プログラミング初心者がレンタルサーバーを持つべき理由について解説する

みやしも レンタルサーバー
プログラミングを学習するにあたって『レンタルサーバー』は持っていた方が良いでしょうか?
あくまで目的によりますが、プログラミング学習をしている人なら持っておいて間違いない物のひとつだと筆者は考えています。

今回は、この様な疑問を持つ方にくわしくお応えしてゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

プログラミング初心者がレンタルサーバーを持つべき理由について解説します

今回はプログラミングの初心者に向けて、レンタルサーバーを持つべき理由や、そのメリット・デメリットについて解説。さらには、目的別のおススメサーバー紹介も行います。

目的にもよりますが、エンジニアが持っておいて間違いない物のひとつだと筆者は考えています。また、レンタルサーバーを契約するなら次のいずれから選ぶのがベストな選択です。

▼スペック重視で選ぶなら

ConoHa WING(コノハウィング)


▼コスパ重視で選ぶなら

ロリポップ

詳しい理由など気になる方は、ぜひ読み進めてみてくださいね!

レンタルサーバーを持つべき理由

プログラミング初心者がレンタルサーバーを持つべき理由には次の2つがあります。

プログラムを公開できる様になる

ひとつめは、プログラミングによって作成したサイトなどの『プログラム』が公開できる様になるという点です。



プログラミングをする理由には何かしらの制作物を作り上げるという目標があると思いますが、このうえでも制作物の公開手段として、レンタルサーバーが利用できます。



▼レンタルサーバーで公開できるもの

  • HTML&CSSで作成したWEBサイト
  • Wordpressで作成したWEBサイト
  • PHPなどの言語で開発したWEBサービス



上記の様に、主にはインターネットを通してみる事ができるWEB系の制作物を公開する場所としてレンタルサーバーが利用できます。

一方ではWindow・Macなどのパソコンで動作する『ソフトウェア』や、iOS・Androidなどのスマホ上で動作する『スマホアプリ』の動作環境にはレンタルサーバーは使用できませんのでご注意ください。
レンタルサーバーはプログラミングの成果物を公開する場所として利用ができます。

サーバー・ドメインのことが学べる

ふたつめは、レンタルサーバーの利用を通してサーバーやドメインといった事について学べるという点です。



サーバー・ドメインは、プログラミングとは次のような関係があります。



▼プログラミングとの関係

  • WEB上にプログラムを公開するにはサーバー・ドメインが必要である
  • サーバー・ドメインは、プログラミング言語が動く基盤になっている
  • ローカル開発環境を扱うためにドメイン・サーバーの知識が必要となる



以上のように、サーバー・ドメインはプログラミング全体に関わる要素だと分かりますが、学習においても同様に、プログラミング言語とあわせて学ぶべき内容と言えます。



このうえでレンタルサーバーは操作が簡単で初心者にも扱いやすく、実際に使いながらサーバー・ドメインの概念を学ぶことが出来ます。



また、実際に『TechAcademy』といったオンラインスクールにおいても、レンタルサーバーを使用したカリキュラムが組まれています。

レンタルサーバーはサーバー・ドメインといった概念の理解に役立つプログラミングの学習教材としても役に立ちます。

レンタルサーバーのメリット・デメリット

単純にレンタルサーバーを所有することのメリット・デメリットにもふれてゆきましょう。

レンタルサーバーを所有するメリット

レンタルサーバーを所有するメリットは以下の通りです。

Wordpressブログを開設する事ができる

レンタルサーバーが利用される多くの理由にあてはまりますが、所有する事でWordpressなどを使用したWEBサイトを開設することが可能となります。

Wordpressブログ運営による情報発信にも活用ができます。

オリジナルのメールアドレスを作ることができる

レンタルサーバーに契約すると『ドメイン』を取得することができますが、この上でドメインを使えば、オリジナルのメールアドレスを自由に作ることも可能です。

目的に応じて複数のメールアドレスを発行することも可能です。

レンタルサーバーを所有するデメリット

プログラミング目的でレンタルサーバーを所有する唯一のデメリットとしてはランニングコストがかかるという点です。

レンタルサーバーにも様々なものがありますが、およそ月額で1,000円前後のランニングコストを必要とします。

目的別のおススメサーバー紹介

これまではプログラミング初心者がレンタルサーバーを持つべき理由や、所有するメリット・デメリットにふれてきましたが、ここからは目的別のおススメサーバーを紹介してゆきます。



▼サーバーを利用する目的

  • WEBサイト制作をする
  • 個人開発でWEBサービスを作る
  • WEB制作会社に就職する・転職する
  • 自社開発企業に就職する・転職する
  • フリーランスになる

WEBサイト制作をする

これからHTML&CSS・PHP・Wordpressなどを習得してWEBサイト制作の案件獲得をしたいといった方であれば、レンタルサーバーの所有はほぼ必須といえます。



