【XAMPP】ローカル開発環境で複数のサイトを作る方法を解説する

みやしも ローカル開発環境

今回はローカル開発環境を構築するためのソフトウェアである『XAMPP』において、複数のサイトを作る方法を解説してゆきます。



▼この記事を書いたひと

フリーランスのみやしも(@miyashimo_eng)です。プログラミングやWEB制作に関するIT情報を、幅広くお届けしてゆきます。

ローカル開発環境に複数のサイトを作る方法

WEBサイト制作やプログラミングなどの作業を進めて行くと、ローカル開発環境で複数のサイトを扱いたいといった場面があると思います。



そこで今回は、XAMPPで作成したローカル開発環境における複数のサイトを作る方法について、くわしく解説してゆきます。



▼こんな用途に役に立ちます

  • PC上のローカル環境に複数のWordpressサイトを作りたい
  • PC上のローカル環境に複数のPHPプログラムの実行環境を作りたい
    (Laravel・CakePHPなどのフレームワークも含む)
目的やプロジェクトごとにサイトを分けて管理をするといった、効率的なローカル開発環境の運用が可能になります。

ローカル開発環境の導入方法

今回紹介する内容では、ローカル開発環境を構築するためのソフト『XAMPP』が前提となります。これからXAMPPを利用する方は次の記事が参考になります。


▼XAMPPを単体で利用する

▼PHPのプログラミング環境をまとめて導入する

作業の概要について

まずは今回を行う作業の概要について解説を行います。



▼今回の作業の概要

  • XAMPPに含まれるApacheを使用した方法です
  • localhostとポートを使用してサイトごとのURLを用意する
  • サイトごとにフォルダ・HTMLファイルを用意する

今回の作業イメージ

今回の作業のイメージを図におこすと次のようになります。

図:複数サイトの設置イメージ
今回は例として、ローカルに3つのサイト環境を作るまでの作業手順として紹介を行います。

Apacheで行う作業について

XAMPPにおいて複数サイトの作成を実現するには、実際はWEBサーバーのツールである『Apache』を利用します。このうえでApacheで行う作業はつぎの通りです。



▼Apacheの作業内容

  • Apacheの設定ファイルを修正する
    (Listen・VirtualHost・DocumentRoot)
  • Apacheを再起動する
複数サイトの構築にはhostsファイルを編集する方法もありますが、今回紹介する方法ではhostsファイルの編集は不要です。
Apacheで設定する内容については、のちほど解説してゆきます。

ローカルサイトのURLについて

ローカル開発環境に作成するサイトには、それぞれ『localhost + ポート番号』の組み合わせによるURLでアクセスできる様にします。



▼ローカルサイトのURL例

  • 【サイト①】http://localhost:50000/
    (I:\xampp\htdocs\localsite1)
  • 【サイト②】http://localhost:50001/
    (I:\xampp\htdocs\localsite2)
  • 【サイト③】http://localhost:50003/
    (I:\xampp\htdocs\localsite3)
このうえでは、それぞれのURLに対応するフォルダ(ディレクトリ)と確認用のHTMLファイルも用意してゆきます。

以上で今回の作業の概要についての解説は終わりです。

作業へのイメージを固めてから次に進みましょう。

STEP.1 フォルダ・HTMLを用意する

ローカル開発環境に複数サイトを作るために、まずはサイトごとに対応するフォルダやHTMLファイルを用意してゆきます。

フォルダを作成する

今回はXAMPPがインストールされている『I:\xampp\htdocs\』というフォルダを前提にして、それぞれに設置をするサイト3つ分のフォルダを作成してゆきます。

▼フォルダの作成例
【サイト①】I:\xampp\htdocs\localsite1
【サイト②】I:\xampp\htdocs\localsite2
【サイト③】I:\xampp\htdocs\localsite3

