誓約書に同意する

BASEのトップページで『無料でネットショップを開く』を押すと、会員登録が行われて、次の画面に移動します。

BASEに登録する方法_会員登録2.jpg
BASEの会員登録が終わるとこの画面に移動します

ここでは、誓約書の内容を確認したうえで同意の手続きを行います。『上記の誓約書に同意する。』にチェックを入れてボタンを押すとつぎの画面に進みます。

BASEに登録する方法_会員登録3.jpg
以上で誓約書の確認作業は終わりです。

メールアドレスの認証をする

誓約書の確認が終わったら次の様な内容のメールが届くと思いますので、続けてメールアドレスの認証を行いましょう。

BASEに登録する方法_会員登録4.jpg

上記青枠のリンクをクリックすると、メールアドレスの認証が完了します。

引き続きネットショップを開くための手続きを進めてゆきましょう!

Step.2:運営に関する情報を入力する

続けてネットショップ公開の作業を進めてゆきましょう。



先ほどのメールにあるリンクをクリックすると次の様な画面が開きますので、そのまま『入力する』ボタンを押して次に進みます。

BASEに登録する方法_会員登録5.jpg

ここではネットショップの運営に関する情報(特定商取引法に基づく表記)について設定してゆきます。

BASEに登録する方法_会員登録6.jpg

▼運営に関する情報で設定する内容

  • 個人・法人などの区分
  • 事業者の氏名
  • 事業者の所在地
  • 事業者の連絡先(電話番号)
  • 営業時間や定休日など
  • 販売価格について
  • 代金の支払い方法・時期
  • 役務または商品の引渡時期
  • 返品についての特約に関する事項
あらかじめ値が設定されているため入力は簡単です。ここの内容は後から修正する事が可能ですので、ひとまずは入力を済ませておけばOKです。
入力が済んだら画面の下にある『保存する』ボタンを押して次に進みましょう。

Step.3:お支払方法を選択する

続けてネットショップの『お支払方法』を入力してゆきます。



さきほどの『運営に関する情報の設定』の内容を保存すると次の様な画面が開くので、そのまま『選択する』ボタンを押して次に進みます。

BASEに登録する方法_会員登録7.jpg

BASEの決済方法を設定する

BASEに登録する方法_会員登録8.jpg

ここで入力する内容は次の7つです。



▼BASEかんたん決済で入力する内容

  • 決済方法
  • 後払い決済利用申請
  • 屋号
  • 事業者の氏名(漢字)
  • 事業者の氏名(カナ)
  • 事業者の生年月日
  • お住まいのご住所
いずれもすぐに入力できる内容ですよ!サクっと済ませてしまいましょう。

BASEで利用できる支払い方法

BASEかんたん決済.jpg
BASEのかんたん決済

BASEでは『BASEかんたん決済』というエスクロー決済サービスを通して、次の決済方法に対応しています。



▼『BASEかんたん決済』で利用できる支払い方法

  • クレジットカード決済
  • 銀行振り込み
  • コンビニ・Pay-easy決済
  • キャリア決済
  • PayPal決済
  • 後払い決済
▼エスクロー決済とは
商取引の際に信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の安全性を保証するための仲介サービスの事をいいます。

※BASEのかんたん決済については「こちら のページで詳しく確認する事ができます。

その他の設定内容について

決済方法における、その他の設定内容についても解説してゆきます。

後払い決済利用申請

『後払い決済利用申請』は、決済方法で『後払い決済』を選択した際に入力が必要な設定項目です。

後払い決済利用申請.jpg
決済方法で後払い決済のチェックを外すと、この入力は不要になります

画面の説明にもある通り、ここでは販売予定の商品のうちから代表的なものを一つ入力しておけば大丈夫です。

屋号

『屋号』は購入者の支払い明細書に記載されます。

屋号.jpg
屋号とは、個人事業の名称や店舗の名前などの事をいいます。
とくに屋号を持たない場合は、ネットショップ名と同じ名前でOKですよ!

氏名・生年月日・住所

BASEかんたん決済の設定にあたっては、ショップオーナーの氏名・生年月日・住所の情報を設定する必要もあります。

事業者の氏名・生年月日・住所.jpg
ここで入力する住所は、BASEでエスクロー決済を行うために、個人の住民票に記載された住所と一致するもので無ければなりません。
入力された情報はBASE以外に公開される事はありません。ネットショップを正しく運営するためにも正確な情報を入力しましょう。

運営ショップのカテゴリについて

最後に運営ショップのカテゴリを設定しましょう。

運営ショップのカテゴリ.jpg

運営ショップのカテゴリは、ファッション・インテリア・エンタメ・ホビーといった、取り扱う商品のジャンルから選択します。

適切なカテゴリを選択すると検索されやすくなりますよ!

