【Eclipse】Laravelのインストール方法を解説する

みやしも ローカル開発環境

この記事では、EclipseでLaravelを利用するための方法について解説を行います。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

EclipseでLaravelを利用する方法

Laravel
PHPフレームワークのLaravel

今回は、EclipseでLaravelを利用するための方法について解説を行います。



▼この記事で解説する内容

  • Laravelの開発環境を準備する
  • Laravelをインストールする
  • GitHubと連携してプロジェクトを管理する
上記の手順を行うことで、Eclipseを使用したLaravelの開発環境をゼロから構築することが出来ます。
これからLaravelを使おうと思っている方は必見の内容です!

Laravelのバージョンについて

今回の記事では、2020年においてLTS(長期サポート)かつ最新バージョンとなっている『6.x』を使用してゆきます。

本記事の内容を参考にして、他のバージョンを利用することも可能ですが、バージョンによる仕様の違いにはご注意ください。

Laravelの開発環境を準備する

EclipseでLaravelを使用するために、まずは開発環境の準備から行いましょう。



▼今回の開発環境

  • Eclipse + XAMPP
  • Composer
  • GitHub

Eclipse + XAMPP

本記事では、以下のローカル開発環境を前提に各種手順の解説を行います。

Eclipse:Version 2020-12 (4.18)
XAMPP:Version 7.4.11

同様のローカル開発環境を構築する方法については、次の記事が参考になります。

『Eclipse』+『XAMPP』の組み合わせによる、本格的なPHPプログラミング環境を構築することが可能な方法です。

Composer

Laravelを利用するためにはPHPのパッケージ管理システムである『Composer(コンポーザー)』が必要です。

本記事では、Composerがインストールされている前提で解説をすすめてゆきます。

▼Composer公式サイト

Composer※クリックすると別ウィンドウで開きます

EclipseをGitHubを連携する方法

今回は、Eclipse上に作成したLaravelのプロジェクトを『GitHub』と連携する方法について、あわせて解説を行います。



EclipseをGitHubと連携させる方法については、次の記事が参考になります。

Laravelをインストールする

ローカル開発環境にLaravelをインストールする方法について解説をおこないます。



▼インストール作業の流れ

  1. Laravelのインストーラーを取得する
  2. Laravelのプロジェクトを作成する
  3. Eclipseにインポートする
  4. Webサーバーの設定を行う
  5. Laravelのスタート画面を表示する

Laravelのインストーラーを取得する

最初にComposerを使用してLaravelのインストーラーを取得します。



インストーラーを取得するには次のコマンドを実行します。



▼コマンド

composer global require laravel/installer

Laravelのプロジェクトを作成する

任意のフォルダで次のコマンドを実行してLaravelのプロジェクトを作成します。



▼コマンド

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel project "6.*"
『project』と書かれた部分で作成するプロジェクトのフォルダ名を指定します。また、『"6.*"』ではLaravelバージョンを指定しています。

Eclipseにインポートする

作成したLaravelのプロジェクトを、Eclipseのプロジェクトとして取り込みます。



▼Eclipseのインポート手順

  1. 『ファイル⇒インポート』のメニューを開く
  2. 『PHP->既存の Composer プロジェクト 』を選択する
Eclipseのプロジェクトを作成する1
Eclipseのインポート作業①
Eclipseのプロジェクトを作成する2
Eclipseのインポート作業②

以上でEclipseのプロジェクトへの取り込み作業は完了です。

Webサーバーの設定を行う

作成したLaravelのプロジェクトをWEBブラウザで見れる様にするため、Webサーバーの設定を行います。



今回はXAMPP内に含まれるApacheの設定ファイル(httpd.conf)に次の設定内容を書き込みます。



▼Apache設定ファイル(httpd.conf)

# laravel project
Listen 50000
<VirtualHost localhost:50000>
  ServerName localhost:50000
  DocumentRoot "C:\project\public"
  <Directory "C:\project\public">
      Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI
      AllowOverride All
      Require all granted
  </Directory>
</VirtualHost>



  • ポート番号には『プライベートポート番号 (49152~65535)』の50000番を使用しています
  • DocumentRoot、DirectoryのパスはEclipseプロジェクトのフォルダに置き変えてください



XAMPPで作成したローカル開発環境にサイトを追加する方法について、次の記事も参考になります。

上記の設定が追記できたらApacheを再起動しましょう。

Laravelのスタート画面を表示する

最後にLaravelのスタート画面が表示できるかの確認を行います。



さきほどApacheの設定ファイルに追記した内容にもとづいて、次のURLでローカルサイトにアクセスします。

▼ローカルサイトのURL
http://localhost:50000

設定がうまくいっていると次のような画面が表示できると思います。

Laravelスタート画面
Laravelのスタート画面

以上で、Eclipse上でLaravelの開発環境を構築する方法についての解説は終わりです。

ここまでの作業、お疲れ様でした!

GitHubと連携してプロジェクトを管理する

LaravelのプロジェクトをGitHubと連携して管理する場合は、次の順番で作業をします。



▼LaravelのプロジェクトをGitHubと連携する方法

  1. GitHubで新規リポジトリを作成する
  2. Ecipseでクローンを作成してプロジェクトにインポートする
  3. ②で作成したプロジェクトにLaravelのファイル一式をまとめてコピーする
  4. ②のプロジェクトに対してApacheなどのローカル環境を再設定する



少々めんどうな手順かもしれませんが、複数のツールを組み合わせた作業となるため、作業方法によってはEclipseでエラーが起こる・フォルダ階層やパスがずれるなど、上手くゆかないケースもあるため注意が必要です。

筆者の経験上としても、上記手順ですすめると各ツールへの対応も利きやすく、後の作業もスムーズに行うことが出来ました。

Eclipse・XAMPP・GitHubを組み合わせて利用する際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

EclipseをGitHubと連携させる方法については、次の記事も参考になります。

この記事のまとめ

今回は、EclipseでLaravelを利用するための方法について解説を行いました。



▼この記事で解説した内容

  • Laravelの開発環境を準備する
  • Laravelをインストールする
  • GitHubと連携してプロジェクトを管理する
Eclipseを使用してLaravelの開発を行う際は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

関連記事

最新記事