※XAMPPがインストールされているフォルダのパスは使用中のPC環境によって異なります

フォルダを作成すると次のようになります。

設置するサイト用のフォルダを作成した状態

HTMLファイルを用意する

今回は確認のために、以下の内容でHTMLファイルを作成して各サイトのフォルダ内に設置してゆきます。



▼【サイト①】HTMLファイルの内容

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>localsite1</title>
</head>
<body>localsite1</body>
</html>


▼【サイト②】HTMLファイルの内容

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>localsite2</title>
</head>
<body>localsite2</body>
</html>


▼【サイト③】HTMLファイルの内容

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>localsite3</title>
</head>
<body>localsite3</body>
</html>
後ほどの確認がしやすい様に、それぞれのHTMLファイルの<title>、<body>内のテキストを『localsite1~3』といった様に変えてあります。

HTMLファイルを作成するために、上記の内容をそれぞれテキストファイルに貼り付けたうえで『index.html』というファイル名で保存しましょう。

HTMLファイルを設置する

作成したHTMLファイルを、対応する各フォルダに設置してゆきます。HTMLファイルの設置が出来たら次の様になります。

サイト①にHTMLファイルを設置した状態
サイト②にHTMLファイルを設置した状態
サイト③にHTMLファイルを設置した状態

以上で設置するサイトの、フォルダ・HTMLファイルの準備は完了です。

STEP.2 Apacheの設定を修正する

続けてApacheの設定ファイルを修正してゆきます。

Apacheの設定ファイルを開く

まずはXAMPPのコントロールパネルを次のように操作して設定ファイルを開きます。



▼Apacheの設定ファイルを開く方法

  1. Apacheの『Config』ボタンをクリックする
  2. 『Apache(httpd.conf)』をクリックして設定ファイルを開く
Apacheの設定ファイルの開き方
Apacheの設定ファイルを開く方法

するとテキストエディタでApacheの設定ファイルが開きます。

Apacheの設定ファイルを開いた状態
テキストエディタ『VS Code』で開いた状態

Apacheの設定ファイルに追記する

Apacheの設定ファイルが開けたら、ローカル環境に作成するサイトごとに以下の内容を追記してゆます。



▼設定ファイルに追記する内容

Listen 50001
<VirtualHost *:50001>
    DocumentRoot "I:\xampp\htdocs\localsite1"
</VirtualHost>
今回はApacheの設定ファイル(httpd.conf)の末尾に追記をおこないます。

このうえで、今回追加するサイトの設定を追記した状態は次のようになります。

Apache設定ファイルに追記をした状態
Apacheの設定ファイルに追記が完了した状態

以上で、Apacheの設定ファイルを修正する作業は完了です。

STEP.3 Apacheを再起動させる

Apache設定ファイルの修正や、ローカル環境に設置するサイトのフォルダ・HTMLファイルの配置が終わったら最後にApacheの再起動を行います。

Apacheを再起動する方法

XAMPPのApacheを再起動するには、次の手順で操作を行います。



▼Apacheを再起動する方法

  1. XAMPPコントロールパネルでApacheの『Stop』ボタンを押す
  2. Apacheが停止した状態で『Start』ボタンを押す
Apacheを再起動する方法①
Apacheを再起動する方法①
Apacheを再起動する方法②
Apacheを再起動する方法②

以上でApache再起動の操作は完了です。

作業はこれで完了です。最後にきちんと設定ができたかの確認を行いましょう。

STEP.4 アクセス出来るか確認する

最後に、作成したサイトに対してWEBブラウザでアクセスが出来るかという方法で確認を行います。



今回の場合は、以下①~③のサイトのURLに対してアクセス出来るかを確認してゆきます。

▼作成したサイトのURL
【サイト①】http://localhost:50001
【サイト②】http://localhost:50002
【サイト③】http://localhost:50003

WEBブラウザでアクセスする

実際にWEBブラウザでアクセスすると次のようになります。



【サイト①】http://localhost:50001

サイト①のURLを通して実際のフォルダに配置したHTMLの内容が表示されていることが確認できます。

【サイト②】http://localhost:50002

サイト②のURLを通して実際のフォルダに配置したHTMLの内容が表示されていることが確認できます。

【サイト③】http://localhost:50003

サイト③のURLを通して実際のフォルダに配置したHTMLの内容が表示されていることが確認できます。

以上のように、ローカル環境に複数のサイトが設置出来ていることが確認できると思います。

ローカル環境に複数サイトを作る方法についての解説は終わりです。ここまでお疲れ様でした!