ショップ開設の準備を完了する

BASEかんたん決済の設定を終えて最後に『保存する』ボタンを押すと、ネットショップ開設の準備が完了します。

完了するとこの画面が表示されます
以上で基本的な情報の入力は完了です。お疲れ様でした!

ネットショップ開設の準備が完了したら、次の方法についても確認しておきましょう。



  • 商品情報を登録してショップを公開する
  • ショップのデザインをカスタマイズする

商品を登録してショップを公開する

BASEへの会員登録が完了して、ショップ公開の準備が整ったら、商品情報の登録とショップ公開の手続きを行いましょう。

ここまで進めて、はじめてBASEで作成したネットショップがインターネット上に公開される事となります。

商品情報を登録する方法

BASEで商品情報を登録するには、管理画面の『商品管理』メニューから『+商品を登録する』ボタン押した先にある商品登録ページから行います。

BASEの商品登録ページ
商品名や写真などの情報を入力するだけで簡単に商品が登録できます!

ショップを公開する方法

管理画面で『ショップ設定』画面を開き、ショップ情報欄にあるショップ公開状況のチェックボックスをONにすれば、BASEで作成したショップを公開する事が出来ます。

BASEのショップを公開する方法
続けて、ショップのデザインをカスタマイズする方法も解説してゆきます。

デザインをカスタマイズする方法

BASEでは『テーマ』という仕組みが提供されており、テーマを変更したりカスタマイズすることで、ネットショップのデザインを自由に変える事ができます。



テーマは『BASEデザインマーケット』で有料のテーマを購入するか、もしくはBASE Appsで提供されているHTML編集新しくテーマを作成する・無料のテーマをカスタマイズする。といった方法から利用できます。

BASEデザインマーケット

BASEデザインマーケット
BASEデザインマーケット

▼テーマの購入はこちら

BASEデザインマーケットを利用する

無料・有料に限らず、テーマの内容を自由にカスタマイズすることも可能ですよ!

テーマをカスタマイズする方法

導入したテーマをカスタマイズするには『HTML編集』のアプリを利用します。こちらはBASEの会員であれば無料で利用することが可能です。



▼テーマのカスタマイズはこちら

BASEの「HTML編集」を利用する



BASEの『HTML編集』アプリや、使い方については以下の記事が参考になります。

以上のように、HTML編集のしくみを利用する事で、ショップのテーマ・デザインを自由にカスタマイズする事が可能となります。

とはいえカスタマイズするにはHTML&CSSや基礎的なプログラミング知識が必要です。専門的なスキルを伴うために、WEB初心者の方にとっては難しい作業と言えます。
このうえで知識がない方でもBASEのデザインをカスタマイズする方法がありますよ!

テーマのカスタマイズを依頼する

ネットショップ運用において専門的なスキルをともなう難しい作業は、例えば『ココナラ や『ランサーズ 』といったクラウドソージングで依頼すればかんたんに解決できます。

企業に依頼すると高額になる作業も、はるかに安く依頼できます!

ココナラを利用する

BASEのカスタマイズを依頼する方法①ココナラ
クラウドソージングの『ココナラ』

▼公式サイトはこちら

ココナラを今すぐ利用する

ランサーズを利用する

BASEのカスタマイズを依頼する方法②ランサーズ
クラウドソージングの『ランサーズ』

▼公式サイトはこちら

ランサーズを今すぐ利用する



クラウドソージングでは、デザインのみならずロゴ・名刺・バナー・記事作成といったさまざまな作業の依頼も可能となります。

いずれもネットビジネス全般で役立つサービスのため、これからショップ運営をするならひとまず登録しておくのがおススメです。
多くのショップ運営者も活用しています。難しい作業・苦手な作業は外注化してコスパ良く解決しましょう!

この記事のまとめ

本投稿ではBASEに会員登録する方法を、画像付きで詳しく解説してきました。



▼公式サイトはこちら

BASEを今すぐ利用する

初心者の方も、安心してネットショップが公開できますよ!

また、このうえでBASEの会員登録の次にすべきことについても解説してゆきました。



▼会員登録の次にするべきこと

  • 商品情報を登録してショップを公開する
  • ショップのデザインをカスタマイズする
これでネットショップ運営の準備はバッチリですね!

関連記事

最新記事