【WordPress】投稿ページ(single.php)の作り方

みやしも WordPress

今回は、WordPressのテーマ制作における「投稿ページ(single.php)」の作り方を解説してゆきます。

オリジナルテーマを制作中の方は必見の内容です!

▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WordPressの「投稿ページ」について

WordPressの「投稿ページ」について

投稿ページとはWordPressの「投稿」で作成した記事ひとつを表示する画面のことで、ゼロからテーマを自作する場合は次のステップで作成できます。



▼投稿ページの作り方

  1. 投稿ページのテンプレートファイル(single.php)を作成する
  2. テンプレートファイルにHTMLを移設する
  3. テンプレートファイルを編集する
WordPressテーマにはほぼ必須ともいえるテンプレートファイルとなっています!

投稿ページのデザインサンプル

今回の記事では、次のようなデザインのHTMLファイルを使用して解説をすすめてゆきます。

一覧ページ・投稿ページのデザインサンプル
デザインサンプル
投稿ページのもとになるHTMLファイルを用意してから作業にかかりましょう!

STEP1. テンプレートファイルを作成する

STEP1. カスタム投稿タイプの「テンプレートファイル」を準備する

それでは解説をスタートしてゆきます。まずは「投稿ページ」のテンプレートファイルから作成してゆきましょう。

「投稿ページ」のテンプレートファイルの作り方

テンプレートファイルとは、WordPressの機能を利用するためテーマ専用のファイルのことで、あらかじめ決められた役割・名前にしたがって作成する必要があります。



「投稿ページ」のテンプレートファイルを用意する場合は、テーマフォルダの直下に次の命名規則でファイルを作成します。

▼「投稿ページ」のテンプレートファイル
/wp-content/themes/<テーマ名>/single.php

STEP2.テンプレートファイルにHTMLを移設する

テンプレートファイルにHTMLを移設する

テンプレートファイルの作成ができたら、続けてファイル内に投稿ページ用のHTMLファイルを移設しましょう。

HTMLを移設する方法は?【最初はコピペでOK】

テンプレートファイルにHTMLを移設する方法ですが、基本的には対象とするページのHTMLファイルの内容をそのままコピペすればOKです。

HTMLの移設イメージ
HTMLの移設イメージ
細かなコーディングは後ほど行います。ひとまずページの下地になるHTMLを貼り付けてしまいましょう!

WEBブラウザでページの状態を確認する

ここで一度、WEBブラウザでページの状態を確認してみましょう。



作業中のWordPressに記事データが無い場合はあらかじめ作成します。また「投稿ページ」には編集画面で次のように操作するとアクセスできます。

WEBブラウザでページの状態を確認する方法
投稿ページの状態を確認する方法

実際にアクセスしたWEBページの状態は次の様になります。

投稿ページにアクセスした状態
投稿ページにアクセスした状態
この時点では、あくまでHTMLを貼り付けただけの状態でページが表示されます。表示崩れや画像のリンク切れが起きていると思いますが、いずれも次の作業で改善できます。
ページを動作させるためにも、引き続き作業を進めてゆきましょう!

STEP.3 テンプレートファイルを編集する

STEP.2 テンプレートファイルを編集する

ここからは、テンプレートファイルを「投稿ページ」として動作させるために、PHPのコードを追加してゆきます。

ページの表示崩れの改善をする

まずはページの表示崩れの改善をするために、追加したテンプレートファイルに次のPHPコードを埋め込んでゆきましょう。



▼PHPコード

  • get_header()・・・ヘッダー部分(header.php)の内容を呼び出す。HTML上部のヘッダー部分をこの関数に置き換える。
  • get_footer()・・・フッター部分(footer.php)の内容を呼び出す。HTML下部のヘッダー部分をこの関数に置き換える。
  • get_stylesheet_directory_uri()・・・テーマ内のディレクトリを参照する関数。HTML内の画像パスに追加する。



いずれもテンプレートファイル作成における基本作業ですので、ここでの細かな解説は省略します。

ここまで行うと、CSS・JavaScript・画像のパスが正しく通り、追加したテンプレートファイルの表示崩れが改善できると思います。

これらの作業を知っている・すでに済ませてある。といった方は次の作業に進みましょう。よく分からない・デザイン崩れが改善しない場合はつぎの記事が参考になります。

投稿記事を表示するPHPコードを追加する

続けて「投稿」で作成した記事を表示するPHPコードを埋め込んでゆきましょう。今回のサンプルにPHPコード追加すると次のようになります。



▼PHPコード

<?php // ブログ記事を表示する start ?>
<?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>

    <?php // タイトルを表示する start ?>
    <h1 class="blog-detail__title"><?php the_title(); ?></h1>
    <?php // タイトルを表示する end ?>

    <?php // アイキャッチ画像を表示する start ?>
    <?php if(has_post_thumbnail()): ?>
    <div class="blog-detail__image">
        <img src="<?php the_post_thumbnail_url('large'); ?>">
    </div>
    <?php endif; ?>
    <?php // アイキャッチ画像を表示する end ?>

    <?php // 本文を表示する start ?>
    <div class="blog-detail__body">
        <div class="blog-content"><?php echo the_content(); ?></div>
    </div>
    <?php // 本文を表示する end ?>

<?php endwhile; endif; ?>
<?php // ブログ記事を表示する end ?>
結論として、上記を参考にテンプレートファイルにPHPコードを組み込んでゆけば「投稿ページ」が実装できます。
引き続き、PHPコードの詳しい解説をしてゆきます!

