WordPressでバックアップを取る方法!プラグイン『BackWPup』を解説する

みやしも WordPress
WrodPressサイトのバックアップが取りたいです!どうすれば出来るようになりますか?
プラグイン『BackWPup』を使えば無料でかんたんですよ!この記事で詳しく解説してゆきます。

上記の疑問におこたえするため、今回はWordPressのバックアップが取得できるプラグイン『BackWPup』の使い方について詳しく解説してゆきます。



▼この記事はこんな方向き

  1. WordPressのバックアップ方法が知りたい
  2. バックアップをPCに保存する方法が知りたい
  3. トラブルに備えて安心したサイトが運営したい



今回の内容はWordPressプラグインの解説記事です。これからWordPressを利用する方は、まずは『エックスサーバー』や『 ConoHa WING』とのレンタルサーバー契約を行い、WordPressの導入から進めてゆきましょう。

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WordPressのバックアップを取る方法は?

突然のサーバー障害やトラブル、契約期限切れによるデータ損失など、あらゆるリスクにそなえて『大切な自分のサイトのデータを守りたい!』と思う方も多いと思います。

このためはサイトの『バックアップ』を定期的に取得することが何よりも重要ですが、WordPressでは『プラグイン』を導入することで実現できます。

プラグイン『BackWPup』を使えば自動バックアップが設定できます

今回紹介するWordPressプラグインの『BackWPup』を導入すれば、運営中のサイトに対する自動バックアップの設定ができます。

WordPressプラグイン - BackWPup
WordPressプラグイン - BackWPup

▼BackWPupでできること

  • WordPressサイトの自動バックアップ設定ができる
  • バックアップのスケジュールを自由に設定できる
  • 手動でバックアップを取ることもできる


そこで今回は、そんな『BackWPup』を使ったWordPressサイトの自動バックアップの設定方法について引き続き解説をしてゆきます。

バックアップ設定を確実に行い、安心してサイト運営ができる様にしましょう!

今回の解説内容

WordPressプラグイン『BackWPup』を使った今回の解説内容は以下のとおり。



▼今回の解説内容

  • プラグイン『BackWPup』をインストールする方法
  • BackWPupで自動バックアップの設定をする方法
  • 取得したバックアップをダウンロードする方法
今回の手順に従って作業を行えば、BackWPupを導入したサイトで『毎日の3:30にバックアップが自動実行される』様になります。
初めてでも正しく導入できるよう、画像つきで詳しく解説してゆきます!

BackWPupをインストールする方法

ここからは、WordPressプラグイン『BackWPup』のインストール方法を解説してゆきます。

プラグインのインストール手順

プラグイン『BackWPup』のインストール手順は以下のとおりです。



▼インストール手順

  1. WordPressでプラグインの追加画面を開く
    (※『プラグイン⇒新規追加』を選択すると開くことができます)
  2. プラグインを検索して、インストールを実行する
  3. インストール完了後に『有効化』ボタンを押す
WordPreessプラグイン『BackWPup』のインストール方法①
プラグイン『BackWPup』のインストール方法①
WordPreessプラグイン『BackWPup』のインストール方法②
プラグイン『BackWPup』のインストール方法②

基本的には他のプラグインと同じような手順でインストールできます。



WordPressプラグインの詳しいインストール方法が知りたい方には、つぎの記事がおススメです。

プラグインを使い始めるための準備はこれでオッケー!

BackWPupで自動バックアップを設定する方法

BackWPupの設定方法

WordPressプラグインの『BackWPup』では、ジョブという仕組みを使ってバックアップの設定ができる様になっています。



ここからは、そんなBackWPupの『ジョブ』を使った自動バックアップの設定方法について解説をすすめてゆきます。

手順①:新しいジョブを作成する

自動バックアップを設定するためにも、まずは新しい『ジョブ』を作成します。

WordPress管理画面のメニュー『BackWPup⇒Add new job』を選択するとジョブの作成画面に移動できます。
新しいジョブを作成する方法
ジョブの作成画面を開く方法

ジョブの作成画面を開いたら、続けて設定内容を入力してゆきます。

手順②:ジョブの基本設定を行う

まずは『General』のタブを開いた状態でジョブの基本設定から入力してゆきます。ここで入力する内容は以下の2つです。



▼設定内容

  1. ”JobTitle”に『Daily Backup』を入力する
  2. ”Job Destination”の『Backup to Folder』にチェックを入れる



ひとつめはジョブの名前をあらわす『Job Title』への入力です。ここの内容は任意でもOKですが、とはいえ内容を分かりやすくするためにも、今回は"Daily Backup"とします。

WordPreessプラグイン『BackWPup』の設定①
自動バックアップの基本設定①

ふたつめはバックアップの保存方法を表す『Job Destination』の設定です。作成したバックアップの保存先をフォルダにしたいので"Backup to Folder"にチェックします。

WordPreessプラグイン『BackWPup』の設定②
自動バックアップの基本設定②

以上までの入力を行ったら、最後に忘れずに『Save changes』を押して設定を保存しましょう。

保存後に画面の上部に「Changes for job Daily Backup saved.」とメッセージが表示されればOKです。

以上でジョブの基本設定はおわりです。ちなみに『General』タブには他の項目もありますが、上記の2つ以外は基本的にデフォルトのままで問題ありません。

つづけてスケジュールの設定を行いましょう!

