Googleサーチコンソールを設定する方法【初心者向き】

みやしも WordPress

今回は、WEBサイトの運営で役立つ「Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)」の設定方法について詳しく解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは?
Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール(Search Console)は、SEO・運営改善につながる様々なデータが得られるWEBサイトの解析用ツールです。

Googleアカウントがあれば誰でも無料で利用できます。

サーチコンソールで分かること

Googleサーチコンソールを利用すれば、WEBサイトの次のことが分かる様になります。



▼Googleサーチコンソールで分かること

  • Googleの検索結果で表示される回数・掲載順位が分かる
  • Google検索でどの様なキーワードで検索されているか?が分かる
  • WEBページの表示スピードや、ユーザービリティの改善に役立つ情報



いずれの情報も活用してゆけば、WEBサイトの運営・SEO対策を行う上での重要な判断が下せる様になります。



このほかサイトの構造を正しく伝えるサイトマップ(sitemap.xml)の送信ツールも含まれている事もあり、Googleサーチコンソールは今や、WEBサイト・ブログの運営には欠かせないツールとなっています。

サイトを開設したばかりの方は、確実に導入を進めてゆきましょう!
今回はGoogleサーチコンソールの設定方法について、画像付きで詳しく解説してゆきます。

Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定方法

それではさっそくGoogleサーチコンソールの設定方法について解説を進めてゆきます。

サーチコンソールの設定画面を開く

Googleサーチコンソールの設定は「Seach Console」のページから行います。アクセスすると以下の様な画面が表示されるので、そのまま「今すぐ開始」ボタンを押して次に進みましょう。

Googleサーチコンソールの設定1
Googleサーチコンソールの設定①

サーチコンソールの設定方法を選択する

続く画面では、サーチコンソールの設定方法を選択してゆきます。



設定方法には「ドメイン」「URLプレフィックス」の2通りがありますが、今回は、初めての方でも簡単に行える「URLプレフィックス」を使った方法を紹介します。

Googleサーチコンソールの設定2
Googleサーチコンソールの設定②
URLプレフィックスの欄にサイトのURLを入力して、「続行」をクリックして次に進みましょう。

WEBサイトの所有権を確認する

Googleサーチコンソールの設定3
Googleサーチコンソールの設定③

次のページでは「所有権の確認」を行います。

Googleサーチコンソールを使うためにも、設定するWEBサイトが自分のものであることを証明する必要があります。

サイトの所有権を確認する方法には、次の5つから選択することができます。



▼所有権を確認する方法

  • 【HTML ファイル】ウェブサイトに HTML ファイルをアップロードする
  • 【HTML タグ】メタタグをサイトのホームページに追加する
  • 【Google Analytics】Google アナリティクス アカウントを使用する
  • 【Google タグ マネージャー】Google タグ マネージャーのアカウントを使用する
  • 【ドメイン名プロバイダ】DNS レコードを Google に関連付ける

HTMLファイルをアップロードする方法

WEBサイトの所有権を確認するには、HTMLファイルをサーバーにアップロードする方法が一般的です。



HTMLファイルを使う場合は、次のようにすれば所有権の確認が出来ます。



▼HTMLファイルで所有権を確認する方法

  1. GoogleサーチコンソールでHTMLファイルをダウンロードする
    ※「google63adad2c2486c2e8.html」といった名前のファイルが取得できます
  2. WEBサイトのあるサーバーの「ドキュメントルート」にアップロードする
  3. Googleサーチコンソールで「確認」ボタンを押す



上記に紹介した方法が一般的ですが、とはいえ、サーバーに接続してファイルをアップロードする作業が必要にもなり、初めての方には少しだけハードルの高い作業となります。

とくにWordPressの場合だと、HTMLファイルを設置するためのカスタマイズ作業が必要にもなります。
そこで引き続き、初心者におススメの設定方法について紹介してゆきます!

Googleアナリティスクの設定を使おう【初心者向き】

初めての方ににおススメなのが「Googleアナリティスク」の設定を使った方法です。



この場合はあらかじめ「Googleアナリティクス」の設定が必要ですが、Googleサーチコンソールの方はURLを登録するだけで自動的に所有権の確認が行われる様になり、かんたんに設定を終わらせることが出来ます。



▼作業の流れ

  1. Googleアナリティクスに登録する
  2. Googleサーチコンソールに設定する【自動的に所有権が確認される】



Googleアナリティクスの設定方法については、次の記事が参考になります。

いずれもサイトのアクセス解析には欠かせないツールです。スムーズに導入を済ませましょう!

所有権の確認を完了する

Googleサーチコンソールでの所有権の確認が取れると、次のような画面が表示されます。

Googleサーチコンソールの設定4
Googleサーチコンソールの設定④

また、所有権の確認が取れるとGoogleサーチコンソールの管理画面に移動し、以降はこちらでWEBサイトの各種情報が確認できる様になります。

Googleサーチコンソールの設定5
Googleサーチコンソールの設定⑤
上記を表示することが出来れば、Googleサーチコンソールの設定はすべて完了となります。
ここまでの作業、本当にお疲れ様でした!

この記事のまとめ

WEBサイトの運営で役立つ「Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)」の設定方法について詳しく解説してゆきました。



▼この記事のまとめ

  • Googleサーチコンソールを使えばサイトの運営改善につながるデータが得られる
  • URLプレフィックスを使った設定方法がおすすめ
  • あらかじめ「Googleアナリティクス」の設定を済ませておくと、所有権の確認がスムーズに行える



このほか当ブログでは、サイト運営に役立つWordPressの情報を多く掲載しています。あわせてご活用くださいませ。



WordPressの記事一覧

今回は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事