PHPコードの詳しい解説

PHPコードの詳しい解説

ここからは、先に紹介したPHPコードの詳しい解説をしてゆきます。

記事を表示させるループ処理について

記事の情報をあつかう「一覧ページ」や「投稿ページ」では、基本的には「have_posts()」関数でループを回して、ループ内で記事の内容を表示する処理を実行します。



▼ループ処理のPHPコード

<?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>

    :この中でループ処理を行う

<?php endwhile; endif; ?>



ループ処理についてですが、最初のif文で「have_posts()」関数を実行して「ページ内で表示する記事があるか?」の確認行います。記事がある場合は次のwhile文に処理を進めます。



while文では再び「have_posts()」関数を実行して存在する記事の分だけループ処理を行います。また、「the_post()」関数で1記事分の情報をループ内にセットしています。

WordPressのデータベースから取得した記事データを表示するための基本形とも言える処理です。一覧ページ・投稿ページなどの違いを問わず、基本的には同じ方法で実装できます。

記事の「タイトル」を表示させる方法

タイトルの表示部分は次のPHPコードで実装できます。



▼タイトルを表示させるPHPコード

<?php // タイトルを表示する start ?>
<h1 class="blog-detail__title"><?php the_title(); ?></h1>
<?php // タイトルを表示する end ?>



WordPressの「the_title()」関数を使用すると、ループ内に設定された記事のタイトルが出力できます。



▼Codex日本語版

テンプレートタグ/the title

記事の「アイキャッチ」を表示させる方法

アイキャッチ(サムネイル画像)の表示部分は、次のPHPコードで実装できます。



▼アイキャッチを表示させるPHPコード

<?php // アイキャッチ画像を表示する start ?>
<?php if(has_post_thumbnail()): ?>
<div class="blog-detail__image">
    <img src="<?php the_post_thumbnail_url('large'); ?>">
</div>
<?php endif; ?>
<?php // アイキャッチ画像を表示する end ?>



WordPressの「has_post_thumbnail()」関数を使用すると「その記事にアイキャッチが登録されているか?」をチェックできます。



また「the_post_thumbnail_url()」関数を使用するとアイキャッチ画像のURLが取得できるので、<img>タグのsrc属性に埋め込むことで画像が出力できます。

結果として「その記事にアイキャッチが登録されている場合のみ、画像を表示させる」といった様に動作します。

▼Codex日本語版

関数リファレンス/has post thumbnail


▼WordPress|Code Reference

the_post_thumbnail_url()

記事の「本文」の表示について

本文の表示部分は次のPHPコードで実装しています。



▼本文を表示させるPHPコード

<?php // 本文を表示する start ?>
<div class="blog-detail__body">
    <div class="blog-content"><?php echo the_content(); ?>
</div>
<?php // 本文を表示する end ?>



WordPressの「the_content()」関数を使用すると、ループ内に設定された記事の本文が出力できます。



▼Codex日本語版

テンプレートタグ/the content



WordPressテーマ制作のおススメ情報

WordPressのオリジナルテーマ制作で役立つ、おススメ情報を紹介いたします。

おススメ動画:『WordPress開発マスター講座』

WordPress開発マスター講座
Udemy - WordPress開発マスター講座

Udemyでも人気の「WordPress開発マスター講座」は、WordPressの仕組みからサイト制作への活かし方まで、初心者でも分かりやすく学ぶことができる動画教材です。



WordPress開発マスター講座

WordPressのイメージの持ちづらい。。なんて方は、まずは動画から学習するのがおススメです!

おススメ書籍:『WordPressデザインレシピ集』

WordPressデザインレシピ集
WordPressデザインレシピ集

本記事でも解説してきた、WordPressのテーマ実装に関する情報がまとめられた書籍です。目的別にレシピが整理されているので、『あの実装はどうやるんだっけ?』なんて時にこそ確実に役立つ一冊です。


WordPressデザインレシピ集

テーマの実装を進めている、情報をまとめて抑えておきたい方におススメです!

この記事のまとめ

今回は、WordPressのテーマ制作における「投稿ページ(single.php)」の作り方を解説してゆきました。



▼投稿ページの作り方

  • 投稿ページのテンプレートファイル(single.php)を作成する
  • テンプレートファイルにHTMLを移設する
  • テンプレートファイルを編集する



オリジナルテーマを自作する際には、ぜひ参考にして頂きたい情報です。このほか当ブログでは、WordPressの情報を多く掲載しています。あわせてご活用ください。



WordPressの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事