XAMPPのインストール方法を詳しく解説する【ローカル開発環境】

ブログ

WEBアプリケーションの開発やWordpressを使ったサイト構築など、プログラミング言語を使った作業に欠かす事ができないローカル開発環境。



今回はそんなローカル開発環境を構築するための便利なソフト『XAMPP(ザンプ)』のインストール方法や使い方について解説をしてゆきます。



▼この記事を書いた人

筆者のみやしも.jpg



IT企業やWEB制作会社などの勤務経験を持つ、フリーランスのWEBエンジニア『みやしも』が詳しい解説を行います。プログラミング初心者の方に分かりやすく説明してゆきますので安心して読み進めてくださいね。


XAMPP(ザンプ)とは

XAMPPのインストール方法_XAMPPとは.jpg



XAMPP(ザンプ)とは、WEBアプリケーションの開発に欠かす事ができないソフトウェアを、パソコンに一括でインストールすることが出来る無料のソフトです。



ほとんどのWEBアプリケーションはWEBサーバー+データベース+プログラミング言語の組み合わせで動作しますが、XAMPPをインストールすればこれらの環境を一括して準備する事ができるため、WEBアプリケーションの開発やWordpressを使ったサイト制作など、多くの目的のために利用されています。



▼WEBアプリケーションの開発に必要な物

  • WEBサーバー(Apache)
  • データベース(MySQL)
  • プログラミング言語(PHPなど)
XAMPPはプログラミングの開発やWordpressを使ったサイト構築など、様々な目的のために利用が出来ます!!僕も仕事では日常的に使っています。

XAMPPのダウンロード

それでは早速、XAMPPをパソコンにインストールする方法について解説してゆきます。今回はWindows10(64bit)を例に各種手順の解説を行います。



先ずはXAMPPの公式サイトからXAMPPのインストーラーを取得しましょう。公式サイトを開くと『Windows向けXAMPP』の項目がありますのでクリックします。


XAMPPのインストール方法_インストール①.jpg


『Windows向けXAMPP』をクリックすると「素晴らしい!」と書かれたページに移動するのと同時に、XAMPPのダウンロードが始まります。ダウンロードが終わったらそのままファイルを実行してXAMPPのインストーラーを起動しましょう。


XAMPPのインストール方法_インストール②.jpg


XAMPPのインストール

XAMPPの公式サイトからダウンロードしたファイルを実行するとXAMPPのインストールが始まります。(※ファイルを実行した時に『このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?』と聞かれますが『はい』をクリックしましょう)


インストーラーを実行すると最初に次のような事を聞かれますが『OK』を押して次に進みます。


XAMPPのインストール方法_インストール③.jpg


すると、XAMPPのインストールの画面が立ち上がりますので続けて『Next』をクリックします。


XAMPPのインストール方法_インストール④.jpg


コンポーネントの選択

インストールするコンポーネントを選択する画面が表示されますので続けて『Next』をクリックします。ここではXAMPPを通して利用するソフトを選ぶことが出来ますが、基本的にはデフォルトのままでOKです。


XAMPPのインストール方法_インストール⑤.jpg


インストールフォルダの選択

続いてXAMPPをインストールするフォルダを選択します。ここでは特別な理由が無ければ、デフォルトの状態で大丈夫ですので『Next』を押して次に進みましょう。


XAMPPのインストール方法_インストール⑥.jpg


インストールの実行

XAMPPの設定が一通り済んだら最後にインストールを実行します。インストールフォルダを選択すると、次のような画面が表示されますが、ここの『Learn more about Bitnami for XAMPP』のチェックは外しておく様にします。

※Bitnami(ビットナミ―)というオープンソースのプロジェクトの説明が表示されるだけなのであまり気にしなくても大丈夫です


『Next』をクリックして次に進みましょう。


XAMPPのインストール方法_インストール⑦.jpg


最後にインストールの確認の画面が表示されますので『Next』を押してインストールを実行します。


XAMPPのインストール方法_インストール⑧.jpg


『Next』をクリックするとXAMPPのインストールが実行されます。インストールが完了するまで少しだけ時間がかかりますので待ちましょう。(※PCのスペックにも寄りますが5分から10分程度で完了します)