なぜかというと、スキル提示に利用する『ポートフォリオサイト』の公開先として必要になるとともに、実際に仕事として、お客様のレンタルサーバーで作業を行う可能性もあるからです。

また実際に、企業・メディアなどのビジネスを目的とした多くのサイトでもレンタルサーバーは広く利用されています。

このためにも学習の初期段階からレンタルサーバーを使用して学んでゆけば、より実践的なスキルを身に付けられると言えます。



この上で、WEBサイト制作をする際には次のレンタルサーバーの利用がおススメとなります。



▼スペック重視で選ぶなら

ConoHa WING(コノハウィング)


▼コスパ重視で選ぶなら

ロリポップ

個人開発でWEBサービスを作る

WEBサービス開発を志して学習を始められた方であれば、開発する内容や言語などのケースにもよりますが、多くはAWSやGCPといったクラウドのサーバー環境を使用します。



WEBサービスの開発にクラウドのサーバー環境を使用する理由はつぎの通りです。



▼クラウドのサーバー環境を使用する理由

  • レンタルサーバーでは低スペック・利用出来ない機能があるから
  • 開発言語によってはレンタルサーバーでは利用できないから
ただし『PHP』を使用した比較的アクセスの少ない小規模なサービスであれば、コストを抑えるといった目的も兼ねてレンタルサーバーを利用することも可能です。

レンタルサーバーでWEBサービスを開発した事例として次の記事が参考になります。

この上で、WEBサービスを作る際には次のレンタルサーバーの利用がおススメとなります。



▼スペック重視で選ぶなら

ConoHa WING(コノハウィング)


▼コスパ重視で選ぶなら

ロリポップ

WEB制作会社に就職する・転職する

WEB制作会社に就職する、もしくは転職したいといった動機でプログラミング学習を始めた方であれば、基本的にレンタルサーバーはあった方が良いといえます。



WEBサイト制作のスキルを身に付けるためにレンタルサーバーが必要になるほか、企業での面接の際には、スキルの提示で『ポートフォリオサイト』が必要となることが理由として挙がります。

入社する企業の規模・業務内容や職種にもよりますが、実際の作業ではレンタルサーバーを扱う事もあります。

WEB制作会社に就職するためのスキルが学べる「TechAademy」においても、実際のカリキュラムではレンタルサーバーが用いられています。



TechAcademy(Webデザインコース)



この上で、WEB制作会社に就職する・転職する際には次のレンタルサーバーの利用がおススメとなります。



▼スペック重視で選ぶなら

ConoHa WING(コノハウィング)


▼コスパ重視で選ぶなら

ロリポップ

自社開発企業に就職する・転職する

WEBサービスなどの自社開発企業への就職・転職を目標にかかげてプログラミングの学習をする場合は、レンタルサーバーは特には不要ですが、代わりに『Heroku』などのWEBサービスや、『AWS』『GCP』といったクラウドを使用したサーバー環境を学習する必要があります。



なぜレンタルサーバーを使用しないかというと、さきにも述べた通りのWEBサービスにおけるスペック・言語の問題と、なによりも自社開発企業の業務では、サーバーサイド・インフラに関するスキルが求められるからです。



このためにも企業に持ち込む『ポートフォリオ』の設置先にはHeroku・AWS・GCPが多く使用されている状況です。

とはいえレンタルサーバーもサーバー・ドメインといった初歩的な概念を学ぶためには役立つので、学習のために短期間使用するなどの用途は効果的です。

自社開発企業に就職するためのスキルが学べる「TechAademy」においても、実際のカリキュラムではHerokuが用いられています。



TechAcademy(Webアプリケーションコース)

TechAcademy(PHP/Laravelコース)

フリーランスになる

フリーランスを目指すならレンタルサーバーの所有をおすすめします。



一言にエンジニアやフリーランスといっても様々ではありますが、レンタルサーバーで利用できる『WEBサイト』や、ドメインを利用したオリジナルの『メールアドレス』などは、いずれもビジネスを背景とした活動ではかかせないもの達です。

いずれもレンタルサーバーを利用することで安く調達する事ができます。

この上で、フリーランスになる際には次のレンタルサーバーの利用がおススメとなります。



▼スペック重視で選ぶなら

ConoHa WING(コノハウィング)


▼コスパ重視で選ぶなら

ロリポップ


この記事のまとめ

今回はプログラミングの初心者に向けて、レンタルサーバーを持つべき理由や、そのメリット・デメリット、目的別のおすすめレンタルサーバーについて解説を行いました。



解説内容のとおり、サーバー・ドメインといった存在は、学習においてプログラミングと等しく重要な要素となります。このうえでも、これらの学習教材として活用ができるレンタルサーバーは、エンジニアが持っておいて間違いない物のひとつだと言えます。



そしてレンタルサーバーは、スペック重視なら『ConoHa WING(コノハウィング)』を、コスパ重視なら『 ロリポップ』を選ぶのがおススメです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

最新記事