捕捉:Apache設定ファイルの内容について

今回の作業でApache設定ファイルに追記した内容について、かんたんな補足をします。

Listenについて

Listen(リッスン)とは、そのPCで使用するポート番号を指定するためのApacheの設定です。



また、ポート番号にはそのPCで自由に利用ができる『プライベートポート番号 (49152~65535)』を使うのが望ましいとされています。ですので、今後もXAMPP環境においてサイト追加を行う際は、プライベートポートから任意の番号を選択する様にしてゆきましょう。

今回の例ではわかりやすく『50001番・50002番・50003番』を使用しました。

VirtualHostについて

VirtualHost(バーチャルホスト)とは、1台のPCで複数のサイトを運営するために使用されるApacheの設定です。

今回の例では『:(コロン)』の後に続けて、追加するサイトで利用するポート番号を指定しました。

DocumentRootについて

DocumentRoot(ドキュメントルート)では、そのサイトにおけるブラウザから直接アクセスができる場所を指定してゆきます。



具体的にはローカルサイトで使用したいPC上のフォルダのパスを設定します。

今回は例として、以下のパスを使用しました。
【サイト①】I:\xampp\htdocs\localsite1
【サイト②】I:\xampp\htdocs\localsite2
【サイト③】I:\xampp\htdocs\localsite3

Apache設定のまとめ

以上のように、今回サイトを追加する上では3つの設定を組み合わせて使用しましたが、まとめると次のように言語化できます。

ローカル開発環境に追加する【サイト①】では、localhostというドメインの50001番のポートをサイトのURLとして利用する。この上でブラウザからアクセスが発生した際には『I:\xampp\htdocs\localsite1』のフォルダの内容を表示させる。

ローカル開発環境で複数のサイトを管理する際には、アクセスに利用するURLと、表示させるフォルダの関係を把握しておくことが重要なポイントとなります。

冒頭にも登場した図でイメージしつつ、実際に作業を行い動作を確認していくと、理解がしやすいと思います!

この記事のまとめ

今回はローカル開発環境を構築するためのソフトウェアである『XAMPP』において、複数のサイトを作る方法を解説してきました。



▼XAMPPで複数のサイトを作る方法

  1. フォルダ・HTMLファイルを用意する
  2. Apacheの設定ファイルを修正する
  3. Apacheの再起動を行う
  4. アクセス出来るかの確認をする



WEBサイト制作やプログラミングなどの作業を進めて行くとローカル環境で複数のサイトを扱いたいといった場面があると思いますが、この様な場面では今回紹介した方法が有効となります。

ローカル開発環境を整えて、スムーズかつ効率的なプログラミングに役立てましょう!

XAMPPやApacheの使い方について

今回使用した『XAMPP』や『Apache』といったツールのインストール方法や使い方について、次の記事で学習することが出来ます。



▼XAMPPのインストール方法や初歩的な使い方について


▼ApacheやMySQLの使い方について

PHPのプログラミング環境をまとめて導入する

XAMPPを含めたPHPのプログラミング環境をまとめて導入したいといった方には、次の記事が参考になります。



▼PHPのローカル開発環境を構築する方法

『eclipse』+『XAMPP』の組み合わせによる本格的なPHPのプログラミング環境を構築することが出来るため、これからPHPの学習を始めようと考えている方におススメな内容です。

関連記事

最新記事