XAMPPのインストール方法_インストール⑨.jpg


インストールの途中で次の画面が出た場合は、下図のようにチェックを行い『アクセスを許可する』ボタンを押しましょう。


XAMPPのインストール方法_インストール⑩.jpg


次の画面が表示されれば、XAMPPのインストールは完了になります。ここでは『Do you want to start the Control Panel now ?(今すぐコントロールパネルを起動しますか?)』のメッセージにチェックが入っている状態で『Finish』をクリックしましょう。そうするとインストールの完了と同時にXAMPPのコントロールパネルが起動する様になります。


XAMPPのインストール方法_インストール⑪.jpg


XAMPPの初回起動時には次のような言語選択の画面が表示されますが、ここは米国旗(英語)にチェックを入れたまま『Save』をクリックしましょう。


XAMPPのインストール方法_インストール⑫.jpg


言語の選択が完了すると、最後にXAMPPのコントロールパネルが開きます。


XAMPPのインストール方法_インストール⑬.jpg


以上でXAMPPのインストールは完了になります。

ここまでお疲れ様でした!続いて、XAMPPのコントロールパネルについても簡単に解説してゆきますね!

XAMPPの使い方

XAMPPの使い方について解説してゆきます。

コントロールパネルについて

コントロールパネルとは、XAMPPを通して利用できる各種ソフトの起動・終了・設定の操作を一括して行うことが出来る機能です。コントロールパネルはローカル開発環境の管理で一番使う部分になるので覚えておきましょう。



XAMPPのインストール方法_使い方1.jpg


コントロールパネルの起動方法

先ほどの作業ではインストールの終了時にコントロールパネルが自動で立ち上がりましたが、次回以降でXAMPPを利用する場合は自分でコントロールパネルを立ち上げる必要があります。コントロールパネルを起動させる方法は次の通りです。



▼XAMPPのコントロールパネルを起動する方法

  1. XAMPPをインストールしたフォルダを開く
  2. フォルダ内の「xampp-control」を実行する

※XAMPPのインストールフォルダはデフォルトだと「C:\xampp」になります



XAMPPのインストール方法_使い方2.jpg



また、XAMPPのコントロールパネル起動後はWindowsの通知領域にアイコンが表示される様になりますが、このアイコンの有無でXAMPPの起動状態を確認する事ができます。少しわかり辛いですが、画面右下の『 』のアイコンを押すとXAMPPのアイコンを見つける事ができます。



XAMPPのインストール方法_使い方3.jpg



少し細かい話になりますが、標準のアイコンの場所ではXAMPPの状態が確認し辛いため、下図の様に常にアイコンが見える場所に移動させておくのがおススメです。(通知領域のアイコンはドラッグ&ドロップで移動させることが出来ます)



XAMPPのインストール方法_使い方4.jpg



この通知領域のアイコンは、XAMPPの起動状態を知る他にも、左クリックでコントロールパネルを開きなおしたり右クリックでXAMPP内の各ソフトごとの操作を行うことが出来る様になっているため覚えておくと大変便利です。

XAMPPのコントロールパネルはプログラミングをしていると日常的に使う事になります。すぐに起動ができる様、デスクトップにショートカットを置いておくのもおススメです!

各種ソフトの起動と終了

XAMPPにインストールされたソフトの起動/終了方法について解説します。


先ほどの項でも少し触れた様に、XAMPPのコントロールパネルでは各種ソフトごとに起動と終了が管理できる様になっています。


今回は試しに、WEBサーバーの『Apache』とデータベースの『MySQL』を起動してみます、それぞれの『Start』ボタンを順番に押してみましょう。


XAMPPのインストール方法_ソフトの起動/終了1.jpg


ソフトが起動すると背景が黄緑色に変わります。また、そのパソコンで使用しているプロセスIDやポート番号も表示される様になります。起動したソフトはボタンが『Stop』に変わりますが、この状態で再びボタンを押すとそのソフトを終了させることが出来ます。


XAMPPのインストール方法_ソフトの起動/終了2.jpg

WEBサーバーの『Apache』とデータベースの『MySQL』はXAMPPを通して行うほとんどの作業で使いますので、起動/終了の方法は覚えておきましょう!

最後に

以上でWindowsにローカル環境を構築するためのソフト『XAMPP(ザンプ)』のインストール作業は完了です。


XAMPPはApacheやMySQLなど、WEBサイトの制作WEBアプリケーションの開発をするためのソフトを一括して導入する事ができる便利なソフトです。


ローカル開発環境はプログラミングの勉強から実際の業務まで幅広く活用が出来るので、使いこなせる様になればステップアップ間違いなしなツールです。ぜひトライしてみて下さいね。


今回は以上になります。