WindowsにRubyをインストールする方法

みやしも ローカル開発環境

今回はWindowsにRubyをインスト―ルする方法について解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

WindowsにRubyをインストールする方法について解説する

Windowsではプログラムの実行環境として『Ruby』が必要になる事があると思います。



▼WindowsでRubyが必要となるケース

  • Sassなどの実行環境としてRubyが必要になった
  • WindowsでRubyのプログラムを実行する必要がある



そこで今回は、上記の様なケースに対応するためにWindowsにRubyの実行環境を作る手順の解説をおこないます。

Rubyが手軽に導入できる『RubyInstaller』というツールを使用して作業を行います。約5分程で完了できる内容となります。

Rubyをインストールする方法

WindowsにRubyをインストールする方法について解説します。

インストーラーをダウンロードする

まずはインストーラーの取得を行いましょう。



先にも登場した『RubyInstaller』のサイトへアクセスして、『Download』ボタンをクリックしてダウンロードページに移動します。



▼RubyInstallerはこちら

Ruby Installer for Windows※クリックすると別ウィンドウで開きます

RubyInstallerのダウンロード①
Rubyのインストーラーをダウンロードする①

ダウンロードページに移動したら『WITHOUT DEVKIT』にある最新バージョンをダウンロードします。

RubyInstallerのダウンロード②
Rubyのインストーラーをダウンロードする②
Windowsの32bit版・64bit版の違いに注意してインストーラーをダウンロードしましょう。

Windowsのスペックを調べる方法については、次の記事が参考になります。

Rubyをインストールする

RubyInstallerで取得したファイルを実行すると、Rubyのインストールが開始します。



まずは規約に同意して『Next』ボタンをクリックします。

Rubyをインストールする①
WindowsにRubyをインストールする①

続けてインストールフォルダの指定を行います。また、この際のチェックボックスは外さずに『Install』ボタンをクリックします。

Rubyをインストールする②
WindowsにRubyをインストールする②

つづけて『Next』ボタンを押すと、Rubyのインストールが実行されます。

Rubyをインストールする③
WindowsにRubyをインストールする③

インストールの完了までしばらく待ちます。

Rubyをインストールする④
WindowsにRubyをインストールする④

Rubyのインストールが完了するとつぎの画面が表示されますが、ここではチェックボックスを外してから『Finish』をクリックするようにします。

Rubyをインストールする⑥
WindowsにRubyをインストールする⑤
チェックを入れると『MSYS2』というWindowsにUnix互換環境を導入するためのソフトがインストールされます。インストールしても問題はありませんが、今回の用途には不要なので詳しい解説は省略します。
以上でRubyのインストール作業は完了です。

Rubyのバージョンを確認する方法

WindowsにインストールしたRubyが実行できるかの確認をするために、コマンドプロンプトを開いて次のコマンドを実行します。



▼Rubyのバージョンを確認するコマンド

ruby -v



するとRubyのバージョンが表示され、コマンドを通してRubyが実行できることが確認できます。

Rubyのバージョンを確認する
WindowsでRubyのバージョンを確認する

Rubyをアンインストールする方法

WindowsのRubyをアインインストールする方法について解説します。

アンインストールを実行する

まずはWindowsの『設定⇒アプリ』を開き、アプリと機能のリストで『ruby』と検索します。

Rubyをアンインストールする方法
WindowsのRubyをアンインストールする方法①

するとWindowsにインストールされているRubyが表示されますので、そのままアンインストールを実行します。

Rubyをアンインストールする方法②
WindowsのRubyをアンインストールする方法②

アンインストールを実行するとWindowsからRubyが削除されます。

Rubyのフォルダを削除する

Rubyのアンインストールを実行すると、Rubyが入っている次のフォルダも削除されますが、場合によってはフォルダが残るケースもあります。

C:\Ruby27-x64

この場合は手動でフォルダを削除する必要があります。(プロセスが残っており手動でフォルダが削除できない場合は、Windowsを再起動して改めて削除しましょう)



Rubyをきれいにアンインストールをするためにも、最後にこのフォルダが削除されているかについて、一応確認してみると良いと思います。



以上でWindowsのRubyをアンインストールする方法の解説は終わりです。

この記事のまとめ

WindowsにRubyの実行環境を作るための方法として、次の内容について解説を行いました。



▼今回解説した内容

  • Rubyをインストールする方法
  • Rubyのバージョンを確認する方法
  • Rubyをアンインストールする方法



今回は以上となります。

関連記事

最新記事