手順③:スケジュールを設定する

ジョブの基本設定が終わったら、続けて『Schedule』タブに移動して自動バックアップが実行されるスケジュールの設定を行います。



ここでは以下のように入力してゆけばOKです。



▼スケジュールの設定

  1. Start jobの項目で”with WordPress cron”を選択する
  2. Schedulerの項目で”daily”を選択して、時間に”3:30”を指定する
WordPreessプラグイン『BackWPup』のスケジュール設定①
自動バックアップのスケジュール設定①
WordPreessプラグイン『BackWPup』のスケジュール設定②
自動バックアップのスケジュール設定②

以上の入力を行ったら、ふたたび『Save changes』を押して設定を保存しましょう。

作業④:作成したジョブを確認する

ここまでの作業を終えたら、最後にジョブが作成できたかの確認をしてみましょう。確認は『ジョブの一覧ページ』から行います。

メニュー『BackWPup⇒Jobs』を選択するとジョブの一覧ページが開けます。
ジョブの一覧ページを開く方法
ジョブの一覧ページを開く方法

ここでは、先ほど作成した『Daily Backup』のタイトルのジョブが確認できればOKです。

ジョブが作成できたかを確認する
ジョブの一覧画面
以上の様になっていれば、自動バックアップの設定は終わりです。また、この時点で『毎日の3:30にWordPressのバックアップが自動的に実行される』様になります。

ちなみに『ジョブの一覧ページ』は編集・複製・削除といった各操作にも対応しています。追加したジョブを編集する場合もこの画面から行うことが出来ます。何かあった時のためにも、ひとまずページの存在を覚えておくのが良いと思います。

ここまでの作業、ひとまずおつかれさまでした!

BackWPupで手動バックアップを行う方法

ここからは、BackWPupを使った『手動バックアップ』の方法について解説してゆきます。

ジョブの一覧で「Run now」をクリックすればOK

手動でバックアップを行う方法はかんたんで、さきほどにも登場した「ジョブの一覧ページ」で、実行したいジョブの『Run now』をクリックするだけでOKです。

手動でバックアップを実行する方法①
手動でバックアップを実行する方法①

「Run now」をクリックすると、画面の上部に進捗バーが表示され、ジョブの内容にしたがってバックアップが開始されます。

手動でバックアップを実行する方法②
手動でバックアップを実行する方法②
手動でバックアップを実行する方法③
手動でバックアップを実行する方法③

バックアップの完了には少しだけ時間がかかりますので、しばらく待機しましょう。上部の進捗バーが100%になれば終わりです。

以上で手動インストールする方法の解説は終わりです。
続けて、バックアップをダウンロードする方法も確認してゆきましょう!

バックアップをダウンロードする方法【PCに保存する】

ここからは、BackWPupで作成されたバックアップのダウンロード方法について解説してゆきます。

「Backups」のページからダウンロードできます

BackWPupで作成されたバックアップは、「Backups」のページを開いてから各バックアップの『Download』ボタンを押すことでダウンロードできます。

Backupsのページは、メニュー『BackWPup⇒Backups』から開けます。
バックアップをダウンロードする方法
バックアップをダウンロードする方法①

「Download」ボタンを押すとダウンロードが始まります。しばらくすると自分のPC上にバックアップのファイルがダウンロードできると思います。

バックアップをダウンロードする方法②
バックアップをダウンロードする方法②
以上でWordPressプラグイン『BackWPup』の解説はすべて終わりです。
バックアップ体制をしっかり整えて、安心してサイト運営をしてゆきましょう!

WordPressのおススメ記事紹介

ここからは、WordPressサイトの運用で役立つおススメ記事を紹介してゆきます。

基本的な使い方

WordPressの基本的な使い方については、つぎの記事で確認できます。

おススメWordPressテーマ

WordPressサイトを構築するなら『SWELL』を利用するのがおススメです。

おススメ・定番プラグイン

このほかサイト運営で役立つおススメプラグインを紹介いたします。



投稿記事を1クリックで複製できる:『Duplicate Post』

投稿記事を並び替えできる:『Intuitive Custom Post Order』

記事をかんたんに装飾できる:『AddQuickTag』

ブロックエディターを使う:『Classic Editor』

テキストエディタを見やすくする:『HTML Editor Syntax Highlighter』

記事の目次を追加出来る:『Table of Contents Plus』

お問い合わせフォームを追加する:『MW WP Form』

WordPressのSEO対策:『All in one SEO Pack』

Wordpressを日本語に対応させる:『WP Multibyte Patch』

画像を圧縮して表示速度を改善する:『EWWW Image Optimizer』

シンプルにCSS編集できる:『Simple Custom CSS』

この記事のまとめ

WordPressで作成したサイトのバックアップが取れるプラグイン、『BackWPup』のインストール方法や使い方を解説してゆきました。



▼今回の解説内容

  • プラグイン『BackWPup』をインストールする方法
  • BackWPupで自動バックアップの設定をする方法
  • 取得したバックアップをダウンロードする方法



WordPressの利用の際には、ぜひ参考にして頂きたい情報です。このほか当ブログでは、WordPressの情報を多く掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



WordPressの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事